恋愛 結婚

【初心者向け】結婚式にお呼ばれしたときのマナーや注意点を徹底解説

2021年1月29日

同僚や学生時代の友人の結婚は、とても喜ばしいお知らせ。

しかし、嬉しい気持ちがある反面、「マナーを知らないから心配・・・」と不安な方も多いのではないでしょうか。

大切な人の人生の門出となる結婚式では、絶対に失敗はしたくないですよね。

そこで今回は、必ず知っておくべき招待状の返信の仕方や、服装などの基本のマナーを紹介していきます。

初めて結婚式にお呼ばれした方にも、わかりやすいようにお話ししているので、ぜひ参考にしてみてください♪

この記事で解決できる悩み

  • 招待状の返信をするときのマナーがわかる
  • ご祝儀の包み方のマナーがわかる
  • 結婚式に来て行く服装のマナーがわかる
  • 結婚式当日の過ごし方のマナーがわかる

招待されてから結婚式当日までの流れ

結婚の報告を受けてから、必要なステップを簡単にまとめてみました。

  1. 結婚の報告、結婚式の招待状が届く
  2. 招待状の返信をする
  3. ご祝儀を用意する
  4. 結婚式に行くときの服を用意する
  5. 結婚式当日

この、5つのステップの中での注意点やマナーを詳しく解説していきます。

招待状の返信をするときのマナー

結婚式の招待状

結婚の報告とともに、結婚式の招待状が届きます。

一般的には、結婚式の日から2~3ヶ月前に手元に届くようになっています。

招待状が届いたら結婚式の出席の有無や、お祝いのメッセージの返信で伝えましょう。

まずは、基本的な招待状の返信を書くときの注意点を紹介します。

招待状の返信は、修正や書き損じをしないようにするのが好ましいとされています。

返信には使ってはいけない言葉など、細かいマナーが存在しているので、事前によく確認しておきましょう。

1.なるべく早く返信する

招待状が届いたら、同封されている返信ハガキをなるべく早く送付しましょう。

2~3日以内、遅くても1週間以内に投函するよう心がけてください。

新郎新婦は、この返信ハガキを集計して、当日の披露宴の料理や引き出物の数を手配します。

人数の確定が早ければ早いほど、スムーズに結婚式の段取りができるようになります。

最低でも、返信ハガキに記載されている期限内には、返信しましょう。

ただし、欠席の場合は、すぐに返信するのではなく、1週間程度時間を置いてから返信するのが好ましいです。

また、親しい友人など、普段はメールやラインでやりとりをしている相手でも、返信ハガキを使用して出席の有無を伝えるのがマナーです。

やむを得ない事情がない限りは、返信ハガキを使用しましょう。

2.必ず黒いペンで記入する

返信ハガキに使用していい色は「黒」のみです。

毛筆や万年筆を使用するのがベターですが、慣れていない場合はボールペンでもよいでしょう。

間違っても、キラキラペンやカラーペンを使用するのは避けましょう。

特に灰色(グレー)は、不祝儀を表す色なので、絶対にNGです。

3.返信の書き方に注意

返信は、ただ氏名や住所を書けばいいだけではありません。

返信ハガキの表面と裏面の、両面を一部修正する必要があります。

表面の書き方

表面は、宛名の修正のみでOKです。

返信ハガキはの表面には、主催者の宛先が既に記載されていることが多く、宛先の下が「宛」「行」になっている場合があります。

この「宛」「行」のまま返信するのは失礼にあたるので、二重線で訂正し、「様」に修正しましょう。

二重線は、定規を使って真っ直ぐに引き、縦書きなら縦線に、横書きなら横線で訂正してください。

裏面

裏面は下記の4つを行いましょう。

  • 出席の文字を丸で囲む
  • 自分への敬称を二重線で消す
  • ご欠席を二重線で消す
  • 氏名・住所・短いお祝いメッセージを記入

返信ハガキに記載された案内に従い、「出席」or「欠席」に丸をつけます。

このとき、御出席や御住所・御芳名の「御」「芳」などの自分への敬称は二重線で消してください。

出席・欠席どちらであっても敬称は消しましょう。

また、出席する場合は、出席の前に「慶んで(喜んで)」、出席の後に「させていただきます」と付け足すことでより丁寧な印象になります。

次に、新郎新婦に向けた短いメッセージを書きましょう。

返信に句読点は使用しない

「、。」の句読点は、終止符を打つ意味があるため、「区切る」「終わり」を連想させると考えられています。

結婚式を含む慶事には、句読点を使用しないのがマナーです。

改行や空白で文章を作成し「、。」などの句読点を使わずに返信を書きましょう。

慶事とは

結婚や出産などおめでたいときや、お祝いごとを指す言葉です。

似た言葉として、同じ冠婚葬祭である弔辞(葬儀や法事などのお悔やみごと)と合わせた慶弔があります。

慶事の場合は、お祝いごとのみを表す意味ですので、混同しないように注意しましょう。

畳語や忌み言葉は使わない

忌み言葉とは、お祝いの場に相応しくない縁起の悪い言葉を指します。

種類は様々ですが、不幸・不吉・終わりを連想させる言葉や畳語などが挙げられます。

例えば、「割れる・欠ける・相次ぎ・終わり・忙しい」などです。

次に、畳語とは、「ついつい」「いよいよ」「ぜひぜひ」などの同じ単語を2度繰り返す言葉です。

「結婚を繰り返す」ことを連想させるため、畳語も同様に使わないのがマナーです。

ただし、「みるみる」や「ますます」など後に続く言葉がいい意味の場合は、気にしなくてもよい場合があります。

返信の文章を考えたら、忌み言葉が入っていないかを確認してから返信を書きましょう。

4.返信の例文

長文になりすぎないように、短い文章で心を込めたメッセージを書きます。

相手との関係性によって、砕けた表現、改まった表現に変えるようにしましょう。

基本的な例文を4つ紹介します。

親しい友人に送る場合

〇〇さんご結婚おめでとうございます!

喜んで出席させていただきます

お2人の晴れ姿がとても楽しみです

上司に送る場合

この度はご結婚おめでとうございます

慶んで出席させていただきます

お2人のご多幸を心よりお祈り申し上げます

同僚に送る場合

この度はご結婚おめでとうございます

仕事も家庭も充実して幸せですね

末長くお幸せに

親族に送る場合

ご結婚おめでとうございます

心よりお祝い申し上げます

笑顔が溢れる素敵な家庭をお築き下さい

ご祝儀マナー

結婚式のご祝儀袋

返信を書き終わったら、次にご祝儀の準備をしましょう。

御祝儀とは、節目や慶事に金品を贈ることです。

もともとは、人生の節目のお祝い事のときに、お世話になった人に贈る謝礼の意味で使われていました。

今では、結婚式で結婚式にお呼ばれしたゲストが、新郎新婦にお祝いとして、ご祝儀を贈る習慣を指すことが多いです。

結婚式に欠席の場合でも、ご祝儀は包むことができます。

ご祝儀には、「御祝儀袋」と「袱紗(ふくさ)」の2つが必要になるので、事前に準備しておきましょう。

1.御祝儀袋の準備

結婚式のご祝儀は、御祝儀袋にお金を入れて贈ります。

結婚式のご祝儀の「表書き」は、「寿」または「結婚御祝」などを選んでください。

御祝儀袋には、「水引」と呼ばれる飾りの紐がついています。

結婚式では、「一度きり」という意味を込めて、固く結ばれている「あわじ結び」「結び切り」の水引を使うのがマナーです。

蝶引きの水引は、「何度でも結び直す」ことから、結婚式にはタブーとされているため、避けましょう。

また、ご祝儀袋は、包む金額に合わせて、ご祝儀袋を選ぶ必要があります。

金額が1万円なのに豪華な水引や、5万円なのに簡易な袋などはNGです。

ご祝儀の金額と水引がちぐはぐになっている場合は、失礼にあたってしまいます。

ご祝儀袋の金額は、中に入れる金額の100分の1を基準にして選びましょう。

ご祝儀の金額 ご祝儀袋の種類
1万円(欠席する場合のご祝儀) 水引または赤の帯紙が印刷されたもの
2~3万円 金銀・赤白の「あわじ結び」「結び切り」の水引き
5万円以上 「あわじ結び」「日の出結び」の豪華にアレンジされた水引きで和紙が使用されたもの

水引の下に氏名と中袋に金額を記入する

水引きの下に、黒いペンで贈り主である自分の名前を記入しましょう。

また、ご祝儀袋には、お金を入れる「中袋」と呼ばれる封筒が入っています。

「中袋」に入れるお札(ご祝儀のお金)は、「新札」のもので上向きに揃えて入れましょう。

「中袋」の表側には、実際に入れている金額を「金○萬円」と記入してください。

次に、「中袋」の裏側には、贈り主である自分の「氏名」と「住所」記入してください。

これでご祝儀袋の準備はOKです。

2.袱紗(ふくさ)の準備

ご祝儀やお葬式の香典などの金封は、袱紗と呼ばれる絹布に包んで渡すのがマナーです。

袱紗には、包むタイプが3つ、挟むタイプの1つが存在します。

包む袱紗

  • 風呂敷袱紗
  • 爪付き袱紗
  • 台付き袱紗

挟む袱紗

  • 金封袱紗

結婚式での袱紗は、ピンクや赤などの暖色を選ぶのがベターですが、パールやビジュなどの飾りがついていれば黒色でも使用可能です。

また、紫の袱紗は、弔事でも使用可能なので、慶弔で兼用できるのでおすすめです。

初心者の方には、挟むタイプの袱紗が包む手順が少なく、利用しやすいでしょう。

どうしても袱紗の準備ができなかった場合は、「大きめなハンカチ」「風呂敷」でも代用可能です。

3.欠席の場合は相場の半額か相応の品物を贈るのが◎

基本的には、招待状で欠席を伝えている場合は、ご祝儀を必ず贈る必要はありません。

しかし、「出席はしたいけれど会場が遠い」「ど12うしても仕事が抜けれない」など事情のある方もいるでしょう。

欠席した場合でも、お祝いの気持ちを伝えたいときは、ご祝儀を渡すことは可能です。

ご祝儀相場の「2分の1~3分の1の金額」もしくは「相応の金額の品物」を送りましょう。

友人・同僚の場合は、金額に換算すると「1万円」品物であれば、「1万円~1万5000円」が目安となります。

ただし、もともと出席する予定でやむを得ず欠席するケースは、出席時と同様の金額を包むべきでしょう。

式直前に急に欠席となったときの詳しい対応方法は、こちらをチェックしてください。

4.ご祝儀の基本相場は「3万円」で偶数はNG

ご祝儀は、新郎新婦との関係性によって金額が変わる場合がありますが、基本の相場は3万円とされています。

このご祝儀には、披露宴でふるまわれる食事、飲み物の費用も含まれているため、3万円が妥当という考えが一般的です。

新郎・新婦との関係性 ご祝儀に包む金額
友人 3万円
職場関係 3~5万円
親族 5~10万円
親族(未成年~新社会人) 1~3万円

新郎新婦の兄弟など関係が深い場合や、年長者の場合の相場は5~10万円となります。

また、職場関係者でも、新郎新婦の上司で主賓になる場合は、5~10万円が相場になります。

ただし、「わかれる」「割り切れる」という意味がある偶数、4・6・9など、縁起の悪い数字の金額は避けましょう。

末広の数字である「8万円」や金額が2桁(10~12万円)になる場合は、問題ありません。

2万円を贈る場合は、1万円札を1枚+5千円札を2枚の計3枚など、お札の枚数が奇数になるように配慮しましょう。

相場である3万円に気持ちをプラスしたいときは、「5万円」もしくは「1万円相当の品物」などで贈りましょう。

結婚式にお呼ばれしたときの服装マナー

結婚式のヘアセット

最後の準備となる、結婚式当日に着て行く服装を選びましょう。

服装や髪型は、第一に主役である新郎新婦よりも、目立たないことを意識してください。

ドレスは購入もできますが、初心者の方にはレンタルドレスのサービスがおすすめです。

結婚式専用のドレスカタログから好きなデザインを選ぶだけで、済むのでとってもお手軽ですよ♪

袱紗やカバン、アクセサリーもセットでレンタルできるので、費用を抑えることができます。

NGな色・デザイン

結婚式では避けるべき、服装や小物の色やデザインを紹介していきます。

1.白い服

間違っても、自分が白い服を来て結婚式に行かないようにしてください。

恥をかくだけでなく、新郎新婦の顔に泥を塗ってしまいます。

また、見た目は白色でなくても、写真の光加減で白に見えてしまう服もNGです。

基本中の基本ですが白い色は、花嫁だけが使える色、ということを必ず覚えておきましょう。

ドレスの色は、挨拶で回る機会の多い親族は「控えめな色」、友人は華やかな印象の「明るい色」がおすすめです。

2.全身が黒い服

フォーマルさを意識するあまり、全身が黒になっている服も喪服を連想させるためNGとなります。

ですが、ドレス自体が黒であっても、羽織るものが明るい色の場合は問題ありません。

他にも、ピアスやカバンなどの小物で適度な華やかさをプラスしましょう。

3.過度な露出のある服

結婚式は、新郎新婦の家族や知人が集まる場です。

肩や胸などの露出を控えた、好印象を持たれやすい服装を選ぶのがマナーです。

体のラインが出るタイトな服や、太ももが露出するミニスカートも避けてください。

ドレスの丈に関しては、昼夜問わず足首スレスレの長いものを選びましょう。

一方、夜の披露宴の場合は、イブニングドレスと呼ばれる胸元・背中・肩が大きく開いたノースリーブタイプが正礼装となります。

ただし、いずれにしても、腕や肩が開いているドレスには、上からボレロを羽織るなどして露出を抑える必要があります。

4.カジュアルな服や奇抜な服

フォーマルな場にそぐわない、デニム・スニーカー・シャツといった、カジュアル過ぎる格好は厳禁です。

前述でもお伝えしましたが、結婚式は新郎新婦が主役です。

悪目立ちしないように、カジュアルな格好、奇抜な服装は避けてましょう。

招待状に「平服(略礼服)でお越しください」とある場合は、カジュアルとフォーマルの中間の服を選びましょう。

5.毛皮や爬虫類などの皮製品または合皮

毛皮やパイソン・クロコなどの皮製品は、殺生を連想させることから、慶事である結婚式には不適切とされています。

また、合皮である場合も同様の意味となってしまうので、避けておく方がよいでしょう。

服だけでなく、靴や小物に皮製品や同様のデザインが入っていないか確認しましょう。

6.素足または黒・柄のあるストッキング

正礼装のときは、素足は避けましょう。

また、喪を連想させる黒のストッキングや、目立ってしまう柄物のストッキングも避けるのがマナーです。

カジュアルな厚手タイプもNGですので、30デニール以内の肌色のストッキングを着用しましょう。

結婚式の途中や向かっている最中に伝染する可能性を考えて、予備で1つ持っておくと安心です。

7.足の指や甲が見える靴やブーツ

足の指や甲が見える靴や、ブーツなどはカジュアルすぎるためNGです。

結婚式では、エナメル素材でツヤ感のある、つま先が隠れるパンプスが基本となります。

8.ぺたんこの靴(一部を除く)

フォーマルな服装の場合は、ヒールは3cm以上がマナーとされています。

5~10cm以内が一般的ですが、高いヒールに履き慣れていない人は、無理をせずに3cm程度に留めておきましょう。

また、太いヒールもカジュアルな印象を与えるため、細めのヒールが理想とされています。

ただし、妊娠中といった特別な事情がある場合は、この限りではありません。

ヒールを履けない事情がある人は、会場やドレスに合わせたぺたんこ靴を選びましょう。

9.キラキラしたアクセサリー(昼間限定)

昼間の披露宴の場合、光る小物やアクセサリーはNGとされています。

室内での写真撮影で、アクセサリーに光が反射して、うまく写真撮影ができない可能性が考えられるためです。

全ての光り物がNGというわけではありませんが、このようなさりげない配慮があると、より好感をもたれるでしょう。

髪型はシンプルで崩れにくいスタイルに

結婚式には、髪形のマナーも決められています。

  • フォーマルな場ではセットなしの髪型はマナー違反
  • 髪の毛が結える長さのダウンスタイルは原則NG
  • ティアラや生花など新婦と被りそうな飾りは避ける
  • ロングヘアの場合は全てアップにして清潔感を出す

清潔感を重視して、新郎新婦よりも目立たない髪型にしましょう。

また、食事中に髪の毛を触ることは、不衛生なイメージであるのでNG行為となります。

時間が経っても崩れにくいヘアスタイルにしましょう。

結婚式当日のマナー

結婚式の披露宴の会場

結婚式当日のご祝儀の渡し方や、立ち振る舞いのマナーについて解説していきます。

到着時間は挙式開始の30分前を目安に!

交通機関が遅れる可能性を考えて、早めに到着するように心がけましょう。

挙式が開始する30分前に到着し、15分前には受付を済ますのが理想的です。

招待状に記載されている集合時間や会場までのアクセスを確認して、あらかじめ予定を決めておきましょう。

ご祝儀を渡すときには向きに注意!

式場に着いたら、受付を済ませましょう。

新郎新婦と自分の関係性によってご祝儀を渡すタイミングは異なります。

親しい友人へのご祝儀の場合は、このタイミングで受付の人に渡します。

ここでは、友人の結婚式での、ご祝儀の渡し方や挨拶の仕方について解説していきます。

スムーズに渡せるように、受付に並ぶ前に、袱紗からご祝儀を出す準備をしておきましょう。

挨拶をする

新郎新婦、両家の代表者である受付係に「本日はおめでとうございます」とお祝いの言葉を伝えましょう。

続けて「新郎(新婦)の友人の〇〇です」と伝えましょう。

受付係は、名前を確認し、出席者リストを照らし合わせながらチェックしています。

こちら側から名前や関係性を伝えることで、受付をスムーズに進めることができます。

また、共通の知り合いが受付係をしてる場合がありますが、長話は禁物です。

受付係は、新郎新婦の代理人であり、両家の顔です。

他のお客様に失礼にならないように、手短に挨拶を済ませましょう。

ご祝儀を渡す

挨拶が終わり、名前のチェックが終わったら、ご祝儀を渡しましょう。

  1. 渡すタイミングで、袱紗からご祝儀袋を取り出す
  2. 袱紗をたたみ、その上にご祝儀袋を置いて渡す
  3. 渡すときに「ささやかですがお祝いでございます」と一言添える

ご祝儀を渡すときは、受付側から見て正面になる方向で、必ず両手で渡しましょう。

記帳する

ご祝儀を渡し終わったら、氏名や住所を芳名帳(ほうめいちょう)と呼ばれる帳簿に記帳しましょう。

この芳名帳は、出席者名簿の役割があります。

記録に残るものなので、丁寧に記帳してください。

また最近では、「ゲストカード(芳名カード)」という新しいスタイルも普及しています。

招待状に同封されており、事前に必要事項を記入しておけば、受付の時間が短縮できます。

もし、ゲストカードがある場合は、挨拶のタイミングで渡しましょう。

披露宴の食事のマナー

披露宴では、フレンチやコース料理の食事も楽しみのひとつ。

しかし、格式の高いホテルで披露宴が行われる場合は、テーブルマナーをスマートにこなさなければいけません。

ここでは、抑えておきたい7つのポイントについて紹介していきます。

食事の場では、羽目を外しすぎないように楽しみましょう。

1.ナプキンは乾杯後に着席してから広げる

テーブル上に置かれているナプキンは、乾杯が終わり着席した後に広げてください。

2つに折って、山折部分をお腹側に向けて、膝の上に置きましょう。

2.カトラリー(ナイフなど)は外側から使う

カトラリーとは、食卓用のナイフ・フォーク・スプーンの総称です。

コースの内容に合わせて、カトラリーーは外側から使えばいいように並べられています。

もし、カトラリーを使い間違えてしまっても、ウェイターが取り替えてくれるので、心配は不要です。

ただし、カトラリーの利き腕を変えることは、タブーとされています。

カトラリーは、右に置かれたものは右手に、左に置かれたものは左手で使用しましょう。

3.食事中は音を立てない

食事中に、大きな声で喋ったり、食事中に音を立てるのはマナー違反です。

ナイフやフォークで「カチャカチャ」と音を立てたり、「くちゃくちゃ」と咀嚼音を立てないように注意しましょう。

4.バッグは背中と背もたれの間に挟む

パーティバッグは、背中と椅子の背もたれの間に置きましょう。

そして、食事中は椅子にもたれずに、姿勢を正しくすることが美しい食事のマナーとなります。

また、パーティバッグが大きい場合は、自身の右側に置きましょう。

料理は、上座となる左側から運ばれるので、邪魔にならないよう配慮ができます。

5.食事のペースは周囲に合わせる

披露宴での食事の場では、周囲のペースに合わせることもマナーのひとつです。

遅すぎたり早すぎないように、注意しながら食事をいただきましょう。

6.スピーチや余興では食事の手を止める

スピーチや余興では、なるべく食事の手は止めた方がよいでしょう。

マナー違反ではありませんが、食事に夢中になりすぎたり、場の雰囲気を壊さないように心がけましょう。

ただし、拍手をしない、スピーチ中にお酒を次いで回るといった行為は、マナー違反ですので注意してください。

7.トイレは早めに済ませる

披露宴中は、なるべく席を立つことがないように、事前にトイレを済ましておきましょう。

特に、立て続けにスピーチなどが行われる披露宴の始まり・終わりのタイミングでは席を外さないようにしましょう。

事前にトイレを済ませ、披露宴の間にある歓談時間に再び、トイレを済ませておくことが最も理想的です。

こんなときはどうすればいいの?

結婚式の新婦と新郎

万全の状態で挑んでも、何かとトラブルが起きてしまうのが結婚式です。

緊急事態に備えて、対応方法を覚えておきましょう。

出席と返信した後に欠席する場合

一度出席すると伝えた後、身内の不幸や急用で出席できない場合もあるでしょう。

返信ハガキが新郎新婦に届く頃には、結婚式の準備は最終段階に入っています。

欠席する場合が、すぐに電話、もしくは直接会って、新郎新婦に伝えましょう。

そのうえで返信ハガキで、お詫びの気持ちを相手に伝えましょう。

ご祝儀は払うのがマナー

ご祝儀に関してですが、途中で出席できなくなった場合は、原則払うのがマナーです。

ただし、タイミングによって金額はやや変動します。

2週間以内(料理や引き出物のキャンセルが可能な時期)

出席していたら包んでいた金額の半額程度を、披露宴前に送りましょう。

結婚式直前・当日(キャンセル料が発生する時期)

出席していたら包んでいた金額を全額送りましょう。

また、急な欠席であるため、披露宴当日に会場宛に電報を打つのが最低限のお詫びです。

遅刻しそうになった場合はすぐに連絡

連絡をしないままでいると、あなたの到着を待って式の進行が、遅れてしまうことが考えられます。

遅れると分かった段階で、早急に連絡しましょう。

連絡は必ず式場にする

急ぐあまり、新郎新婦に連絡する・・・なんてことは避けましょう。

結婚式の当日、新郎新婦は打ち合わせや準備などで、慌ただしいスケジュールです。

そんな中での遅刻の連絡は迷惑となってしまいます。

遅刻の連絡は、必ず式場に入れましょう。

伝えるべき情報

  • 新郎新婦の名前
  • 自身の氏名
  • 遅刻する旨
  • 到着予定時間

上記を式場のスタッフに伝えれば、どのように動けばいいか指示をもらえるはずです。

式場の連絡先は、招待状に記載されているので、事前に登録しておきましょう。

アレルギーの有無は遠慮せずに正直に伝える

アレルギーがあるのに、「遠慮すべきなのかな?」「重くないから伝えない方がいいかな」など考える必要はありません。

アレルギーは、命に関わる重要な問題です。

何か起こってしまえば、新郎新婦も結婚式を楽しむことができません。

少しでもアレルギーがある場合は、正直に伝えてください。

招待状にアレルギーの質問があればそちらに、なければ備考欄に記入しましょう。

アレルギーがある場合

恐れ入りますが

小麦アレルギーがありますので

ご配慮いただけますと幸いです

また、アレルギーがない場合でも、空白では相手にわかりにくいので、記入をしましょう。

その際は、「ありません」だけでなく気遣いに対する感謝の言葉を添えるのがオススメです!

アレルギーがない場合

特にありません

配慮ありがとうございます

家族や夫婦など連名で招待されている場合は、返信ハガキが1枚になるため、自分以外の家族のアレルギーも記入しましょう。

ドレスを着るタイミングは式場との距離に合わせる

自宅から式場が近い場合は、ドレスを着て行くほうが、荷物も少なくなり忘れ物もしずらいでしょう。

また、遠方であっても、式場にゲスト用の更衣室が用意されている場合があります。

式場で着替えたい人は、式場スタッフの人に事前に相談しておきましょう。

結婚式のマナーを守って相手の幸せを祈ろう

ピンクのバラの花束

おさらい

  • 返信ハガキは1週間以内に投函する
  • ご祝儀の平均相場は3万円
  • ご祝儀の金額は相手との関係性で変わる
  • 服装は新郎新婦よりも目立たないデザインをチョイスする

今回は、結婚式にお呼ばれしたときのマナーや立ち振る舞いについて紹介しました。

初めての結婚式のお呼ばれは、緊張しやすく不安に感じてしまうものです。

この記事を参考に、結婚式のマナーを予習して、結婚式での失敗を避けましょう。

不安要素を取り除いて、大切な人の新たな門出を笑顔で見送ってあげましょう♪

  • この記事を書いた人

すーちゃん

化粧検定&化粧成分検定を取得した25歳のすーちゃんです。 以前からコスメや美容が大好きで、いろんなコスメを集めていました。 プチプラ~デパコスアイテム紹介や、皆さんが知りたい美容にまつわる情報をご紹介していきます。

-恋愛, 結婚
-, ,

© 2024 Pretty Woman