コスメ マスカラ/マスカラ下地

マスカラを選ぶときのコツを徹底解説!おすすめ人気ランキング10選

2021年6月30日

まつげを長くしたり、ボリュームを持たせて印象的な目元にできるマスカラ。

化粧ノリの良い・悪いをまつげの仕上がりで見ている人も少なくないのではないでしょうか。

マスカラを選ぶときに、「ナチュラルにしたい」「キープ力重視」など、さまざまな好みがある中で、どれがいいかわからない人もいるでしょう。

そこで、今回はマスカラの上手な選び方とおすすめの人気ランキング10選を紹介します。

ぜひ、この記事を参考に理想のまつげを手に入れてください♪

この記事で解決できる悩み

  • マスカラを選ぶときのコツがわかる
  • おすすめ人気ランキングがわかる

マスカラの選び方

マスカラでまつげが長くなった女性

マスカラを選ぶときは、特に「仕上がり」「使いやすさ」「コームの形状」「カラー」の4つをチェックしておくと良いでしょう。

ここからは、それぞれのポイントをひとつずつ解説していきます。

仕上がりで選ぶ

マスカラには、大きくわけて3つの仕上がりタイプがあります。

自分のなりたい印象と照らし合わせて選びましょう。

太く濃いまつげに仕上がるボリュームタイプ

ボリュームタイプは、粘度が高く重めのマスカラ液が特徴です。

細いまつげでも太く濃いまつげに仕上げられます。

ただし、粘度が高い分、ダマになりやすいため注意が必要です。

重いテクスチャーのマスカラ液が根元にたまりやすく、皮脂や汗で流れてパンダ目になってしまうことがあります。

重ね付けしたときに根元についた余分なマスカラを綿棒で拭き取ってから乾かすと、ダマになりにくくなります。

あわせて読みたい

きれいな二重の女性
マスカラを選ぶときのコツを徹底解説!おすすめ人気ランキング10選

まつげを長くしたり、ボリュームを持たせて印象的な目元にできるマスカラ。 化粧ノリの良い・悪いをまつげの仕上がりで見ている人も少なくないのではないでしょうか。 マスカラを選ぶときに、「ナチュラルにしたい ...

続きを見る

自然な長いまつげに仕上がるロングタイプ

ロングタイプは、名前のとおりまつげを長く伸ばせることが特徴です。

3mm程度の短い繊維がマスカラ液に入ったものが多いです。

1本1本の太さは変えずにまつげを長くしてくれるので、自然な美しさがある印象に。

繊維が入っていないものはさらに自まつげがそのまま伸びたような仕上がりになります。

粘度が少ないマスカラ液が多く、重ね塗りをして重たくなるとカール力が落ちてしまうことがあります。

まつげの濃さは変わらないので、根元にはあまり付けずに、毛先を重心にして伸ばすと長持ちしやすいのでおすすめです。

あわせて読みたい

きれいなまつげの女性
【最新版】ロングマスカラのおすすめ人気ランキング10選!

短いまつげでも、長さを出してくれるロングマスカラ。 「まつげは長さが命」と考えている人も多いのではいないでしょうか。 ロングマスカラは、最近ではナチュラルなものも多く、まるで自まつげが伸びたような自然 ...

続きを見る

ぱっちりとした目元に仕上がるカールタイプ

人形のようにパッチリとした目に仕上げたいときは、カールタイプがおすすめです。

まつげのカールを持続させる力が強く、ビューラーで上げたまつげを長時間キープしてくれます。

時間が経つと、まつげが下がってくるという人にもうってつけのマスカラです。

ダマになりずらいという特徴もあり、ダマになりがちな人でも使いやすいマスカラと言えるでしょう。

仕上がりをキープできるように速乾性に優れたものが多く、やり直しがききずらいというデメリットもあります。

また、油性成分を多く含んでいるものも多いため、専用のリムーバーがないと落としにくい種類もあります。

あわせて読みたい

きれいにメイクしている女性
【最新版】カールマスカラのおすすめ人気ランキング10選!

目元を引き締めて目を大きく見せてくれるマスカラ。 毎日のメイクに欠かせないコスメのひとつですが、マスカラと一口にいってもボリュームタイプやカールタイプなどさまざまな種類があります。 そんな数あるマスカ ...

続きを見る

使いやすさで選ぶ

マスカラには、本体に「フィルムタイプ」「ウォータープルーフタイプ」「スマッジプルーフタイプ」と記載があります。

それぞれで使いやすさや特徴は異なるので、記載の有無もチェックしておきましょう。

オフが楽なお湯で落ちるフィルム

フィルムタイプは、お湯でマスカラを落とせるので、メイクオフがとても楽ちんになります。

クレンジングでゴシゴシとこすったり、メイクの落とし忘れもしにくいことから、目元にも優しいです。

また、ボリュームは出にくいですが付け心地が軽いので、重たい目元になりづらいです。

しかし、一方で汗や皮脂でマスカラが落ちてくることもあるので、運動前や皮脂が出やすい人は工夫して塗る必要があるでしょう。

汗や水に強くにじみにくいウォータープルーフ

知っている人も多いかとは思いますが、ウォータープルーフは、涙や汗に強いことが特徴です。

キープ力も高く、海やプールなどのマリンスポーツはもちろん、運動するときにも重宝します。

ただし、皮脂には耐性がないため、テカリやすい人にはやや不向きです。

また、マスカラによってはオフするときに専用のリムーバーが必要になるものもあるため、メイクオフに時間がかかる可能性がある点もデメリットとして挙げられます。

皮脂に強くスマッジプルーフ

スマッジプルーフは、皮脂に強い耐性力があるマスカラです。

ウォータープルーよりも油分に強いため、時間があったあとの皮脂くずれでパンダ目になるのを防ぎます。

汗や水、摩擦などには適していませんが、ウォータープルーフ処方のものが多いので、汗・水にも強いタイプもあります。

ツヤ感のある仕上がりになるので、目がキラッと見えやすいという点も魅力的なポイントです。

肌がテカリやすい脂性肌の人におすすめです。

コームの形状で選ぶ

それぞれのコームの形状で、得意なことや塗りやすさが異なるのでチェックしておきましょう。

ボリューム感を出しやすいストレート型

ストレート型は、マスカラの中で最もオーソドックスな形状です。

まつげを絡みつける力が強く、ひと塗りで広範囲のまつげに濡れます。

液をたくさんつけられるものが多く、ボリュームタイプに使われていることが多いです。

微調整がしやすいロケット型

ブラシの先に向かって細くなっているのがロケット型のブラシです。

太い部分で全体に塗り、ブラシの先で目尻や目頭の細かい部分を調整しやすいのが特徴です。

下まつげにも塗りやすいため、1本あると重宝するでしょう。

ただし、メーカーによってブラシの大きさや太さが変わるため、目の形によっては細かい部分が塗りにくい場合があります。

また、マスカラの液が絡みやすい形状なので、塗り方に慣れてないと若干ダマになりやすい点もデメリットとして挙げられます。

目の曲線にフィットしやすいアーチ型(カーブ型)

アーチ型は、目にフィットしやすいように、カーブがかかったブラシのことです。

目頭から目尻のまつげを一気に巻きつけられるので、細かい調整やテクニックが要らず、初心者の人にも扱いやすいでしょう。

1度で全体に濡りやすい形状なので、何でも重ね付けしたくない人にもおすすめです。

まつげをとかしながら塗るので、ダマになりにくい点も嬉しいポイントです。

ただし、カーブがきつかったり、目の形によってはフィットせずに塗りにくい場合があります。

アーチ型に初めてチャレンジする人は、あまりカーブがきつすぎないものを選んでおくと失敗しづらいです。

まつげをとかしながらセパレートできるコーム型

コーム型は、髪をとく櫛(くし)のようなマスカラのことです。

ブラシにつくマスカラ液の量が控えめなので、ボリュームは出にくいですが、ダマになりずらくきれいにまつげをセパレートしてくれます。

まつげコームを持っていない人や扇形の美しいラインのまつげに仕上げたい人におすすめです。

薄いまつ毛や下まつげにも塗りやすい極細型

極細型は、名前のとおりブラシが細くなっており、部分使いに特化した形状です。

下まつげ、目頭や目尻のまつげなど細かい部分に塗りやすく、余分にまつげに液がつくことを防いでくれるので、ナチュラルメイクにぴったり。

上まつげはアーチ型でくっきりと、下まつげは極細型で丁寧に塗るなど、使いわけてみるのも良いでしょう。

カラーで選ぶ

アイシャドウと同じように、マスカラもカラーによって印象が変わります。

瞳の色に合わせて選ぶと、統一感が出てよりナチュラルな目元が作れます。

垢抜けた印象やクールな印象などなりたい雰囲気がある人は、カラーで選んでみるのも良いでしょう。

パキっとした目元に決まるブラック

定番カラーのブラックは、はっきりとした目元にきまります。

目力がアップするので、とにかくパッチリさせたいという人におすすめです。

また、ブラックはカラーアイシャドウやカラーライナーなどが映えやすいので、1本持っておくと色んなメイクと組み合せやすいです。

ふわっと優しい印象の目元になれるブラウン

抜け感のあるアンニュイな目元に仕上げたいなら、ブラウンカラーのマスカラがおすすめです。

ブラックよりも色が薄く優しい印象になれるので、ナチュラルメイクにもおすすめです。

モード系の印象的な雰囲気に仕上がるカラーマスカラ

印象的な雰囲気や、モード系のメイクにうってつけなのが、カラーマスカラです。

カラーバリエーションは豊富ですが、主に上げられるのはピンク・ブルー・グリーンなどです。

中でも、濃いブルーならブラックよりも少し青みがある程度なので、カラーメイクが初めての人にも親しみやすいでしょう。

ラメ入りのものもあり、メイクに遊び心を取り入れたい人におすすめです。

あわせて読みたい

グレーの目の色をした女性
カラーマスカラを選ぶときのコツを徹底解説!おすすめ人気ランキング10選

マスカラというと、黒や茶色のカラーをイメージする人が多いのではないでしょうか。 しかし、最近では、「ピンク」「ブルー」「グリーン」など、多彩なカラーのマスカラが登場しています。 カラーマスカラは、奇抜 ...

続きを見る

仕上がりをアップさせるアイテムも要チェック

マスカラを使うときに仕上がりのクオリティを高めてくれる、強力なサポートアイテムを2つ紹介していきます。

マスカラのパワーをアップさせるマスカラ下地

ファンデーションを塗る前に使う化粧下地のように、マスカラにも専用のマスカラ下地があります。

まつげの伸びを良くしたり、自まつげとの密着度を高めてくれたりなど嬉しい効果がたくさん。

美容液成分が入ったものもあり、マスカラをしながらまつげのケアもできます。

マスカラと同じく、「ボリューム」「ロング」「カール」と種類があるので、仕上がり合ったものを選んでみてください。

丁寧にセパレートしたいならまつげコーム

まつげ専用のコームで毛先をとかすことで、ダマを取ることができます。

マスカラ液が乾いた状態でまつげコームを使うと、引っ掛かってまつげが抜けてしまったりまぶたにダメージを与えてしまいます。

まつげコームでまつげをとかすときは、乾いていない状態、または何もついていない状態で使いましょう。

まつげを塗る前にとかしておくことで、ゴミやほこりを取ったり、毛流れを整えられるので、きれいにセパレートしやすくなりますよ♪

マスカラの人気おすすめランキング10選

1位「マジョリカ マジョルカ ラッシュエステティシャン」

 

ふさふさなまつげに仕上げられるアーチ型のマスカラです。

4種の美容液成分配合で、メイクしながらまつげをケアできます。

お湯で落とせるフィルムタイプなので、まつげへの刺激も抑えられます。

繊維が少なめの水分量の多いマスカラ液で、軽い仕上がりに。

ブラシもほどよい大きさで塗りやすく、初心者の人にもおすすめです。

参考価格 1,320円(税込)
内容量 6g
美容液成分
カラー展開 リペアブラック
分類 プチプラ
ブラシの形状 アーチ型
ウォータープルーフタイプ ×
落とす方法 お湯

2位「ズーシー ダイヤモンドシリーズ マスカラ」

 

ゴージャスメイクにぴったりなマスカラです。

定番のブラックカラーをはじめ、オレンジやレッドなど多彩なカラーバリエーションが特徴です。

濃すぎない優しいカラーで、奇抜になりすぎずにほどよい抜け感のあるメイクに仕上がります。

また、シルバーやゴールドなどのラメだけが濡れるマスカラもあり、真珠のように輝く瞳が作れます。

ウォータープルーフで水に強く、長時間ヨレを防いでくれるので、お出かけメイクにもぴったり◎

参考価格 1,499円(税込)
内容量 7ml
美容成分 ×
カラー展開 全7色
※画像はブラック
分類 プチプラ
ブラシの形状 カラーにより異なる
ウォータープルーフタイプ
落とす方法 クレンジングオイル

3位「クリニーク ラッシュパワーマスカラ ロングウェアリング フォーミュラ」

 

クリニークのロングセラー商品で、深みのある黒が特徴です。

まつげを1本1本す~っと長くして、ダマのないまつげに仕上げます。

短い毛もしっかりとキャッチしてしてくれるので、ロングなまつげに。

ストレート型ですが、毛先が細く小回りが利きやすいので、まぶたに液がつくことを防止してくれます。

お湯で落とせるフィルムタイプで、汗・水・皮脂にも強い高機能なマスカラです。

参考価格 3,850円(税込)
内容量 6ml
美容成分 ×
カラー展開 ブラックオニキス
分類 デパコス
ブラシの形状 ストレート型
ウォータープルーフタイプ ×
落とす方法 お湯

4位「メイベリン ラッシュニスタ」

まるでまつエクのような、上向き自まつげに仕上げてくれるマスカラです。

独自ファイバーが、細いまつげもコーティングして、ハリのある濃いまつげに。

伸びやすいですが、塗った後はピタッと密着してくれます。

日本人女性のために設計されたコンパクトブラシで、目頭や目尻の細く短いまつげもしっかり巻き付けます。

ダマになりにくいので、重ね塗りや下まつげにも塗りやすいです。

参考価格 1,320円(税込)
内容量 -
美容成分 ×
カラー展開 全4色
※画像は01 ブラック
分類 プチプラ
ブラシの形状 アーチ型
ウォータープルーフタイプ ×
落とす方法

5位「シスターアン スマートパワープルーフマスカラ」

 

ボリューム・ロング・カールの3つの役割をこなす、マルチエフェクトマスカラです。

軽い塗りごこちですが、どんなまつげにも密着して美しく決めてくれます。

ダマにならないようにブラシが柔かくなっているので、きれいにな仕上がりに◎

強力なマルチプルーフで水分・油分に打ち勝つ、耐久性の高さも魅力的なポイントです。

参考価格 1,290円(税込)
内容量 5.5g
美容成分 ×
カラー展開 全2色
※画像は01 ブラック
分類 プチプラ
ブラシの形状 アーチ型
ウォータープルーフタイプ
落とす方法 クレンジングオイル

6位「メイベリン ボリューム エクスプレス ハイパーカール ウォータープルーフ」

 

厚さや雨や湿気などにも耐える、耐久性の高いカールタイプが特徴です。

ビューラーで上げたまつげの仕上がりを、最長36時間もの間キープ。

正面からでもわかる上向きまつげで、ぱっちりとした目元に仕上がります。

ウォータープルーフで、にじみにくくパンダ目も防止します。

下向きまつげでもクルンとカールしてくれるので、まつげが上がりにくい人にもおすすめです。

参考価格 990円(税込)
内容量 -
美容成分 ×
カラー展開 全2色
※画像は01 ブラック
分類 プチプラ
ブラシの形状 アーチ型
ウォータープルーフタイプ
落とす方法 クレンジングオイル

7位「ランコム ヴィルトゥーズ ドールアイ」

 

日本人女性のために開発された、ロングタイプのマスカラです。

自然なまつげを作りながら、はっきりとした印象的な目元になるので、バランスよく仕上げられます。

「ボリュームタイプは濃すぎるし、ロングタイプは物足りない・・・」と感じていた人も満足しやすいでしょう。

にじみにくいのにお湯で落とせるフィルムタイプで、使いやすさもバッチリ◎

参考価格 2,970円(税込)
内容量 6.5g
美容成分 ×
カラー展開 全3色
※画像は01 ブラック
分類 デパコス
ブラシの形状 アーチ型
ウォータープルーフタイプ ×
落とす方法 お湯

8位「ミシャ ザ・スタイル 4Dマスカラ」

 

オーソドックスなストレート型ですが、四角くカットされた少し変わったブラシが特徴です。

ダマのないきれいなまつげにセパレートしてくれます。

ボリュームタイプですが、軽い付け心地なので、「目元が重たくなるのが苦手・・・」という人にもおすすめです。

耐久性のある植物性ワックスが、まつげを1本1本コーティング。

まつげに保護膜を張ることで、汗や水でのにじみを防ぎます。

参考価格 660円(税込)
内容量 7g
美容成分 ×
カラー展開 ブラック
分類 プチプラ
ブラシの形状 ストレート型
ウォータープルーフタイプ
落とす方法 クレンジングオイル

9位「ヘレナ ルビンスタイン ラッシュクイーン」

 

ひょうたん型のブラシが、根元からまつげを立ち上げて、くっきりとしたまなざしに仕上げます。

狙った獲物を逃さないコブラのように、まつげを取り逃しません。

ブラシの毛の密度が高く、根元から毛先までスムーズに塗れます。

ウォータープルーフでパンダ目にならず、特別な日のメイクにもうってつけです。

参考価格 5,280円(税込)
内容量 7.2ml
美容成分 ×
カラー展開 全5色
※画像はコブラブロック
分類 デパコス
ブラシの形状 ひょうたん型
ウォータープルーフタイプ
落とす方法 クレンジングオイル

10位「ファシオ パーマネントカールマスカラFロング」

 

パーマネントカール成分配合で、仕上がりのまつげをしっかりと固めてくれるマスカラです。

繰り返すまばたきにも打ち勝つ、高いキープ力が特徴。

摩擦にも強く、にじみを防ぎます。

涙ストロング成分配合で、涙の水分によるくずれは防ぎながら、お湯で簡単にオフできる手軽さも魅力的なポイントです。

ナチュラルなロングを探し求めている人におすすめです。

参考価格 1,320円(税込)
内容量 -
美容成分 -
カラー展開 全2色
※画像はブラック
分類 プチプラ
ブラシの形状 アーチ型
ウォータープルーフタイプ ×
落とす方法

マスカラで印象的な目元に仕上げよう!

メイクをしている女性

おさらい

  • ブラシがアーチ状のマスカラは目の曲線にフィットしやすく初心者の人にも使いやすい
  • フィルムタイプはお湯で落とせて楽ちん
  • マスカラを使うときは「まつげコーム」と「マスカラ下地」の併用がおすすめ

今回は、マスカラの上手な選び方と人気おすすめランキング10選を紹介してきました。

目元の印象をガラッと変えられるマスカラは、なりたいメイクに合わせて選ぶことがマスト。

王道のブラックカラーや、ブルー・ピンクなどの明るいカラーもあり、メイクが今よりも楽しくなるものがたくさんあります。

普段使いしやすいものはもちろん、いつもの雰囲気にプラスして印象を変えられるマスカラを見つけてみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人

すーちゃん

化粧検定&化粧成分検定を取得した25歳のすーちゃんです。 以前からコスメや美容が大好きで、いろんなコスメを集めていました。 プチプラ~デパコスアイテム紹介や、皆さんが知りたい美容にまつわる情報をご紹介していきます。

-コスメ, マスカラ/マスカラ下地
-,

© 2024 Pretty Woman