コラム

小さい黒目はまぶたのたるみが原因?黒目を大きく見せる方法16選

2021年3月5日

黒目が大きい女性は、パッチリとしたお人形さんのような目の印象があります。

自分よりも黒目が大きい人に、憧れている女性は多いでしょう。

しかし、実は、日本人の黒目の大きさはほとんど同じなんです。

それなのに、なぜ黒目の大きさに差があるように感じてしまうのでしょうか。

今回は、小さい黒目に見える原因や、黒目を大きく見せる方法を紹介していきます。

この記事で解決できる悩み

  • 黒目が小さく見える原因がわかる
  • 黒目が小さくなるのを防げる方法がわかる
  • 黒目を大きく見せるメイク方法がわかる

日本人は黒目の大きさはほとんど同じ

日本人の黒目

他人と比べると、黒目が小さく感じてしまう人も多いのではないでしょうか。

しかし、日本人は黒目の大きさは、ほとんど同じといわれています。

つまり、黒目が小さい理由は黒目自体ではなく、黒目の見え方によって左右されているので、「目の錯覚」によるものといえます。

また、黒目は成長で大きくなることは少なく、赤ちゃんのときからサイズはあまり変わっていません。

黒目が小さく見えるのは「まぶたのたるみ」が原因

黒目が小さく見える原因は大きくわけて2つありますが、最も多いのが「まぶたのたるみ」によるものです。

たるんだまぶたが、黒目に覆いかぶさり、目の開きが悪くなったり、黒目が小さく見えてしまいます。

そしてもうひとつは、白目の部分が多く見えることで、黒目が自然と小さく見えていることです。

黒目の大きさの平均は11~12mm

黒目の大きさは、性別や年齢問わず、平均が11~12mm程度といわれています。

とはいっても、黒目の大きさが11mm以下の人が全くいないわけではありません。

その場合は、黒目が小さいと言えますが、多くが黒目の大きさは同じで、目の形によってサイズが変わって見えていることがほとんどです。

白目と黒目の黄金比は「1:2:1」

日本人の目の黄金比は、「目頭側の白目が1」「黒目が2」「目尻側の白目が1」の1:2:1とされています。

また、世界と比較すると、日本人は黒目が大きい傾向があります。

黒目が小さいのは美人の証

肌がきれいになった女性

「睨んでいるように見える」

「目つきが悪い」

といったことから、黒目が小さいことは嫌煙されがち。

確かに、少しきつく見えてしまいやすい目元ではあります。

しかし、小さい黒目は実は美人の証のひとつといわれているのです。

クールビューティー、アンニュイな印象やエキゾチック感がたまらないという人も。

芸能人の美人といわれている女優さんにも、黒目が控えめな人も多数います。

言葉では表せないような不思議な魅力に、惹かれている人がいるのは間違いないでしょう。

【人相占い】黒目の小さい人は性格もクールビューティー

少し、スピリチュアルなお話ではありますが、目の小さい人の人相占いを紹介していきます。

黒目の小さい人は、よほどのことがない限り感情を表に出すことがないとされます。

感情に身を任せることはないので、常に冷静で不測の事態のときも、的確な判断が

「感情がない」のではなく「感情のコントロールが上手」なので、冷たい性格というわけではありません。

ただし、自分の意思が固く人とは一定の距離感を保つタイプなので、心を開くまでには時間がかかるようです。

温厚な性格なので、対人関係は良好ですが、恋愛面では消極的な一面もあります。

一方で、心を開いた相手には、甘えん坊で寂しがりやというギャップを見せることも。

芯の強さや冷静沈着な性格が、周囲の憧れの的となることも少なくないようです。

黒目が小さく見える7つの原因

黒目が小さく見える女性

前述でもお伝えしたとおり、黒目が小さいといわれるほとんどのケースは、黒目自体ではなく白目の余白部分の差が関係しています。

一体、どのようなことが原因で白目の余白部分が目立ちやすくなっているのでしょうか。

主に、挙げられる7つの原因について見ていきましょう。

原因①まぶたの筋力が弱い

まぶたには、目を見開くときに使う「眼瞼挙筋」、目を閉じるときに使う「眼輪筋」と呼ばれる筋肉があります。

この、「眼瞼挙筋」が弱まっていると、目を見開きにくくなります。

すると、支えきれなくなったまぶたが、徐々に下に下がっていき黒目や目全体が小さく見えてしまうのです。

特に、目の小さい人は、他の人よりも「眼瞼挙筋」が弱い傾向にあるようです。

目をこすったり、眼球にキズがつくことで、まぶたの筋力が弱まってしまうケースも考えられています。

また、ひどくなると「眼瞼下垂」になる可能性もあります。

原因②ドライアイ

ドライアイは、目の不調だけでなく、見た目にも大きく影響してしまいます。

ドライアイとは、目を守るための水分が不足していたり、涙のバランスが保てなくなることで、目に栄養や酸素が行きわたらなくなる現代病のひとつ。

角膜や黒目には、血管は通っておらず、涙から目の表面にある細胞に栄養や酸素を補充しています。

しかし、ドライアイにより涙のバランスが悪くなると、角膜や黒目に栄養が届けることはできません。

そこで、今まではなかった血管を通し、直接目に血液と一緒に栄養や酸素を流そうとします。

そうして作り出された血管が、白目から赤く見え出し、黒目も小さく見えてしまうのです。

ドライアイの主な原因は、目の乾燥、眼精疲労などが挙げられます。

原因③コンタクトレンズ

20~30代の女性に多いのが、コンタクトレンズの着用によるものです。

コンタクトレンズ着用中は、目やまぶたからすると異物が入ってきている状態。

当然、目やまぶたに負担がかかっています。

安全性は高いものであっても、目のダメージの負担はゼロではありません。

そういったダメージが蓄積されていき、まぶたが弱り徐々に下がってきてしまいます。

まぶたが下がることで、黒目や目元も小さく見えてしまうのです。

さらに注意すべきことが、長時間のコンタクトレンズの着用で陥る慢性的な酸素不足です。

特に、最近ではカラーコンタクトレンズが主流になっていますが、商品の品質にバラつきが多く、さまざまなトラブルが起きています。

安いからという理由で、品質の悪い商品を購入し、苦い思いをした人も少なくありません。

また、ドライアイになりやすいことも、黒目が小さくなる原因として挙げられます。

原因④三白眼

三白眼とは、黒目が小さく白目の部分が見えやすい状態のことを指します。

三白眼の由来は、3方向が白目であることからその名をつけられました。

下記のイラストのように一般的に黒目は、正面を向いているとき、上下の白目部分は見えないことがほとんどです。

一般的な黒目の大きさのイラスト

しかし、三白眼の場合は、上下の白目部分が見えることで、目つきが悪く見えたり黒目が小さく見えてしまっています。

三白眼には大きくわけて3つの種類があります。

その特徴を、イラスト付きで簡単に紹介していきます。

三白眼の種類①下三白眼

下三白眼のイラスト

三白眼の中で、最も多い種類が「下三白眼」です。

黒目が上部に寄り、左右と下部の白目が見えている状態のことです。

日本人や欧米人に多く見られるといわれています。

三白眼の種類②上三白眼

上三白眼のイラスト

「上三白眼」は、黒目が下部により、左右と上部の白目が見えている状態のことです。

目を見開きながら下を向くと、誰でも三白眼のようになりますが、通常でもなっていることを指しています。

そこまで多くは見られず、やや珍しい種類の三白眼です。

三白眼の種類③四白眼

四白眼のイラスト

四白眼は、左右・上下すべての白目が見えている状態のことです。

目がとても大きい人に多く見られ、常に驚いているような印象の目になっています。

原因⑤目元周辺のむくみ

日々、目の大きさが変わるという人は、目元周辺のむくみが原因が考えられます。

筋力の低下や眼精疲労は、たるみだけでなくむくみを招くこともあります。

目元の血流が悪くなることで、基礎代謝が低下してリンパが滞りやすくなり、むくみにつながっているのです。

原因⑥加齢

まぶたが下がる原因として、避けられないのが「加齢」によるたるみ。

加齢が進むにつれて、老化現象として筋力が低下します。

そうして、支えることのできなくなった体や顔周りの脂肪が、重力に負けてたるんできます。

目の周りでも同様の現象が起き、まぶたまでもたるんできてしまうのです。

原因⑦眼瞼下垂

眼瞼下垂とは、まぶたを支える組織が欠損していたり、「眼瞼挙筋」が弱まることで目の開きが悪くなる病気です。

原因は、先天性(生まれつき)・後天性・外的刺激によるものなどさまざま。

まぶたが下がることで、目が見えにくくなったり、上方を見ることが困難になります。

目を見開こうにもまぶたが邪魔をするので、常に眠そうな印象が持たれることが多いです。

また、まぶたのたるみと同時に、肩こりや頭痛、睡眠障害などの症状が出てくることもあります。

黒目を大きく見せる方法16選

まつげの長い女性

ここからは、黒目を大きく見せる方法16選を紹介していきます。

まぶたのたるみやむくみを取れるので、ぜひ実践してみて下さい。

方法①眼瞼挙筋・眼輪筋を鍛える

まばたきに必要な「眼瞼挙筋」「眼輪筋」を鍛えることで、まぶたのたるみが改善できます。

眼瞼挙筋の鍛え方

眼瞼挙筋は、まぶたを開くためのメインとなる筋肉です。

  1. 目を閉じて、眉が上がらないように手で額を抑える
  2. 目を限界まで開き上を見上げる
  3. 次に右→上→左の順番で目を動かす

額を抑えておくことで、まぶたのみの力で目を開く筋肉をつけることができます。

なるべく、目元のみを動かすように意識してください。

眼輪筋の鍛え方

「眼輪筋(がんりんきん)」とは、目のまわりにあるドーナツ状の筋肉のことです。

まぶたを閉じるときに使う筋肉なので、筋力が弱まっているときちんと閉じれず、ドライアイにつながります。

眼輪筋を鍛えることで、涙のバランスを保つことができ、 目の乾燥を防ぐことができます。

  1. 背筋を真っ直ぐ伸ばし正面を向く
  2. 5秒間、目をぎゅっと閉じる
  3. ゆっくりと目を見開く
  4. 2~3を数回繰り返す

まぶたや目元を手で優しくトントンとすると、血流をさらに促進してくれます。

方法②目元をこすらない

皮膚が薄い目元は、刺激に弱いため、目をこする小さなダメージでも、皮膚が伸びてたるみを招いてしまいます。

水に濡れた目元はさらに防御機能が弱まっているので、クレンジングのこすりすぎに注意してください。

お湯で落ちるアイメイクや、ミルクまたはジェルタイプの低刺激なクレンジング剤がおすすめです◎

日頃から、目元をこすらないように心がけておきましょう。

方法③スマホやパソコンは長時間さわらない

長時間のスマホやパソコンの操作は、眼精疲労の原因です。

ディスプレイを見続けていると、まばたきの回数が減り、乾燥やまぶたの筋力の低下を招きます。

デスクワークが多い人は、特にプライベートでのスマホやパソコンの使用はなるべく控えましょう。

また、就寝前にスマホやパソコンによるブルーライトを浴びると、睡眠の質にも悪影響を及ぼします。

普段から、スマホやパソコンは使用する時間を事前に決めておいたり、まったく触らない休息日を設けるなどをして、管理しておきましょう。

仕事上どうしても避けれない場合は、「ブルーライト加工のメガネの装着」「定期的に5分ほど休息をとる」などをして、ダメージを最小限に抑えてください。

方法④カラーコンタクトは使用方法を守る

手っ取り早く、黒目を大きくすることができるカラコン。

しかし、購入時には選び方や使用方法には要注意!

乾燥を防ぐためにも、「含水率」の%にも注目してください。

「含水率」とは、%の割合が高い程、レンズに水分をたくさん含んでいるということです。

つけたてはうるおいがキープされている一見すると乾燥はしなさそうに感じるでしょう。

しかし、水分が蒸発するときに、瞳の水分も一緒に蒸発させてしまいます。

そのため、「含水率」が高いカラコンは、ドライアイになりやすいのです。

ドライアイ気味の人、乾燥しやすい人は「低含水レンズ」と呼ばれる、含水率が50%以下のカラコンがおすすめです。

他にも、カーブ率やBC(ベースカーブ)、DIA(レンズ直径)などをよくチェックしておいてくださいね。

方法⑤目元を温めて血流をよくする

ドライアイや目の痛みなどの原因のひとつが、マイボーム腺の機能不全によるものです。

涙の中の水分はまぶたの外側にある涙腺から分泌されています。

一方、油分はまぶたの中のマイボーム腺から分泌し、薄い膜を作って涙の水分の蒸発を防いでいます。

しかし、マイボーム腺の中の油分が固まることで、油膜が上手く作れずに水分が蒸発していってしまいます。

固まったマイボーム腺は、温めれば溶かすことができるので、ホットタオルは効果的です。

自宅で簡単にできるホットタオルタオルの作り方を紹介していきます。

ホットタオルをお湯でつくる方法

  1. 45~50度のお湯を用意する
  2. タオルを縦半分に折る
  3. クルクルとロール状に巻く
  4. 両端を持って真ん中をお湯に浸す

熱いお湯を扱うので、注意してつくってください。

大きめのフェイスタオルだと、つくりやすいですよ♪

ホットタオルを電子レンジでつくる方法

  1. タオルを水で濡らしてロール状に巻く
  2. ラップで包み500~600wで30~60秒ほど温める
  3. 手に取れる温かさになるまで時間を置いてから取り出す

ラップで包むことで、温めているときの水分の蒸発を防ぎ乾燥しないようにできます。

そのままの状態だと、パサパサになってしまうのでラップに包んでから温めるようにしましょう。

電子レンジで温めた直後は、タオルが熱くやけどしてしまう恐れがあります。

少し置いてからタオルを取り出し、触れそうな温度であるか確認してから顔に使いましょう。

ホットタオルがぬるければ、追加で加熱もできるので、徐々に温めて様子をみてください。

方法⑥塩分・水分を摂りすぎない

むくみには、生活習慣が大きく関わっています。

ダイエットや睡眠不足などで、代謝が悪くなることで体の老廃物を溜めこみ、余分な塩分・水分を排出できなくなり、顔や体がむくんでしまいます。

顔の中でもまぶたは、肌が薄く皮脂腺も少ないので、むくみ安い部位。

特に、塩分は摂りすぎると体内に溜めこみやすいので、注意してください。

塩分・水分以外にも、運動をしたり栄養バランスの取れた食事を意識して生活しましょう。

方法⑦マッサージでリンパの流れをよくする

マッサージをしてリンパの流れをよくすることで、余分な水分や老廃物の排出をスムーズに促します。

耳の前後にある耳介リンパ節をマッサージ方法の手順を紹介していきます。

  1. 指をチョキにして、そのまま耳をはさむ
  2. 挟んだときに、指が当たる部分を10~20回円を描くようにマッサージをする
  3. 手のひら全体で首を上から下になでるようにおろす(左右4回づつ)
  4. 鎖骨に指を当て、押し込むようにして5秒間キープ

方法⑧目の乾燥を防ぐ

目は、お肌と同じように乾燥している部屋で過ごしていると、乾燥しやすくなります。

特に、湿度が低い冬はドライアイに最もなりやすい季節といわれています。

エアコンの風や部屋の湿度によって目は乾燥が進みます。

目にエアコンの風が当たらないようにする、加湿器を設置するなどをして対応しておきましょう。

方法⑨白目のにごりをとる

白目が、充血していたり黄色っぽいシミができていると、黒目と白目の境界線がぼやけ、黒目が小さく見えてしまいます。

白目をより白くすることで、黒目との境界線をはっきりすることで、黒目を強調できます。

炎症や充血が起きている場合は、栄養を与えてあげましょう。

目にいい成分

  • ビタミンE(ほうれん草、うなぎ)
  • ポリフェノール(ダークチョコレート、ココア)
  • カテキン(緑茶、抹茶)
  • リコピン(トマト、スイカ)

また、白目には黄色っぽい黄疸ができる場合があります。

主な原因は、「目の疲れ」「紫外線によるダメージ」「加齢」「血行不良」などが挙げられますが「肝臓機能の低下」で症状が見られることもあります。

白目へのダメージを守りつつ、普段の食事や生活習慣を改善したり、血流をよくして白目の濁りを浄化・防止しましょう。

方法⑩アイプチを使う

アイプチを使って二重幅を広げて、まぶたを引き上げる方法です。

アイプチは、一重の人が二重にしたり、奥二重の人が幅を広げるために使われるものとして使われていたアイテム。

二重の幅が広がることで、まぶたを持ち上げる力が強くなり、たるみが軽減されます。

しかし、まぶたの脂肪が分厚い人は、二重になりづらく効果が見られない場合もあるので、過度な期待は禁物です。

方法⑪アイラインの引きかたを変える

もしかしたら、黒目が小さく見えてしまうアイメイクになっているかもしれません。

アイラインは、目元の印象を左右する重要なポイント。

黒目を強調するようにアイラインを引くことで、黒目を大きく見せることができます。

下記の3点を取り入れて、メイクをしてみてください。

  • 黒目の上の中央にあたる部分だけアイラインを太く書く
  • 目の色に合ったカラーを使う
  • アイシャドウでぼかす

アイライナーを選ぶときもポイントがあります。

茶色の目なのに黒を使ってしまうと、不自然さが勝ってしまい、黒目とのなじみが悪くなってしまいます。

黒目とのなじみが悪くなることで、黒目を強調できずに、ただただアイラインは浮いてしまうので注意しましょう。

方法⑫マスカラでまつげのボリュームを出す

まつげのボリュームを増やすことで、自然と黒目が大きく見えるメイク方法です。

まずは、ビューラーでしっかりとまつげを根元から上げましょう。

そして、マスカラ下地を塗り、マスカラを塗っていきます。

マスカラは、白目に被らないように、カールを持続して形状記憶できるタイプがおすすめ◎

アイラインと同じように、上下ともに黒目に当たる部分を多めに塗ることで、デカ目効果がアップします。

方法⑬黒目の上にラメをのせる

黒目の上にラメをのせることで、視線を逸らして黒目の小ささをカバーする方法です。

アイシャドウを塗るときに、黒目の上にラメを追加すると、うるっとした目になります。

小粒よりも大粒タイプの方が目立ちやすく、デカ目効果が高いですよ♪

方法⑭メイクを薄くする

デカ目メイクは、濃ければ濃いほどいいものではありません。

むしろ、全体のメイクが濃くなることで、目元が協調されずさらに黒目が小さく見えてしまいます。

チークやリップはバランスを調節するために、メイクの仕上げの最後にするのがおすすめです。

足し算引き算メイクができるようになれば、パッチリ目をゲットできますよ♪

方法⑮低い枕は使わない

朝にむくみやすい人は、低すぎる枕が原因かもしれません。

体内にある水分は、重力に従って高い位置から低い位置へと移動します。

そのため、低い枕を使っていると、血液や水分と一緒に老廃物が顔に流れていき、朝起きたときに顔がパンパンにむくんでしまいます。

血流が悪くなることで、顔色も優れずに化粧ノリもダウン・・・。

しかし、枕は高すぎても気道を圧迫させたり、首もとにシワが寄りやすくなってしまいます。

首をいためないような、適度な高さの枕を選びましょう。

方法⑯整形で目の開きをよくする

最終的な手段として、美容整形をして目の開きをよくし、黒目を大きく見せる方法です。

まぶたの脂肪吸引であれば、目の周辺をすっきりさせることができます。

費用はかさむうえ、リスクがつきものではありますが、気になっている人は一度カウンセリングに行って相談してみるのもひとつの手です。

また、まぶたの手術は保険適応外と思われがちですが、「眼瞼下垂」であれば保険適用内で施術してもらえることがほとんどです。

「眼瞼下垂」が進行が進んでいると、自力で治すことはほぼ不可能なので、ひどい場合はかかりつけの医師に相談してみてください。

まぶたのたるみやむくみを改善して目の開きをよくする

目の大きな女性

おさらい

  • 日本人の黒目の大きさはほとんど同じ
  • 黒目が小さく見える原因は「まぶたのたるみ」と「白目の余白」
  • 黒目が小さく見えやすい「三白眼」は3つの種類がある

いかがでしたでしょうか。

今回は、黒目が小さい原因について詳しく解説してきました。

黒目が小さく見える原因の多くは、「まぶたのたるみやむくみ」と、「白目の余白が多い」ことです。

まぶたのたるみやむくみは、マッサージや目の運動で改善できます♪

黒目を大きく見せる方法として、カンタンなのがカラコン。

しかし、カラコンはドライアイを招きやすく、ドライアイになるとさらに黒目が小さく見えてしまいます。

使用方法を確認して、装着時間はきちんと守りましょう。

他にも、規則正しい生活を送ることも、重要です。

健康的な毎日をすごし、まぶたのたるみやむくみを改善して、目が開きやすいように保っていきましょう。

  • この記事を書いた人

すーちゃん

化粧検定&化粧成分検定を取得した25歳のすーちゃんです。 以前からコスメや美容が大好きで、いろんなコスメを集めていました。 プチプラ~デパコスアイテム紹介や、皆さんが知りたい美容にまつわる情報をご紹介していきます。

-コラム
-,

© 2024 Pretty Woman