マッチングサイト 恋愛

マッチングアプリで男性に会う時の注意|こんな男に気をつけて

2020年12月28日

ここ数年で、マッチングアプリでの出会いが一般的に浸透しつつあります。

恋人を作るだけでなく、マッチングアプリがきっかけで結婚される方も珍しくありません。

趣味や自分のタイプに合った理想の相手を見つけやすく、とても画期的なアプリです。

実際に、筆者の友人でも数人、マッチングアプリで出会った人と結婚しています。

しかし、「実際に会う」ということに不安を感じる方も多いのではないでしょうか。

マッチングアプリ内では、残念なことに恋人探しだけではなく「体目的」の男性も少なくありません。

この記事では、女性に向けた、マッチングアプリで実際に男性に会うときの注意点を徹底解説していきます。

この記事で解決できる悩み

  • マッチングアプリを選ぶときの注意点がわかる
  • マッチングアプリで男性とやりとりする際の注意点がわかる
  • マッチングアプリから交際に発展する前の確認事項がわかる

この記事を書いた人

化粧品検定&化粧成分検定の資格を持っているすーちゃん

マッチングアプリを利用する前の注意点

考えている女性

  • 仕事先や学校で出会いが少ない
  • 大人数で行う合コンや街コンが苦手
  • 自分の趣味や共通点がある人と交流したい
  • シンプルに友人が欲しい

などなど、マッチングアプリにはたくさんのメリットがあります。

マッチングアプリには必ずしも恋人・恋愛を求めている方だけでなく、ちょっとした話し相手や友人が欲しい方も利用しています。

自分と共通点がある人との交流はとても楽しいものとなるでしょう。

しかし、マッチングアプリには便利すぎるゆえの危険性もあります。

マッチングアプリを利用しない方の多くは、危険性が気になって使うことを躊躇していることがほとんどでしょう。

そこで、ここからはマッチングアプリの安全性を高めるポイントを、6つご紹介していきます。

常に高い警戒心をもつ

まず、大前提としてどんなマッチングアプリでも、危険性はつきものです。

実際に出会ってみて好感触であったり、堅実さを感じた場合でも気は緩めないでおきましょう。

何度か会ってから、「体目的」だったことが発覚するケースも考えられます。

常に高い警戒心をもっておきましょう。

身分証明書の提出が必須のアプリを選ぶ

マッチングアプリは、運営する際にはまず、インターネット異性紹介事業を警視庁に届出が義務付けられています。(法第7条)

さらに2008年の法改正で18歳未満の児童の利用を確実に阻止するための厳格な年齢確認の義務が課されました。(法第11条)

これらは、インターネット異性紹介事業の条件を満たしていない場合は除くものとしています。

身分証明書の提出がないアプリが必ずしも危険ではありませんが、違法なアプリである可能性も考えられます。

参考:「インターネット異性紹介事業」の定義に関するガイドライン

どちらにせよ危険性を回避するためにも、身分証明書の提出が必須のアプリを選びましょう。

利用者の中には既婚者が紛れている

悲しいことに、マッチングアプリ利用者の中には既婚者、または恋人がいるのに登録をしている男性がいます。

身分証明書の提出があるアプリであっても、アプリ上で結婚の有無を判断することはできません。

マッチングアプリを利用する上では、既婚者が紛れている可能性を常に意識しておきましょう。

プライバシーマークが取得できているアプリを選ぶ

前述では、身分証明書の提出を必須としているアプリがおすすめとお伝えしましたが、情報の流出が不安な方も多いでしょう。

マッチングアプリには、プライバシーマーク(TRUSTeなど)個人情報の保護を徹底している会社もあります。

このプライバシーマークの取得には条件が定められており、高額な費用がかかります。

信頼性、安全性を優先したい方は、このプライバシーマークを取得しているマッチングアプリを選びましょう。

完全無料のアプリには気を付けよう

  • 資金の調達ができず運営が管理に費用をかけれない
  • 男性が軽い気持ちで登録している

上記の理由から、完全無料のアプリは有料アプリと比較して、全体的な質が低下している可能性が極めて高いでしょう。

何かトラブルに発展した際も、運営の管理がずさんであれば対処しきれません。

また、無料だからと遊び半分で登録している男性も多いでしょう。

特に、真剣交際を考えている方には、一部有料になっているアプリを強くお勧めします。

プロフィール画像で特定されないようにする

プロフィール画像の背景や移っているものが特徴的な場合、住所が特定されるケースがあります。

連絡を取っている人が、実際に自宅に訪問してくるなんてことも。

プロフィール画像に自分の画像を使う場合は、普段自分が行かない出先や特定がしづらい背景で撮影したものにしましょう。

実際に会うときの期間は2週間を目安に!

マッチング後、出会うまでの期間はおよそ2週間が平均とされています。

あくまでも目安なので、決して無理に2週間以内で会おうとする必要はありません。

しかし、1カ月以上経ってしまうと相手の関心が薄くなるケースが多いです。

やりとりの頻度にもよりますが、好感触な男性がいた場合は、2週間ほどで会ってみてもいいでしょう。

マッチングアプリでやりとりするときの注意点

スマホを見ている女性

たとえ、優良のアプリを利用していても、純粋な男性ばかりではありません。

ここからは、マッチングアプリ内でのこんな男性の行動に注意すべきポイントをご紹介していきます。

マッチング後すぐ連絡先を聞いてくる

マッチングアプリで「体目的」の男性に多いのが、マッチング後すぐに連絡を聞いてくることです。

マッチングアプリでは、質問や話をしてやっと相手のことが少し理解ができていくものです。

そのため、「質問や話をせずに会おうとしてくる」=「あなたに興味がない」と考えてよいでしょう。

女性であれば誰でもいいと考えてる男性も一定多数存在しています。

特に、第一声が「会えませんか?」という場合は、会わないことをおすすめします。

また、マッチング後すぐに、LINEといった別のアプリへの誘導をしてくる男性にも要注意です。

プロフィールが充実しすぎている

マッチングアプリ内では、普段出会えないようなハイスペックな男性を見かける機会も多いでしょう。

  • 年収1,000万円以上
  • 経営者
  • 顔がイケメン

のような魅力を感じるプロフィール。

しかし、提出書類が身分証明書しかないアプリでは、プロフィールをなんとでもいいように書けます。

  • 経歴詐称
  • 既婚者
  • 割り切り目的

上記のような可能性があるでしょう。

仮に本当のことであったとしても、そのような引く手あまたの男性が、マッチングアプリで恋人を募集しているのは、人格に問題があると考えるべきでしょう。

稀に、金銭目的でない女性を求めて、お金持ちの男性が素性を隠して出会いを重ねるという話もありますが、決してひけらかしたりしません。

いいねの数に惑わされない

一概には言えませんが、戦略的にいいねを多く集めている男性もいます。

「いいね」とは一言でいうと、マッチングアプリの中にある、人気度を表す数値です。

プロフィールが充実していたり、イケメンなど魅力的な男性は、いいねの数も比例しているでしょう。

しかし、基本的にマッチングアプリは、男性がアクションを起こさない限り、いいねをもらえることは少ないです。

いいねは、気に入らない相手とマッチングをしたり、いいねの少ない女性に足跡を残すことで増やすことができます。

このようにあえていいねを増やしている方は、「体目的」である可能性が高いです。

いいねの数に惑わされないようにしましょう。

初めて会うときの注意点

カフェでデート

やりとりでの注意点をご紹介しましたが、次は実際に会うときの注意点をご紹介していきます。

1対1でのデートでは、自己防衛を自身で行わなければいけません。

警戒心は常に意識するようにしましょう。

どうしても不安な方は、2対2のように複数人で会ってみるのもひとつの手でしょう。

遅い時間に会わない

初デートの待ち合わせを、明らかに終電を逃しそうな時間指定をしてくる男性には要注意です。

一般的には、マッチング後の初デートは、ランチやカフェなど明るい時間帯が理想的とされています。

しかし、社会人であればお昼間に時間が取りづらく、仕事終わりの18~19時頃に待ち合わせることも多いでしょう。

職種によって難しい場合もありますが、なるべく早い時間に待ち合わせをしてデートを楽しみましょう。

個室で会わない

基本的には、女性がデート先を決めるようにして、カフェやレストランなど人気の多い場所を選びましょう。

個室は、過度なスキンシップを取ってきたり、男性に流されやすい空間になりがちです。

たとえお昼間であっても、カラオケや個室居酒屋などの男性との密室になることは避けましょう。

ただし、必ずしも、個室で会おうとする男性が「体目的」というわけではありません。

本当においしい食事をご馳走したいと考えている男性も多くいます。

しかし、下心を見抜くことは難しいため、序盤のデートでは人気の多い場所を選ぶのが無難です。

男性の自宅には絶対に行かない

デート先を男性の自宅を指定する男性は、100%クロと考えるべきです。

「かわいい犬を飼っている」「おいしいお酒がある」などさまざまな口実で自宅に招こうとする男性もいます。

誘われても、絶対に男性の自宅には行かないようにしましょう。

序盤で誘ってくる男性とはその後合わない方が吉です。

お酒はなるべく控える

趣味がお酒という共通点で、出会うことも多いでしょう。

お酒の場は、打ち解けやすく、より距離を縮めやすくなります。

しかし、男女の出会いではいいことばかりではありません。

アルコールが入っていると、危機管理能力が低下してやや大胆な行動に出やすく、勢いで行動しがちに。

下心のある男性は、少しでも「成功率が高そうな女性」を求めています。

お酒を飲み、深夜に呼び出しやすい女性はそういった男性の思うツボとなるでしょう。

「体目的」だけの男性と会うのは時間・労力の無駄です。

誠実さに欠ける男性とのマッチング率を下げるためにも、お酒好きを強調するようなプロフィール設定も避けましょう。

違和感を感じた人とは絶対に会わない

  • 会話がかみ合っていない
  • 出会って間もないのに、アプローチが激しい
  • 返信の催促が異常に多い

このように、序盤から猛烈なアピールをしてくる男性には注意しましょう。

マッチングアプリは、ほとんどが文面でのやりとりとなります。

ちょっとした違和感を感じた人とは、絶対に合わないようにしましょう。

マルチ商法への勧誘

特に、学生や新社会人など若い女性に注意していただきたいのが、マルチ商法への勧誘です。

多い手口

  • 「行きつけのカフェがある」「おいしいお店がある」など待ち合わせ場所を強く指定してくる
  • 夢や希望について聞かれる
  • それとなく現在の仕事について探ってくる
  • 副業について語ってくる
  • 何度かデートを重ねるうちに「今度友達を誘ってパーティーしよう」など大人数で会おうとする

上記のように、やけに積極的なアクションを起こしてくる男性は、マルチ商法の勧誘である可能性があります。

マッチングアプリでは、「恋人」や「友人」探しだけでなく、マルチ商法への勧誘を目的としている場合があります。

マルチ商法のターゲット層は、学生やお金に困っている人です。

このマルチ商法自体には違法性はなく、必ずしも悪であるわけではありません。

しかし、マルチ商法の勧誘であることを告げずに勧誘してきた場合は、違法行為となりますので、そのことを相手に告げてきっぱりと断りましょう。

相手を信用できるまでは体を許さない

男女問わず、体の相性を確かめてから付き合いたいという方も、少なからずいらっしゃるでしょう。

付き合っていく上ではもちろん大切ですが、出会って間もないのに体を許してはいけません。

自身の価値を下げるだけでなく、相手が既婚者や恋人がいた場合、大きなトラブルに発展することも考えられます。

最悪の場合、裁判沙汰になる可能性も。

このような流れを作らないためにも、性的な話題が出づらい昼間でのデートが一番堅実です。

個人情報を明かさない

フルネームを明かしてしまうだけで、Instagram・Facebook・TwitterなどのSNSから簡単に身元、住んでいる地域を割り出すことは可能になります。

自身が、SNSをしていない場合でも、結婚式や学校の行事などで友人が投稿した写真から、身元が割れてしまうケースも考えられます。

セキュリティ面が万全のマッチングアプリを選んでいても、自ら個人情報を明かしてしまっては、本末転倒です。

出会って間もない間は、下の名前ぐらいの情報に留め、フルネーム・職場・住所などの個人情報は決して明かさないようにしましょう。

交際を考える前に注意すべきポイント

ロマンチックなカップル

ここからは、マッチングアプリの本来の目的でもある交際についてお話していきます。

交際を考える前に、2つのポイントをチェックしておきましょう。

プロフィールと不一致な点がないか

最も重要なのが、実際にあってみて、プロフィールとの記載と不一致な点がなかったかです。

職業から始まり家族構成や自身の小さな話でも、嘘をついている人は、誠実ではありません。

今後、付き合っていくためにも信頼ができる男性を選びましょう。

マッチングアプリを退会している

交際を進めていこうとしている中、マッチングアプリを退会していない男性は、同時進行で複数人と交際している可能性があります。

男性側から、マッチングアプリを退会しようと話をしてきたり、既に退会している場合は安心してもいいでしょう。

マッチングアプリで素敵な男性を見つけましょう

景色がきれいな場所でデートするカップル

おさらい

  • マッチングの段階で「体目的」の男性を見極める
  • マッチングアプリには既婚者がいる可能性がある
  • マッチング後の初デートは人気の多い昼間がベスト

マッチングアプリは、文面だけで相手の性格を見抜かなければいけません。

実際に会う場合は、よく考えてからにしましょう。

マッチングアプリを利用する上では、注意点はたくさんありますが、素敵な男性との出会いも待っています。

安全に利用して、理想の恋人を作りましょう。

  • この記事を書いた人

すーちゃん

化粧検定&化粧成分検定を取得した25歳のすーちゃんです。 以前からコスメや美容が大好きで、いろんなコスメを集めていました。 プチプラ~デパコスアイテム紹介や、皆さんが知りたい美容にまつわる情報をご紹介していきます。

-マッチングサイト, 恋愛
-, ,

© 2024 Pretty Woman