モテ術 恋愛

めんどくさい彼氏の性格&特徴12選|対処法や上手な別れ方を紹介!

以前までは全く感じなかったのに、付き合いが続く中で「最近、彼氏がめんどくさいな・・・」と感じることはないでしょうか。

めんどくさい彼氏というのも、束縛がひどかったり、かまってちゃんであるなど様々な分類にわけられます。

今回は、彼女がめんどくさいと感じる彼氏の特徴まとめから対処法までを、私の実体験を交えて紹介していきます。

ぜひ、この記事をチェックしてめんどくさい彼氏との上手な付き合い方を見つけてください。

この記事で解決できる悩み

  • 彼氏がめんどくさいと感じる女性の心理状態がわかる
  • めんどくさい彼氏になる理由がわかる
  • めんどくさい彼氏のあるあるがわかる
  • めんどくさい彼氏の対処法がわかる

彼氏がめんどくさいと感じる女性の心理

カフェで1人でティータイムを楽しむ女性

付き合い立て当初は、感じなかっためんどくさいという感情。

「彼氏がめんどくさいと思うのは心は狭い?」「彼氏のことが本当に好きじゃないのかも・・・」という考える女性も少なくないでしょう。

しかし、めんどくさいという気持ちが芽生えるのは、一概に気持ちが冷めてしまったからという理由ばかりではありません。

まずは、彼氏がめんどくさいという感じる心理について見ていきましょう。

彼氏中心の生活に苦痛を感じる

当然といえば当然ですが、あまりに彼氏がべったりだと、一緒にいるだけでめんどくさいと感じてしまいます。

付き合い立ては、なるべく一緒にいたいですし、2人でいることに幸せを感じるでしょう。

しかし、付き合いが長くなっても同じ距離感のままでは次第にプライベートの時間を取れなくなります。

友人と出かけたり、自分1人で過ごす時間が無くなってしまうと、ストレスが溜まり不満が募っていくのです。

彼氏からの愛情が重いと感じる

彼氏からの深い愛情は、愛されていると実感できます。

しかし、彼氏の愛情表現が、あまりにも過剰であると負担に感じてしまうもの。

愛情深い性格の人は、相手からも同等の愛情を求める傾向がよく見られます。

愛情を返そうと頑張ったり、彼氏の愛情に答えなければいけないと考えてしまい、めんどくさく感じてしまいます。

甘えたな彼氏で自分が甘えられる隙がない

甘えたいという感情は、男女問わず持っているものです。

もちろん、彼氏が甘えてくる姿はかわいいですが、常に甘えてこられると自分が甘える隙がありません。

本当は自分も甘えたいのにと一度思い出すと、次第に甘えてくる彼氏がめんどくさく感じてきます。

我が強く自分の意見を絶対に曲げない彼氏

自分の意見をはっきりと言えることは、男らしい行動のひとつです。

しかし、中には「自分の意見が正しい」と言わんばかりに押し通そうとしてくる男性もいます。

男女間や恋人という関係以前に、相手に一方的に意見を押し付けられる行為は、誰しもがめんどくさいと感じるものです。

喧嘩やすれ違いが起きたときに、話し合いで解決しても聞く耳を持ってもらえなければ、より良い関係は築けません。

めんどくさい彼氏になる理由

めんどくさい彼氏に嫌気が差している彼女

彼女にめんどくさいと感じさせる彼氏の性格&特徴の背景には、さまざまな可能性が考えられます。

ここでは、なぜめんどくさい彼氏になってしまうのか、考えられる理由を見ていきましょう。

1.わがままは許さると思っている

彼女にめんどくさいと思われがちな彼氏は、全てのわがままが許されると考えています。

多少のわがままであれば、聞いてあげようという気になる人も多いでしょう。

しかし、自分の都合を優先したり、周囲に迷惑がかかるレベルのわがままはめんどくさいと思うのは当たり前でしょう。

2.今まで指摘されたことがない

今まで付き合ってきた彼女が彼氏のわがままを許していた場合、彼氏は自分がめんどくさい言動をしていることに気づいていない可能性があります。

指摘されることがないことで、自覚ができずにそのまま身についてしまっているのでしょう。

3.幼少期から甘やかされている

過保護な親に育てられた人というのは、わがままな部分が強調されやすい傾向があります。

甘い親は、子供の言うことを何でも聞いてあげたり、常にかまってあげてしまいます。

何でも許されてきた経験から、彼氏は我慢をしたり自分の意見が通らないことができません。

甘やかされることに慣れてしまうと、自分自身をコントロールする精神力が育たず、わがままな性格になってしまうのです。

彼女に対してだけでなく、友達や職場でも自分の意見を通そうとしがちになることも少なくありません。

【言動編】めんどくさい彼氏の特徴

彼女に毎日電話をかけるかまってちゃんな男性

一口に、「めんどくさい彼氏」といっても、特徴はさまざま。

ここからは、付き合っていると疲れてしまう、めんどくさい彼氏の特徴を紹介していきます。

1.毎日欠かさず連絡を取りたがる

LINEや電話など、連絡を欠かさずに求めてこられると疲れてしまいますよね。

プライベートな用事や仕事もある中で、連絡できない日だってあるでしょう。

付き合い始めは毎日の連絡に喜びを感じますが、付き合いが長くなるとそうもなりません。

2.かまってアピールが強い

体調不良アピールやネガティブな発言が多いかまってちゃん彼氏は、めんどくさいと感じる女性がほとんどです。

仕事で疲れているときにも「かまってかまって」とされると、気も休まりません。

3.寂しがり屋で四六時中会いたいと言ってくる

寝ても覚めても彼女といたい彼氏は、依存度の高い彼氏と言えます。

彼氏がとる重い行動に、めんどくささは感じずにはいられないでしょう。

4.会うたびに武勇伝を語ってくる

恋愛の経験数や過去の活躍など武勇伝を語る言動は、女性へのアピール。

しかし、平たく言えば武勇伝は自慢話と大差ありません。

武勇伝を聞かされる身としては、武勇伝を語り続けられてはたまったものでないでしょう。

私も「○○(芸能人)とは友達だよ」「今流行っている○○という言葉は俺が作った」など、会うたびに武勇伝を語る男性がいました。

もちろん、本当の可能性もありますが、無論、証拠も何もありませんでした。

返答にも困りますし、褒めてあげるのも疲れてしまいます。

5.優柔不断で決断を彼女に委ねてばかり

食事やショッピングに行ったとき、「どっちの方がいいかなぁ?」「○○ちゃんが決めて」など優柔不断な彼氏。

多くの女性は、彼氏にはリードしてほしいと考えているでしょう。

いつも決断をこちらに委ねてこられると、無性にイライラしてしまいますよね。

7.ネガティブ思考で落ち込みやすい

ポジティブな性格の彼氏は、一緒にいるだけで気分が明るくなるでしょう。

しかし、ネガティブ思考の彼氏は一緒にいるとこちらの気分まで暗くなってしまいます。

めんどくさい彼氏のLINEあるある

彼女からの連絡を待ち続ける重い彼氏

めんどくさい彼氏の性格&特徴は、LINEの返信や使い方にも表れます。

ここからは、めんどくさい彼氏のLINEあるあるを紹介していきます。

1.既読がつく前に返信してくる

めんどくさい彼氏のLINEあるあるで、特に多いのが「返信をする前にLINEをしてくる」ことです。

忙しくて既読スルーになっている場合ならまだしも、既読がつく前に返信して来られると、めんどくささ100%

急ぎの用でもないのに、連絡を頻繫にしてくる彼氏はめんどくささ極まりありません。

「返事を返さなきゃ」という意識が強まり、自分の心の余裕も持っていかれてしまいます。

2.毎晩「大好き」と言わせてくる

学生の頃に付き合っていた彼氏が、毎晩「大好きおやすみ」と言わせてくるタイプでした。

毎晩毎晩大好きと言うことを義務付けられているような気分になりました。

本来、自発的に伝える言葉を強制されると煩わしくなってしまいますよね。

3.なんでもかんでも報告してくる

「友達と遊んでる」「今日は○○に行く」など、日記やSNSでするような報告を彼氏が連絡してきたときに、めんどくさく感じます。

会話の流れで「今日は○○と出かけててあのお店いってきたよ~」など自然な報告であれば「?」とはならないでしょう。

何を返せばいいかわからず、返事を考える手間が増えるのはストレスとなります。

めんどくさい彼氏に疲れたときの対処法

楽しんでいる女性

ここからは、めんどくさい彼氏に我慢できなくなったときのための対処法を紹介していきます。

1.距離を置く

距離を置くことで、お互いの大切さが改めて実感できるはずです。

自分を見つめ直す時間にもなり、悪い部分が発見できるいい機会にもなるでしょう。

彼氏に「別れたいわけではなく距離を置いて考える時間を作りたい」と打ち明けてみましょう。

今後、付き合っていくためにどうすべきかを整理したいと伝えれば、彼氏も距離を置くことに否定的にはならないはずです。

2.かまいすぎない

何でもかんでも言うことを聞いていては、自分の身が持ちません。

ある程度は、相手の言動を真に受けず聞き流すぐらいでいる方が良いでしょう。

スルースキルを使って乗り越えていると、めんどくさいと感じる回数は減らせる確率が高いと言えます。

かまってもらえないと悟ると、彼氏も諦めてめんどくさい行動を取らなくなるかもしれません。

3.不満を伝える

彼氏に直してほしい部分がある場合は、はっきりと不満を伝えましょう。

めんどくさい彼氏は、無自覚な行動をしていたり、幼少期の環境によったりなど、さまざまです。

あまりにストレートに不満を言ってしまうと、彼氏が傷ついてしまうかもしれないので、否定的な言い方は避けるのがベターです。

ネガティブ思考の彼氏には「私が大好きなあなたが自分自身を否定しているのは悲しい」など柔らかく伝えてみましょう。

彼氏の性格が治らなければ別れを決断するのもアリ

めんどくさい彼氏に嫌気が指してくると、最終的に考えてしまうのが「別れ」です。

彼氏が性格を改めてくれた場合は良いですが、変わらずのままでは付き合っていくのは難しいでしょう。

しかし、めんどくさい彼氏は、別れるときもめんどくさい部分を発揮するものです。

ここでは、めんどくさい彼氏と上手く別れる方法を紹介していきます。

本当に別れても後悔しないか考えてみる

別れを決断した場合、まずは本当に後悔しないかよく考えてみましょう。

不満を伝えても、彼氏が改善してくれなかったからと言って、必ずしも彼氏が改善する気持ちがなかったとは限りません。

たとえば、「不満の伝え方が悪かったのではないか」「彼氏のいる環境や状況のせいですぐに変えることが難しい」など、さまざまな可能性があることを考えることが大切です。

もしかしたら、見えにくいだけで彼氏は改善しようとしていたのかもしれません。

本当に改善の余地はないのか、改めてチェックしてみましょう。

別れを告げるときは直接会って伝える

回りくどく別れを伝えると、彼氏が逆上したりストーカーのようになってしまう可能性があります。

メールや電話で別れを済ませるよりも、最後まで誠心誠意向き合う姿を見せる方がきれいに別れやすいです。

面と向かって話すことで、真剣さが伝わり彼氏も納得しやすくなります。

不安な場合は第三者を介入して話をする

めんどくさい彼氏に別れたいといっても、素直に聞き入れてくれない場合があります。

また、プライドが高い人や何をしでかすかわからない性格であれば、家族や友達など第三者を交えて話すことをおすすめします。

第三者の意見を交えることで、他の人の意見が聞けたり、冷静な話し合いになりやすくなるでしょう。

めんどくさい彼氏と上手く付き合うには無理をしないこと!

適度な距離感を保っているカップル

おさらい

  • 幼少期に甘やかされた男性はめんどくさい性格になりやすい
  • めんどくさい彼氏は無自覚で行動している可能性がある
  • めんどくさい彼氏には否定的ではない言い方で不満を伝える
  • めんどくさい彼氏と別れるときは直接会って伝える方が良い

今回は、付き合っている彼氏がめんどくさく感じてくる女性の心理や、めんどくさい彼氏に多い言動や対処法について紹介してきました。

めんどくさい彼氏と上手く付き合っていくには、とにかく我慢しないことが大切です。

彼氏がめんどくさい言動をとる理由はさまざまなので、彼氏の心理状態から原因を考えていきましょう。

彼氏自身に不満を正しく伝えれば、彼氏も理解して改善をしたりあなたに寄り添ってくれるはずです。

彼氏がめんどくさいと感じたからといって、すぐに別れる決断はせず、どうしたら解決できるのかを2人で考えてみましょう。

  • この記事を書いた人

すーちゃん

化粧検定&化粧成分検定を取得した25歳のすーちゃんです。 以前からコスメや美容が大好きで、いろんなコスメを集めていました。 プチプラ~デパコスアイテム紹介や、皆さんが知りたい美容にまつわる情報をご紹介していきます。

-モテ術, 恋愛
-,

© 2024 Pretty Woman