モテ術 恋愛

彼氏がかまってくれない!考えられる原因と対処法を徹底解説!

付き合っている彼氏が以前よりもかまってくれなくなった・・・と感じたことはないでしょうか。

本当はかまってほしいのに、彼氏がそうなった理由や心理がわからずにどのような行動をすればいいのか戸惑ってしまう女性も少なくないでしょう。

そこで今回は、彼氏がかまってくれなくなったときに考えられる理由や心理、対処法などを徹底的に解説していきます。

別れるべきかどうかを判断するポイントもお話しているので、かまってくれない彼氏に悩みを持っている女性はぜひ参考にしてみてください。

この記事で解決できる悩み

  • 彼氏がかまってくれなくなった理由&心理がわかる
  • かまってくれない彼氏の対処法がわかる
  • かまってくれない彼氏と別れを決断するポイントがわかる

彼氏がかまってくれなくなってツライ・・・

かまってくれない彼氏に泣いて女性いる女性

彼氏がかまってくれなくなると、彼女としては寂しく不満に感じてしまうもの。

特に、以前は優しかった彼氏であれば、ギャップの差でさらに辛く感じてしまうでしょう。

解決への道に進むためにも、まずは彼氏の心理について理解を深めることが大切です。

かまってくれないからといって、過度にかまってアピールをしてしまうと、彼氏はめんどくさく感じてしまうことが多いため注意しておきましょう。

女性が感じる彼氏がかまってくれなくなったと感じる瞬間

気になる男性と待ち合わせしている肉食系女子

ここでは、彼女が彼氏がかまってくれないと感じた行動を紹介していきます。

LINEや連絡の返信が遅くなった

LINEや連絡などの返信が遅くなることは、彼氏がかまってくれないと感じる行動の上位に挙げられます。

以前までは、LINEを送ればすぐに返信が来て、相手からもLINEや電話などもかかってきていたのに、今はLINEの既読無視や電話なども理由をつけて出てくれなかったりなどなど。

また、連絡の返信のペースが遅くなることも、「彼氏がかまってくれなくなった・・・」と感じる要因でもあります。

同棲をしておらず、距離がある状態なのに連絡を返してくれなくなると、不安に感じてしまうのは至極当然と言えるでしょう。

家でゴロゴロして過ごすことが増えた

以前までは、デートとなるとはりきってオシャレをして、カフェやショッピングなどのデートがメイン。

なのに、最近では家デートがほとんどなんてことも。

家でゴロゴロしていると落ち着き、人目を気にせずに彼氏に甘えられるので、魅力的ではあります。

しかし、毎度毎度のデート場所が家だと、手抜き感は否めません。

2人で共同で何かをするならまだしも、彼氏が寝だしたり、1人でゲームをし始めたとなると、「なぜかまってくれないの?」と感じずにはいられないでしょう。

ほとんどの予定が自分以外で埋まっている

社会人やアルバイトなど日々の生活が多忙だと、デートはお互いの休日に合わせなければ難しいでしょう。

仕事がしんどいときも、休日のデートを想像して頑張れるなんて女性も多いはず。

しかし、いざ休日デートに誘おうと思うと、彼氏はほとんどの休日を彼女以外の用事で埋めてしまっていると「えっ嘘でしょ?」となるのではないでしょうか。

自分の優先順位が誰よりも低いと感じてしまい、悲しさや寂しさを通り越して虚しく感じてしまうなんてことも。

ついつい、「なんで予定を入れちゃうの?」と彼氏を責めてしまうことも少なくないでしょう。

彼氏がかまってくれなくなる理由&心理

不安でたまらない男性

彼女視点の彼氏がかまってくれないと感じる行動について紹介してきました。

次は、そんな行動を取る彼氏側の理由&心理を見ていきましょう。

もしかしたら、彼氏は色々なことを考えているのかもしれません。

1.いっぱいいっぱいで余裕がない

まず最初に挙げられのが、プライベートがいっぱいいっぱいで気持ちに余裕がなく、彼女に時間を取ることが難しいという状態であることです。

たとえば、仕事で大きなプロジェクトがあるときや、免許取得を目指して頑張っているときなどは、集中力が大切です。

そのため、彼女がかまってほしそうにしていても、その気持ちに答えられるほどの余力が残されていないのかもしれません。

特に、彼女のことを信頼している彼氏であれば、「かまってあげられないけど気持ちは伝わってるはず」と考えているのでしょう。

もしかしたら、むしろ彼女は甘えられるよりも彼女に甘えたいと考えているかもしれません。

一声は欲しいところですが、彼氏の多忙なスケジュールやLINEや連絡が遅く成った場合は、目標に向かって頑張っていることが理由の可能性があります。

2.夢中になっているものがある

かまってくれない彼氏の特徴に多いのが、多趣味で彼女以外に夢中になっているものがあることです。

女性はたくさんのことを並行して進められることが多いですが、男性は何かひとつに夢中になるとそれ一筋になりがち。

誰にも邪魔されずに集中したい没頭型ではあれば、特に彼女のことが見えなくなってしまっているのでしょう。

30代あたりになると、自由に使えるお金も増えるため、お金がかかる趣味にハマることが多くその分没頭してしまいやすいです。

ただ単に、彼女のことが見えなくなってかまわなくなってしまう場合は、このケースが有力でしょう。

3.こまめなLINEや連絡が苦手

彼氏がかまってくれなくないと感じたとき、LINEや連絡が遅いのみの行動であった場合は、もしかしたら彼氏はLINEや連絡に苦手意識があるのかもしれません。

付き合いたての当初は、毎日連絡をしていても段々その生活が苦しくなっているのでしょう。

男性の中には、釣った魚にはエサをやらないタイプも少なくありません。

LINEの返答が冷たく、連絡も遅いけど会ったときに以前と変わらないようであれば、マメなことが苦手な男性と思ってまず間違いないでしょう。

4.友達や同僚と遊びたい

彼女のことが好きなのにかまってあげない彼氏には、彼女と同じぐらい大切な人がいる可能性もあります。

家族、友人、同僚、上司・部下など、人により異なりますが、もしかしたら大切な人は分け隔てなく接したいと考えているのかもしれません。

スケジュールを彼女以外で埋めてしまう人は、彼女を第一に優先することは苦手なのでしょう。

5.彼女が重いと感じている

彼女の気持ちが重いと感じたときは、距離を置いたり素っ気なくしがち。

たとえば、LINEや電話が1日に何度もあったり、返事を催促される毎日は息が詰まってしまいます。

もしかしたら彼氏は、彼女の重い気持ちをどう対応すればいいのか持て余しているのかもしれません。

あまりに行き過ぎた行動を取ってしまうと、別れを切り出される・・・なんてことも可能性として考えられるでしょう。

6.彼女のわがままに疲れた

多少のわがままな彼女は好きな男性も多いですが、行き過ぎてしまうと振り回されていると感じてしまいます。

忙しい彼氏に対して、夜中に会いたいと言ってみたり、無理やりスケジュールを開けさせようとしたりなどなど。

初めは頑張って耐えていた彼氏も、堪忍袋の緒が切れてあえて彼女にかまわなくなってしまったのかもしれません。

心の中で彼女にわがままな行動を改めて欲しいと考えているはずです。

7.マンネリ化

付き合いたての当初は、お互いのことに夢中で、毎日の連絡は当たり前!なんてこともあったのではないでしょうか。

少しでも会える時間があれば、すぐに彼氏が会いに来てくれたなんてことも少なくないでしょう。

しかし、付き合いが長くなるにつれて、気持ちの波が落ち着きそこまでかまわなくなってしまうようなマンネリ化は進みがち。

気持ちが冷めたとも受け止められますが、必ずしも彼氏が別れたいと感じるわけではありません。

彼氏にとっては、今の距離感が一番落ち着くのでしょう。

自然に起こることなので仕方ないと言えますが、やはり彼女側からすると納得はいかないでしょう。

ただし、もし彼氏が著しく冷たくなったり、邪険に扱ってくるようであれば、気持ちが冷めてしまっている可能性があります。

彼氏がかまってくれなくなったときの対処法

彼氏がかまってくれなくなったとき、とてもショックに感じるでしょう。

辛いことではありますが、彼氏ばかりに原因を向けるのではなく、自分自身に何か原因があるのではないかと考えることが大切です。

特に前項でお伝えした、彼氏がかまってくれない理由&心理を知れば、その原因が見えてくるはず・・・。

ここからは、彼氏がかまってくれなくなったときの上手な対処法を3つ紹介していきます。

彼氏がかまってくれない理由と心理を受け止める

まず大切なのが、かまってくれなくなった彼氏に対して、その理由と心理をきちんと受け止めるということです。

彼女側からすると「ナゼ?」と感じることでも、もしかしたら彼氏は譲れない何かがあるのかもしれません。

彼氏の大切なものを捨ててまで自分に時間を使って欲しいと考えていると長続きは難しいでしょう。

理由と心理を受け止めて、彼氏が大切にしているものを理解しようと歩み寄ってみるとよいでしょう。

趣味を増やす

彼氏がかまってくれないと感じるのは、もしかしたら彼女側が依存しがちになっているからかもしれません。

全ての場合に当てはまるわけではありませんが、彼氏中心の生活に慣れていることで、以前よりも少しだけ素っ気ない瞬間があったときに、かまってくれなくなったと感じやすくなっています。

そんなときは、彼氏中心の生活から抜け出すべく、彼氏以外に夢中になれるものを見つけたり、趣味を増やしてみましょう。

友達と遊ぶもよし、習い事を始めるのもよし、とにかく自分が夢中になれるものを見つけてみてください。

自分自身にも夢中になれるものがあれば、1日の充実度が高まり彼氏に対しての依存度を減らせるはずです。

素直に寂しいと伝えてみる

素直に寂しいと伝えてみると、彼女のことが大切な彼氏であれば罪悪感を感じるはず。

かまってくれない彼氏の中には、無意識の内に彼女をないがしろにしてしまっている人がいます。

自分のせいで彼女に寂しい思いをさせてしまっているとしれば、彼女に対して申し訳ないと感じ、素直に受け止めて時間を作るなど行動に移してくれるかもしれません。

かまってくれない彼氏に対して不満を伝えたいときは、同じことをし返してみたり、かまってくれないことを強く責めるのではなく「寂しい」と控えめな伝え方をしてみましょう。

かまってくれない彼氏とは別れるべき?

橋の上でいちゃつくカップル

かまってくれない彼氏の対処法についてお話しましたが、必ずしも復縁を目指すべきとは言えません。

ここで紹介する特徴が彼氏に当てはまる場合は、今の内に離れるのが正解かもしれません。

ここからは、かまってくれなくなった彼氏と別れるべきか否かを判断する、3つの特徴について紹介していきます。

彼女の話に耳を傾けない

もし、かまってくれないことが寂しいと話たときに、それでも耳を貸さずに無視してしまう彼氏には要注意。

今後、また何かトラブルが起こった場合でも、彼女の言い分や心理を汲んで話し合いをしたり行動に移してくれる可能性が極めて低いと言えます。

彼女のことが大切なら、全て行動には出せなくとも、少なからず彼女の話には耳を傾けるはずです。

このような男性とは付き合いを続けていくのには苦労が強いられるでしょう。

あからさまにイライラを態度に出す

かまってくれない彼氏に対して、寂しさを訴えたときの態度は要チェックしておきましょう。

あからさまにイライラを態度に出すようであれば、自分勝手で自己中心的な男性の確率が大です。

彼氏が忙しいときや疲れているときならまだしも、自分の欲求のためだけに彼女をほったらかしにしている男性がイライラしたときは別れを考えても良いかもしれません。

喧嘩が絶えない

かまってくれない彼氏と日常的に喧嘩をしている場合は、2人の相性や価値観が合っていないのかもしれません。

相容れない2人の場合は、いくら解決するために対策を打診してもきちんと解消するのは難しいでしょう。

お互いに不満を抱えている場合は、精神的に強い影響が出てしまう前に、別々の道を歩むことを考えてみるのもよいのではないでしょうか。

彼氏がかまってくれないときは固執しすぎない!

外でデートをしているカップル

おさらい

  • 気持ちに余裕がなく彼女の気持ちに応えてあげられない
  • かまってくれない彼氏にはひとつのことになると没頭してしまう人が多い
  • 趣味を増やすと気が紛れやすい

今回は、かまってくれなくなった彼氏の理由&心理や対処法について紹介してきました。

彼氏がかまってくれないのは、「付き合いが長くなることで気持ちが落ち着いた」「多趣味で夢中になっているものがある」などさまざまな理由が考えられます。

もちろん、中には彼女に対する不満が溜まり素っ気ない態度になってしまっている男性もいるでしょう。

彼氏がかまってくれないと悩んだときは、彼氏ばかりを責めるのではなく、理由や彼氏の心理を考えて自分自身にも原因があるのかを考えましょう。

2人で話し合い、お互いを思いやれるような関係になれれば、良好な関係を長く続けていけるようになるはずです。

  • この記事を書いた人

すーちゃん

化粧検定&化粧成分検定を取得した25歳のすーちゃんです。 以前からコスメや美容が大好きで、いろんなコスメを集めていました。 プチプラ~デパコスアイテム紹介や、皆さんが知りたい美容にまつわる情報をご紹介していきます。

-モテ術, 恋愛
-,

© 2024 Pretty Woman