モテ術 恋愛

彼氏の嫉妬に耐えられない・・・|彼氏が嫉妬深くなる原因や多い言動

誰しもが、付き合っている相手に嫉妬の感情を覚えるもの。

多少の嫉妬であれば、「拗ねている姿がかわいい」「愛されていると実感できる」と感じ人も多いでしょう。

しかし、その一方で、思わず引いてしまうほどの強い嫉妬心を持ち合わせている男性もいます。

私自身も経験があるのですが、最初は優しかった彼氏でも異常なほどの執着心を見せてきたのです。

なぜ嫉妬深い彼氏ができあがるのでしょうか。

この記事では、嫉妬した彼氏に見られる言動・心理状態を見ていき、その原因を紐解いていきます。

対処法や、円満に別れる方法も合わせて紹介しているので、彼氏の嫉妬に困っている女性は、ぜひチェックしてみてください。

この記事で解決できる悩み

  • 嫉妬した彼氏に多い言動がわかる
  • 彼氏が嫉妬深くなる心理や原因がわかる
  • 嫉妬深い彼氏の対処法がわかる
  • 嫉妬深い彼氏ときれいに別れる方法がわかる

恋愛における嫉妬って?

嫉妬深い彼氏をなだめる彼女

自分よりも他人の方が優れていたり、高く評価されたときに、妬ましくおもってしまう感情のこと。

嫉妬の対象は、同性・異性・仕事・趣味といったさまざまなものがあります。

恋愛の場合は、「彼女が自分以外の男性」に関心を寄せていることに、悲しみ・怒りを感じ嫉妬することがほとんどです。

彼氏が嫉妬したときの言動

嫉妬深い彼氏

嫉妬といっても、表現をするときは男女で異なります。

彼氏は、どういった言動をとるのか見ていきましょう。

1.八つ当たりしだす

冷静に取り繕おうとしても、感情的な部分が隠せなくなるのが嫉妬です。

ドアを「バン」と強く閉めたり、強い口調で話してきたり、イライラしだします。

あからさまに態度に示すことで、「他のヤツの話はするな」「俺だけをみろ」といわんばかりに威圧してくるのです。

1.無口になる

嫉妬すると怒りっぽくなる男性は多いですが、急に無口になるケースもあります。

悲しくなった気持ちを素直にいえない男性は、彼女に対してリアクションを起こそうとしません。

沸々とこみ上げる嫉妬心を出さないために、無口になっている可能性があるのです。

1.話題を変えてくる

嫉妬してもおかしくない話をしているときに、目に見えて話題を変えてきたのなら嫉妬による行動の可能性大。

嫉妬していることが恥ずかしい・バレたくないと考えている彼氏は、話題を変えることで気持ちを切り替えようとするのです。

1.ほかの女性の話をして嫉妬させようとしてくる

自分が嫉妬したときは、彼女にも嫉妬させたいと考える男性は多いです。

たとえば、「○○君がね~」と仲の良い男友達の話をすると「俺もこの前○○ちゃんと~」と返してきたり。

普段は話さないような、女性の話題が多く出たときは、嫉妬させようとしているのかもしれません。

1.張り合おうとする

彼女の口から、他の男性を褒めたり尊敬しているような話を聞くやいなや、彼氏が張り合うために自慢話をしてくることがあります。

話題に出た男性をなんとか下げようと、非難したり毒舌な言葉を口にしてしまうことも。

「俺の方がすごいんだぞ」とアピールしてきたときは、高確率で嫉妬しているのでしょう。

1.甘えてくる

彼氏が嫉妬したときは、急に甘えるというものがあります。

会う約束はしていなのに「会いたい」といってきたり、「俺のこと好き?」と聞いてきたりなど。

また、くっついてきたり、スキンシップが多くなるパターンもあります。

彼氏が嫉妬深くなる原因

不安でたまらない男性

彼女のことを本気で愛しているほど、自分以外に目を向けられると嫉妬心が湧き出るもの。

しかし、嫉妬深い彼氏の中では他にもさまざまな心理が働いているのです。

ここからは、彼氏が嫉妬深くなる原因を解説していきます。

1.彼女のことが好きすぎる

好きであればあるほど、失いたくなくなるのが人間の心理。

大事なものを失う喪失感は計り知れません。

「かわいさあまって憎さ100倍」ということわざのように、好きすぎるがあまり、独占欲を抑えられなくなります。

2.やましいことをしている

彼女に対する嫉妬は、彼氏の愛情からきているものとは限りません。

この場合は、彼氏が浮気をしていて彼女に疑いの目を向けている可能性があります。

つまり、彼女にいえないようなやましいことをしているからこそ、彼女も同じことをするのではないかと勘繰っているのです。

3.愛情を確かめたい

「彼女に愛されているか不安」「彼女からの愛情が薄れている気がする・・・」と彼氏が感じた場合、嫉妬心として表れることがあります。

彼女に嫉妬したり、束縛したときにどこまで許してくれるのかを確かめようとしているのです。

4.過去の恋愛で傷ついたことがある

嫉妬のしやすさは、彼氏自身だけに原因があるわけではありません。

過去の恋愛で裏切られて傷ついたことが影響している可能性も考えられます。

フラれたり浮気されたりなど、トラウマになるような恋愛を2度と同じ経験を味わいたくないのです。

その結果、彼女に依存したり強い嫉妬心が湧き出てきてしまいます。

5.自分に自信が無い

嫉妬によく似た言葉で、劣等感というものがあります。

嫉妬深い彼氏の多くは、ネガティブ思考が強く、自分に自信がありません。

たとえば、デートに誘ったのに断られたり、連絡が返って来ない場合、「仕事が忙しいのかな」「仕方ない」と考えるのが一般的。

しかし、自信がない男性は「自分と会いたくないのかも」「浮気しているのかも」と考えてしまうのです。

ネガティブな思考は、あらゆることを悪い解釈で受け取ってしまい、嫉妬心を強めます。

6.寂しがり屋

寂しがり屋でかまってちゃんな彼氏は、嫉妬しやすい傾向があります。

もともと、誰かがそばにいてくれないと不安でたまらない性格です。

「彼女がいなくなったら生きていけない」と考えているので、なにがなんでも離れようとしません。

愛情を求めれば求めるほど、比例して嫉妬心が強くなっています。

7.執着心が強く負けず嫌い

嫉妬心とは、執着心ともいえる感情。

彼女のことを「自分だけのものにしたい」「他の男に触られたくない」という気持ちになります。

また、負けず嫌いな男性の場合は、恋愛だけでなく「仕事」「趣味」なども嫉妬の対象に入ります。

8.他人からの評価を気にする

他人からの評価を常に気にする男性は、恋愛面でも同じように考えます。

彼女が自分をどう思っているか、世の彼氏の大半は気にしているでしょう。

しかし、常に他人からの評価を気にする男性の場合は、女性の本心を知りたいという気持ちが、過剰に働きすぎてしまいます。

女性のことを常に考えずにはいられなくなり、嫉妬することが増えてしまう傾向があります。

優秀な人間であると思われたいことから、プライドの高さも垣間見えます。

9.承認欲求が強い

自信が無いことに関係することですが、承認欲求が強い人は彼女に対して求めるモノが多くなりやすいです。

他人に認められたいという承認欲求は、自分で自分のことを認められないから働いてしまう感情です。

承認欲求が強いほど自分に自信がないため、他人に満たしてもらうしかありません。

このような強い承認欲求は、近しい人間である彼女に向けられやすくなります。

10.競争心が強い

競争心が強い彼氏は、自分の彼女と他人の彼女を比べることがしばしば。

そして「こんなにもかわいい彼女に俺は愛されてる」と周囲にマウントを取りたがります。

レベルの高い彼女であればあるほど、自分も高いレベルに到達するという考えを持っています。

結果的に、独占欲が高まり嫉妬深い男性に近づいていくのです。

11.親しい友達がいない

私の経験から推測すると、一緒に飲みに行ける友達や、悩みごとが相談できるような友達がいない場合、嫉妬心が強くなる傾向があります。

友達と恋人、両方にプライベートな時間を費やすため、彼女ばかりに依存してしまうことはありません。

しかし、親しい友達がいない場合は、話し相手や一緒に過ごす人間は彼女だけとなってしまいます。

大半の時間を彼女と一緒に過ごす状況が続くと、彼女が自分以外に目を向けることが許すことができなくなるのです。

嫉妬深い彼氏と上手く付き合っていく方法

男性を抱きしめている包容力のある女性

嫉妬深い彼氏の言動に、嫌気が指してきた女性も少なくないはず。

彼氏の嫉妬深い感情には、コンプレックスや承認欲求の強さが見え隠れしています。

そのため、彼氏の執着心を下げるためには、根本的な解決が必要となります。

そこで、ここからは嫉妬深い彼氏と上手く付き合っていくための対処法を伝授していきます。

1.たくさん褒める

褒められたとき嫌な気分になる人はいないでしょう。

大好きな彼女からだとさらに嬉しく感じます。

仕事や趣味など、彼氏にまつわることであれば何でもいいので、褒められるポイントを見つけてあげましょう。

「彼女を幸せにできている」「彼女に尊敬されている」と自信がつき、彼氏の自己肯定感も高まります。

2.愛情をしっかりと伝える

彼女からの愛情が足りずに、嫉妬深い言動をとってしまうパターンの場合は、愛情表現をしっかりと伝えてあげましょう。

彼氏が彼女からの愛情を感じていれば、不安からくる嫉妬に駆られることはありません。

「大好き」「愛している」とストレートな愛情表現や、手料理を振る舞って彼氏に愛情表現ができる行動をとってみてください。

3.親しい人に彼氏を紹介する

親しい友達や家族に紹介、真面目な恋愛という考えを抱人は多いのではないでしょうか。

彼氏を自分と近しい人に紹介するには、それなりの勇気と覚悟がいるものです。

「自分は彼女にとって特別」「友達や親に合わしてくれるほど愛されている」と再確認でき、安心してもらうことができます。

彼氏の嫉妬に耐えらないときは別れることを考える

別れを切りだされた男性と別の道に歩いていく女性

どうしても、彼氏の嫉妬が負担となり、自分自身がしんどくなってきたときは、別れを考える選択もあります。

無理をして、自分が壊れてしまう前に、彼氏とは離れる方がよいでしょう。

しかし、嫉妬深い彼氏は別れるときには一筋縄ではいきません。

ここからは、そんな彼氏との別れを考えている女性に向けて、円満に別れられるための方法を紹介していきます。

1.彼氏がフってくるように仕向ける

嫉妬深い彼氏と別れる最も最適な方法は、「フる側」ではなく「フラれる側になる」ことです。

執着心の強い性格の彼氏は、フラれたぐらいではへこたれず、ストーカー化する可能性がある厄介な存在です。

また、プライドが傷つくことで、恨みを買ってしまうこともあります。

なるべく安全に彼氏と別れるには、彼自身から離れてもらうことが最もきれいに別れられる方法です。

彼氏が嫌っている人物をお手本にして、なりきってみましょう。

彼氏の気持ちが冷めてきたら、あっさりと別れることができるでしょう。

2.同じぐらい依存・嫉妬してみる

彼氏がとっている言動をそっくりそのまま返してみましょう。

たとえば、彼氏がスケジュール管理を厳しくするなら、同じように徹底的に彼氏にも報告をさせてください。

嫉妬深い彼氏だからといって、嫉妬深い・執着の強い彼女が好きというわけではありません。

束縛が苦手な彼氏であれば、大きなストレスを感じるはずです。

上手くいけば、束縛に耐えられなくなった彼氏が逃げ出していきます。

ただし、この方法は依存度の高い彼氏にすると、より執着心を強めてしまう可能性があるので注意してください。

3.彼氏の性格に合わせた方法で別れを告げる

嫉妬深い彼氏ときれいさっぱり別れるには、フラれる側に回ることが一番の近道。

しかし、彼氏の性格によっては、「ハッキリと別れを告げる」ことが悪手になるとは限りません。

嫉妬深い男性は、執着心が異常であることに気づいていない可能性があるのです。

自分の言動に彼女がうんざりしているとは夢にも思っていないので、無自覚な彼氏には理由を伝えて別れを告げることも有効手段です。

彼氏の嫉妬心を下げて中身のある恋愛に!

外でデートをしているカップル

おさらい

  • 嫉妬は自身のなさの表れ
  • 過去の恋愛のトラウマは嫉妬深くなる
  • 彼氏の性格に合わせて別れを告げる方法を変える

今回は、嫉妬深い彼氏の特徴・原因・対処法について解説してきました。

嫉妬深い男性は、実のところ自信のない人が多いです。

彼女が、「自分以外に熱中できるモノ・人」が増えることで、自分の居場所が取られてしまうと怯えているのです。

彼氏の嫉妬深さを抑えるには、安心させてあげることが不可欠。

彼氏の不安を取り除いてあげて、中身のある恋愛関係を築いていきましょう。

  • この記事を書いた人

すーちゃん

化粧検定&化粧成分検定を取得した25歳のすーちゃんです。 以前からコスメや美容が大好きで、いろんなコスメを集めていました。 プチプラ~デパコスアイテム紹介や、皆さんが知りたい美容にまつわる情報をご紹介していきます。

-モテ術, 恋愛
-,

© 2024 Pretty Woman