その他 コスメ

ビューラーを選ぶときのコツを徹底解説!おすすめ人気ランキング10選

第一印象は目元で決まると言われているほど、目は重要な部位です。

そんな目元のメイクに欠かせないのが、まつげをカールさせて目を大きく見せてくれるビューラーです。

アイラッシュカーラーやフィットカーラーとも呼ばれ、ブランドから形状まで商品によってさまざまです。

価格帯も広く、何を基準に選べばいいかわからないという人も多いでしょう。

そこで、今回はビューラーの上手な選び方や通販で人気のおすすめランキング10選を紹介していきます。

ぜひこの記事を参考にして、お気に入りのビューラーを選んでください♪

この記事で解決できる悩み

  • ビューラーの選び方がわかる
  • 通販で人気のおすすめランキングがわかる

ビューラーの選び方

長いまつげの目

目の大きさや形は人によってバラバラです。

その数だけ、ビューラーの形状もあるため、安易に高いブランドだから、人気だからという理由で購入すると失敗してしまう原因になりかねません。

自分の目にぴったりと合うビューラーを見つけるためにも、選び方のポイントは抑えておきましょう。

また、今のビューラーがイマイチ・・・という人も、以下の点をチェックしてみてください。

形状で選ぶ

ビューラーには異なる形状があります。

以下では4つの形状のビューラーの特徴について紹介していきます。

自分のメイク方法や使うシーンに合わせて選んでみましょう。

力加減が調節しやすいオーソドックスなタイプ

最もオーソドックスなのが、ハサミの柄に似た形の丸いグリップで、指に力を入れて手動でまつげを上げるビューラーです。

指で握って力を入れるため、力の入れ具合が自分で調整しやすいことが特徴です。

また、根元からしっかりと立ち上げるCカールから、ナチュラルなJカールなど、、カールの強弱を好みで変えられます。

ただし、手動である分、強く力を込めすぎると、まつげを傷めたりまつげが不自然な方向に曲がってしまうことがあるため注意が必要です。

グリップ部分は細く、シンプルな作りなので、かさばりにくく持ち運びにもおすすめです。

均一な力でまつげを上げられるスプリングタイプ

スプリングタイプは、オーソドックスなタイプと見た目も使い方もほとんど変わりません。

違いは、バネがついており、軽い力でもまつげが上げられるようにアシストしてくれるという点です。

軽く握るだけでいいので、手の力が弱い女性でも使いやすいビューラーです。

力がかかりすぎないため、まつげを均一に上げることができ、失敗しずらいので初心者にもぴったり。

グリップ部分はやや大きめであるため、持ち運びにはやや不便です。

また、オーソドックスなタイプに比べるとまつげを上げる力は控えめなので、まつげをガンガン上げたい人にはあまり適さないでしょう。

高いキープ力とカーブ力のあるホットビューラー

ホットビューラーは、ヘアアイロンのように熱を利用してまつげをカールさせるビューラーです。

体質上、通常のビューラーではまつげが上がりにくいという人でも、ホットビューラーならパッチリとしたまつげが作れます。

さらに、熱を加えることでカールが付きやすくなるため、上向きカールを長時間キープできます。

通常のビューラーよりもハイレベルな仕上がりになる一方、電池式や充電式のものが多いため、充電切れで使えなくなる場合があるため注意が必要です。

また、まつげに熱を加えるため、まつげが痛みやすい点もデメリットとして上げられます。

目尻や目頭のまつげをしっかりと上げられる部分ビューラー

部分ビューラーは、通常のサイズよりもサイズや幅が小さくなったビューラーです。

通常のビューラーでは届きにくい短い毛もしっかりとキャッチしてくれるので、まつげを残さずに上向きカールにできます。

一度に多くのまつげを挟むことはできませんが、少しづつずらしていけば全てのまつげを上げることもできます。

ミニサイズなので本体の角度が変えやすく、どんな目にもフィットしやすいためまつげが上がりにくい人にもおすすめです。

オーソドックスなタイプが大半であるため、もともとの扱いにコツが必要であるうえ、力加減を自分で調節する必要があり、上級者向きのビューラーと言えます。

また、他のビューラーと比べると種類が少ないため、選択肢の幅が狭いこともデメリットのひとつでしょう。

あわせて読みたい

まつげがきれいにセパレートしている女性
部分用ビューラーとは?人気おすすめランキング10選

目頭や目尻などの短いまつげは、ビューラーだけで上向きにするのは難しいでしょう。 そんなときに便利なのが、部分用ビューラーです。 小回りが利きやすく、短いまつげもしっかりと上向きにできます。 今回は、便 ...

続きを見る

幅で選ぶ

ビューラーは、幅狭タイプ~幅広タイプがあります。

目のサイズに合っていなければ、理想的なまつげが作りにくいです。

そのため、自分の目に合うビューラーを見つけるために、横幅をチェックしておきましょう。

日本人の目元にフィットしやすいショートフレーム

日本人の平均の目は、縦が10mm、横が30mmとされています。

そのため目の30mmのショートフレームのビューラーは、日本人の目元にフィットしやすいです。

幅広の目にフィットしやすいワイドフレーム

幅が広くで立体感のある目元の人は、30mmを超える3.5mmあたりの横幅のビューラーがおすすめです。

まつげにぴたっとフィットして、まつげを均一に上げてくれます。

カーブの強弱で選ぶ

眼球の丸みを表すRをチェックすることも重要なポイントです、

18~22Rで数字が高くなるほどカーブは緩やかになり、日本人の平均は20程とされています。

全体のまつげを上げられるビューラーなのに、まつげが均等に上がりにくい場合は、カーブが合っていないからかもしれません。

きれいなカールを作るためにも、カーブの強弱をチェックしておきましょう。

ただし、カーブのRは表示されていないビューラーもあるため、商品の説明文をチェックして選ぶのもひとつの手です。

切れ長の目にはゆるやかなカーブのものを

一重や奥二重、切れ長の目には、カーブがゆるやかなビューラーとの相性が◎

カールが強すぎると全体のまつげが挟みづらくなります。

ビューラーを正面・横から見てなるべく平行に近いものを選ぶと良いでしょう。

ぱっちりとした目にはカーブがきつめのものを

二重やほりが深いパッチリとした目には、カーブがきつめのものがおすすめです。

商品に「カーブ強め」「二重におすすめ」などの表記がある商品を選ぶと良いでしょう。

ビューラーのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、通販で人気の高いビューラーおすすめランキング10選を紹介していきます。

1位「アイプチ フィットカーラー ひとえ・奥ぶたえ用」

 

まぶたに織り込まれてしまったまつげも、根元からカールできます。

まぶたではなく、眼球のカーブに合わせた設計で、ひとえや奥ぶたえの目にフィット。

目頭から目尻まで1度で挟めるので美しいカールが作れます。

生え際が見えやすいので、挟むときにまぶたも一緒に巻き込んでしまう心配もありません。

弾力のあるゴムでまつげが途中で折れなくなっているので、自然なパッチリ目に仕上がります。

参考価格 1,650円(税込)
タイプ オーソドックスタイプ
替えゴム 2個付き
横幅 160mm×52mm×120mm
カーブ 強め
特徴
  • 一重・奥二重用

2位「パナソニック Panasonic EH-SE11-E ホットビューラー まつげくるん ナチュラルカール シルキーベージュ」

 

ダブルヒーター搭載で、くるんと上向きまつげが長時間キープできます。

1~2分で適温になるので、すぐに使える点も魅力的なポイントです。

充電式ニッケル水素電池が使えるため、ランニングコストも優秀。

付属の掃除ブラシ付きなので、きれいな状態を保てます。

参考価格 2,260円(税込)
タイプ ホットビューラー
替えゴム -
横幅 高さ20.5×幅8.5×奥行2.4cm
カーブ -
特徴
  • ダブルヒーター搭載

3位「オルビス アイラッシュカーラー」

 

日本人女性のまぶたの丸みや目の幅を研究して作られたフレームが特徴です。

ビューラーで全体に金属アレルギー防止と抗菌コートが使用されており、衛生面もばっちり。

やさしい設計なので、肌が弱い人でも使いやすい素材です。

適度な弾力のあるシリコンゴム採用で、まつげをくるんとカールさせます。

参考価格 766円(税込)
タイプ オーソドックスタイプ
替えゴム -
横幅 105mm
カーブ 緩やか
特徴
  • 日本人の目元に合わせた設計

4位「マクセル まつげカーラー アンジェリーク チェリーピンク MXEL-100.PK」

 

まつげをきれいにセパレートできるコームが付いています。

適温になるとマークがつくので、初心者でも扱いやすいです。

まつげ全体をカールできる幅広のメインヒーターと、下まつげや目尻などの細かいまつげもカールできる幅狭のポイントヒータを使い分けられるので、クセのあるまつげもきれいに上げられます。

シンプルなスティック形状なので、ポーチにも収納しやすく持ち運びにも便利です。

濃いめのピンクのカラーで女の子らしいデザインです。

参考価格 998円(税込)
タイプ ホットビューラー
替えゴム -
横幅 -
カーブ -
特徴
  • 2タイプのヒーター搭載

5位「エクセル スプリングパワーカーラーNビューラー」

 

スプリングパワー構造採用で、軽い力で握るだけでスプリングが効いてまつげをしっかりとカールしてくれます。

ゆったりとした39mmのカーブで、まぶたにぴたっとフィットします。

弾力のある特殊成型ゴムで、まつげを挟んでも折れたり切れたりしにくいです。

まつげを傷めにくい構造で、まつげのダメージが気になっている人にもおすすめです。

参考価格 880円(税込)
タイプ スプリングタイプ
替えゴム 別売り
横幅 3.9mm
カーブ 強め
特徴
  • 弾力に優れた特殊成型ゴム

6位「資生堂 アイラッシュカーラー 213」

 

簡単に美しいまつげが作れるビューラーです。

ほどよい弾力性のあるシリコンゴムで、しっかりとまつげを挟み根元からカールさせます。

形が丸いゴムでまつげへの負担を軽減。

何千人もの日本人のまぶたの形をもとに、開発されたフレームが目元のくぼみや曲線にフィットします。

参考価格 1,080円 (税込)
タイプ オーソドックスなタイプ
替えゴム 1個付き
横幅 -
カーブ 緩やか
特徴 4cm×5cm×11cm

7位「ノーブル セパレートコームラッシュカーラー」

 

オーソドックスな形状にセパレートコームが付いています。

とかしながらまつげをセパレートしてくれるので、扇状の美しいまつげを形成できます。

まつげが束になりにくくなるので、ロングタイプのマスカラを塗る前の使用がおすすめです。

参考価格 1,100 円 (税込)
タイプ オーソドックスなタイプ
替えゴム -
横幅 幅100mm
カーブ 緩やか
特徴
  • コーム付き

8位「シュウウエムラ アイラッシュカーラーN」

 

日本人メイクアップアーティストの先駆者として知られる、シュウウエムラのロングセラー商品です。

まつげとまぶたに負担がかかりにくいように設計された形状が特徴で、根元からまぶたをしっかりとカールしてくれます。

まぶたを挟みにくいため、初心者にもおすすめ◎

キープ力も高く、愛用者の多いビューラーです。

丁度良い可動域で、力の調整も楽々にできます。

参考価格 1,230円 (税込)
タイプ オーソドックスなタイプ
替えゴム -
横幅 -
カーブ 緩やか
特徴
  • 強すぎずゆるすぎないカーブ

9位「コージー本舗 カービングアイラッシュカーラー」

 

大人の女性のまぶたのカーブを徹底的に調査して生まれたビューラーです。

まつげ1本1本を丁寧にセパレートしてくれるので、束にならない美しいまつげに。

支柱がないのでまぶたに当たらずに、しっかりと密着してくれます。

弓状のカーブを採用し、まつげを根元から立ち上げて扇状に整えます。

専用のプラスチックケースつきなので、持ち運びにも◎

カール部分やハンドル部分の歪みを防いでくれるので、美しい状態が長持ちします。

参考価格 1,980(税込)
タイプ オーソドックスなタイプ
替えゴム 2個付き
横幅 38mm
カーブ 緩やか
特徴
  • 抗菌仕様
  • 専用ケース付き

10位「マキアージュ  エッジフリー アイラッシュカーラー」

 

目頭から目尻までのまつげを1度でとらえる、ゆったりとした横幅が特徴です。

エッジフリーの設計と目のカーブに合わせたフレームを採用。

全体のまつげを根元から立ち上げて、パッチリとしたまつげに仕上がります。

軽い力でしっかりとまつげを上げられるので、まつげを残さずにカールできます。

参考価格 1,100円 (税込)
タイプ オーソドックスなタイプ
替えゴム -
横幅 48mm
カーブ 緩やか
特徴
  • まつげを残さず根元からカール

ビューラーを使って上向きまつげを手に入れよう!

きれいな二重の女性

おさらい

  • オーソドックスな形状は力の調整がしやすい
  • スプリングタイプはまつげを均一に上げられる
  • ホットビューラーはカールの持続力が高い
  • 部分ビューラーはキワの短いまつげも上向きにできる

今回は、ぱっちりとしたまつげに仕上げるために欠かせない、ビューラーの選び方や人気おすすめランキングについて紹介してきました。

ビューラーの中にもさまざまなタイプがあり、挟みやすさや挟む力など異なります。

目の形やくぼみは人それぞれであるため、自分の目にぴったりなビューラーを見つけるのは大変でしょう。

ぜひ、この記事を参考にして自分の目にフィットする使い勝手の良いビューラーを見つけてみてください。

  • この記事を書いた人

すーちゃん

化粧検定&化粧成分検定を取得した25歳のすーちゃんです。 以前からコスメや美容が大好きで、いろんなコスメを集めていました。 プチプラ~デパコスアイテム紹介や、皆さんが知りたい美容にまつわる情報をご紹介していきます。

-その他, コスメ
-,

© 2024 Pretty Woman