マッチングサイト 恋愛

【女性必見】マッチングアプリに疲れたときの7つの対処法を徹底解説

2021年5月7日

今や出会いのツールのひとつとして、男女問わずに世に浸透しつつあるマッチングアプリ。

周りの友人が利用していたり、自分自身も何度か利用したことがあるという人も多いでしょう。

男性と出会える手段としてとても有効なマッチングアプリですが、必ずしも楽しく利用できる人ばかりではなく、マッチングアプリに疲れてしまう人も少なくありません。

そこで、この記事ではマッチングアプリを利用する女性が疲れを感じる原因、対処法を解説していきます。

マッチングアプリに疲れた「原因」を知り、その原因にあった「対処法」を見つけておくと、気楽に利用することができるようになりますよ♪

この記事で解決できる悩み

  • マッチングアプリで疲れてしまう原因がわかる
  • マッチングアプリに疲れたときの対処法がわかる
  • 目的別で選べるマッチングアプリがわかる

マッチングアプリに疲れてしまう女性は珍しくない!?

カフェで1人でティータイムを楽しむ女性

マッチングアプリの最大のメリットがスマホひとつで気軽に男性と出会えることです。

しかし、よい出会いを求めるためには何度もやりとりを重ねたり、何人かの男性と実際に会ってみたりなど、根気よく続ける必要があります。

そのため、マッチングアプリを利用する女性の中には、疲れを感じている人も少なくないのです。

マッチングアプリでは、0の状態から関係性を築いていかなければいけないため、このような感情はごく自然なことといえるでしょう。

マッチングアプリで疲れる6つの原因

気になる男性と待ち合わせしている肉食系女子

マッチングアプリを利用するときに疲れてしまうときに考えられる、主な原因を6つ紹介していきます。

当てはまることがあるのかぜひチェックしながら読み進めてみてください。

気合が入り過ぎている

初めての顔合わせのときは、「失敗したくない!」と服装やヘアスタイル、ネイルなどに力が入りがちに。

特に、第一印象はどうしても外見が絡んでくるものですからね。

しかし、気合が入りすぎていると、空回りしてしまうことも少なくありません。

気の合う男性を見つけるまでに複数人の男性と会うこともあるマッチングアプリでは、初めての顔合わせの度に頑張りすぎることは、大きな負担となっているのです。

1人に固執している

「この人素敵!」と1人の男性に固執してしまう場合も、マッチングアプリを利用する上で疲れやすい原因として考えられます。

1人の男性とやりとりをして、気が合い親しくなる確率は、複数人の男性とやりとりをしている状態に比べると、低くなってしまうことは否めません。

せっかくやりとりをしても、1人だけに絞っていると親しくなければまた男性を探すことからスタートとなってしまうのです。

また、1人の男性に絞るために吟味しすぎることが苦痛になってくること場合もあるでしょう。

男性に気を使ってしまう

気になる男性にはなるべく好印象を与えたいもの。

普段とは全く違う言葉遣いをしたり、会話の内容にまで神経を張り巡らせてしまう人も少なくないでしょう。

当然、対人関係である以上気を使うべき部分はありますが、過度に気を使ってしまっては自分自身に負担がかかってしまいます。

あまりにも相手優先の言動をとっていると、窮屈に感じるようになり「なぜこんなに気を使ってやりとりをしないといけないの?」という考えになり、本来の目的を果たす前に離れたくなってしまうのです。

会うまでのスパンが極端

マッチングアプリでマッチしてから実際に会うまでのスパンが、長すぎるor短すぎるなど極端な場合も負担になっている可能性があります。

特に、マッチングアプリではマッチングしてから2週間が出会う期間の目安といわれています。

1カ月以上経ってしまうと、やりとりをしていても実際に会う目途が立てなければ、関心が薄れてしまうのは仕方がないところです。

かといって、マッチングしてやりとりをせずに翌日にあってみるというのも、相手のことがあまりにも分からない状態に。

極端なスパンが、出会いの質を落とすことにつながり、結果的に無駄な労力を使っていると感じてしまうようになるのです。

メッセージでのやりとりがめんどくさい

マッチングアプリにおいて、文章をとおしておこなうメッセージのやりとりは必須事項といえます。

しかし、複数人の男性とやりとりをしていると、メッセージでのやりとりにうんざりしてしまうことがあるのが正直なところ。

いいねをくれた人に片っ端から挨拶をしたり、長文の文章を売ってみたりなど無理が重なると、息がつまってしまいます。

最初はたくさんの男性とやりとりすることが楽しく感じることもありますが、徐々に疲弊していき文章を考えたり打ったりすること自体が苦痛に感じ、マッチングアプリを敬遠するようになってしまいます。

男性の理想像が高すぎる

恋愛・結婚を前提とした出会いを見つけるときに陥りやすいのが、ついつい理想を追い求めすぎてしまうことです。

確かに、年収やルックス性格など求めたいこともありますが、まず見つけることは不可能に近いでしょう。

そもそも、そのような非の打ち所がない男性が、わざわざマッチングアプリに登録するでしょうか。

答えはNoのはず。

存在しない男性を追いかけ続けているようなものなので、徐々にやる気が削がれて「どうせ見つからないし」と感じてしまうのです。

この先の将来を共に過ごす相手となるので、完璧な人を求めたいと考える気持ちはわかりますが、あまりに高すぎる理想はかえって出会いのチャンスすら潰しかねません。

いいねが多すぎる

疲れを感じる原因のひとつに、毎日大量に送られてくるいいねが挙げられます。

マッチングアプリでは女性は常にモテているので、男性からいいねをもらうことが多くなります。

特に、サービスを登録したての女性は、プロフィールが上位に表示される仕組みになっているアプリが多く、サービスを利用してすぐにいいねがつくことも少なくありません。

当然いいねがたくさんつくことで、マッチングの機会が増えるというメリットはありますが、数ある中のいいねから好みの男性を見つけるのには、労力を費やせねばなりません。

最初のうちは、「この人いいかも!」「この人はナシかなぁ」と新鮮な気持ちで選別できるかもしれませんが、それが続くとなると気力は削がれてしまいます。

つまり、マッチングアプリのだいご味でもある、「気軽に利用できる」という点が無くなっているのがネックになっていることが原因となっているのです。

タイプの男性が見つからない

いくらたくさんの男性とやりとりをできていても、自分のタイプの男性が見つからなければ意味がないですよね。

年齢や趣味など、ある程度の条件や共通点は誰しもがもっているでしょう。

何人もの男性のプロフィールを見ても、タイプの男性が全くいない状況が続くと、探すことが流れ作業のようになり楽しいという気持ちではできなくなります。

マッチングアプリで疲れる原因の多くは自分発信のものが多いですが、明確な希望があるにも関わらず、それに沿ったマッチングができない場合は、マッチングアプリの選び方に問題がある可能性が考えられます。

やりとりが途中で途切れる

気になる男性とマッチングできたときや、やりとりが楽しいと感じ始めると、会えるのが楽しみでドキドキしてきますよね。

しかし、マッチングアプリとは流動性が激しい面があるため、楽しく会話をしていた最中に急に相手からの返信が来なくなるケースがあります。

やりとりが途中で途切れてしまうと、「本当はつまらなかったのかな」「忙しいのかな」など様々なシチュエーションを考えてるようになることで、結果的に精神的な疲れを感じてしまうようになります。

実際に会うとイヤな人が多かった

マッチングしてから、実際に男性に会ったことがある人が疲れやすい原因なのが、想像と違った男性が多かったこと。

プロフィール写真やメッセージでは優しそうだったのに、実際に会ってみたら高圧的な男性だったなど、やりとりでは見えなかった部分が見えてくるもの。

また、少数ではありますが、体目的・マルチ勧誘が目的の男性とマッチングしてしまうケースもあります。

せっかく会ってもあまりに想像とかけ離れた人だったことが重なると、マッチングアプリを利用することが疲れてしまうのも無理はありません。

マッチングアプリに疲れたときの7つの対処法

楽しんでいる女性

疲れを感じたままマッチングアプリを利用していては、いい出会いを見つけることは難しいでしょう。

さらに、精神衛生もよくありません。

といっても、男性との出会いを広げるためには重宝するマッチングアプリ。

利用はしたいけど、疲れて続けられないという女性に向けて、7つの対処法を紹介していきます。

1.いったん休会して距離を置く

マッチングアプリに疲れたときは、アプリを開くこと自体が億劫に感じてしまうことがあります。

そんなときは、マッチングアプリとの距離を置いてみましょう。

ただし、アカウント削除をしてしまうと、今までやりとりをした人やプロフィールのデーターが全てなくなってしまうので注意しておきましょう。

マッチングアプリを触らずに残しておくのもよいですが、アカウントを残したまま放置はしたくないという人は、「with」のようにプロフィールを非表示にできるアプリがおすすめです。

また、休会中の期間は、趣味や仕事に打ち込んだり、自分の時間を作ったり気分転換をしてみましょう。

気持ちに余裕ができたら、マッチングアプリに再度チャレンジしてみてください♪

2.別のマッチングアプリを使う

タイプの男性や、気の合う男性が一向に見つからないときは、別のマッチングアプリを使ってみるのもひとつの手です。

というのも、各マッチングアプリによって、年齢層やユーザー層が異なるためです。

1つのアプリにこだわらず、別のマッチングアプリを利用してみることで、自分と気の合う男性が見つかりやすいアプリが見つかる可能性が期待できます。

3.男性に返信する文章をテンプレ化する

初めてメッセージでやりとりするときには、似たような内容の文章を送っているはず。

男性ごとに合わせた挨拶の仕方に変えてみるもの決して悪いわけではありませんが、複数人の男性とやりとりをする上では大きな負担になってしまいます。

事前に、挨拶や自己紹介をする文章をテンプレ化してあげることで、やりとりで感じる負担を軽減することができます。

1パターンでも特に問題はありませんが、2.3パターン程のテンプレを考えておき、男性によって使い分けると不自然さもなくスムーズなやりとりがおこなえるのでおすすめです。

4.プロフィールを一新してみる

「気になる男性と全然マッチしない・・・」「いいねが少ない」なんてときは、プロフィールを変えてみましょう。

中でも、いいね数の増加やマッチング率を大きく左右してくれるのがプロフィール写真です。

少しだけ口角を上げて自然な笑顔にしてみたり、メイクのイメージを変えてみたり、好印象な写真をのせてみてください。

また、プロフィール内容はなるべくポジディブな内容にしておくことがマスト。

ネガティブ要素がある話やポップな話ではないものは、親しくなってきてから伝えるようにしましょう。

間違っても、「年収○○円以上の男性のみ」「飲食代・デート代は払いたくありません」などのように、金銭目当てに思われるような内容は書かないでおきましょう。

5.退会して再登録する

おすすめの方法とまではいえませんが、退会して再登録をしてみるのもひとつの手です。

実は、ほとんどのマッチングアプリには新規登録者が上位に表示されやすくなっているため、再登録し直すことで同じように上位に表示されるようになります。

多くの男性に見てもらえるので、いいねがもらえやすくなり、必然的にマッチングのチャンスを増やすことができるのです。

ただし、マッチングアプリによっては退会後に再登録するまで期間を開けなければいけない場合もあるので、前もって確認しておきましょう。

また、退会してしまうと、今までもらったいいね数やメッセージ、プロフィールなどの登録情報は全て消えてしまうので注意しましょう。

「プロフィールを変えたたけど全然出会えない・・・」と途方に暮れたときの最終手段として考えてみてください。

6.男性との出会い方を変えてみる

メッセージのやりとりや実際に会うまでの経緯に疲れたという人は、マッチングアプリではなく別の出会い方に切り替えてみるのも有効的です。

マッチングアプリのように、趣味や年齢などの共通点から相手を探すことはできません。

しかし、「街コン」や「相席屋」など1日でたくさんの男性と出会える場だからこそリフレッシュできることもあります。

また、やりとりをしてから顔合わせするのが緊張するという人は、街コンや相席屋で男性と対面することに慣れてみるのもよいでしょう。

マッチングアプリに疲れたときは無理をせず気分転換してみる

鏡を見ながらピアスを合わせている女性

おさらい

  • 疲れたときはマッチングアプリの利用をやめてみる
  • メッセージの返答をテンプレ化しておくとメッセージがスムーズになる
  • 自分の理想にマッチした利用者が多いアプリを見つける

今回は、マッチングアプリを利用する上で、疲れを感じてしまう原因・対処法について解説しましたがいかがでしたでしょうか。

無理をしてマッチングアプリを続けていく必要はありません。

疲れを感じたときは一旦距離を置き、気分転換をしてみましょう。

リフレッシュして心に余裕ができるようになれば、もっといい出会いが見つかるチャンスが増えるはずです。

マッチングアプリを利用するときは、気を貼りすぎずにリラックスした状態で始めてみてください♪

  • この記事を書いた人

すーちゃん

化粧検定&化粧成分検定を取得した25歳のすーちゃんです。 以前からコスメや美容が大好きで、いろんなコスメを集めていました。 プチプラ~デパコスアイテム紹介や、皆さんが知りたい美容にまつわる情報をご紹介していきます。

-マッチングサイト, 恋愛
-,

© 2024 Pretty Woman