その他 コスメ

まつげコーム(マスカラコーム)を選ぶときのコツを徹底解説!おすすめ人気ランキング10選

マスカラを塗ったときに、「ダマになった・・・」「毛並みがバラバラ・・・」などの経験はないでしょうか。

ダマになって固まったまつげは、見た目も美しくなく、モチも悪くなってしまうこともあります。

そんなダマや毛流れが気になったときに便利なのがまつげコーム(マスカラコーム)です。

そこで今回は、まつげコームを選ぶときのコツや、おすすめ人気ランキングを10選紹介していきます。

まつげコームを使って、美しいまつげに仕上げましょう♪

この記事で解決できる悩み

  • 選び方がわかる
  • おすすめ人気ランキングがわかる

まつげコームとは?

眼鏡をかけている女性

まつげコームは(マスカラコーム)は、マスカラを塗ったあとのまつげをとかしたり、ダマをとってきれいに整えるアイテムです。

主に、髪をとかすような櫛(くし)の形状が多く、他には毛先がついたものなどがあります。

また、マスカラを塗った後だけでなく、何もついていないまつげをとかしておくと、ゴミやホコリを取り除くことが可能に。

事前にまつげを整えておくと、マスカラが均等につくので、きれいなまつげを作れます。

まつげのダマを取って整えられるので、美しいまつげに仕上げたい人には必需品とも言えるアイテムです。

まつげコームの選び方

まつげエクステ

使いやすい良いまつげコームを見つけるには、選び方が重要です。

ここでは、上手に選ぶためのコツを紹介していきます。

ブラシのタイプで選ぶ

まつげコームのブラシには、「コームタイプ」「スクリュータイプ」の2つのタイプがあります。

自分の理想の仕上がりをイメージしながらチェックしてみてください。

ダマが取りやすいコーム型

最もオーソドックスなものが、くしタイプのコーム型です。

髪をとかすときの要領で、まつげをしっかりととかして毛流れを整えてくれます。

マスカラを塗った後のダマが取りやすく、きれいに仕上げられます。

定番のタイプなので種類も多く、自分の目にフィットしたものが見つかりやすい点も嬉しいポイントです。

また、マスカラのダマを取った後のコームにはさまった液やゴミもふき取りやすいので、お掃除も楽ちん♪

まつげをほぐして毛流れを整える型

スクリュータイプは、らせん状に巻き付いているブラシのことです。

ブラシ毛が、まつげを巻き付けやすく、ゴミやホコリなどをきれいに除去してくれます。

マスカラと同じように使えるので、使い勝手が良いと感じる人も多いかもしれません。

ダマ取りにも使えますが、コームタイプと比べると、掃除がしにくいため、基本的にはメイク前に使う方が良いでしょう。

元々のまつげは多く長い人や、コームタイプの先端が怖いという人におすすめです。

また、眉毛に使えるものもあるので、メイク道具をあまり持っていな人にも使いやすいタイプです。

目の粗さで選ぶ

コームタイプを使う上で、注意したいのが目の粗さです。

マスカラのタイプに合っていない目の粗さを選んでしまうと、ちぐはぐな印象になってしまいます。

仕上がりを左右するポイントのひとつなので、それぞれの特徴を頭に入れておきましょう。

繊細なまつげに仕上げるなら目が細かいものを

1本1本を丁寧にセパレートしたい人は、なるべく目の細かいものを選びましょう。

繊細な目元に仕上がるので、ナチュラルメイクにもぴったりです。

長さは変えずに整えられるので、ロングタイプのマスカラと相性が◎

一方、ボリュームが欲しいときに目が細すぎるマスカラを使うと、せっかくボリュームが出たまつげが取れてしまうことがあるので注意しておきましょう。

ボリューム感を残したいなら目が粗めのものを

目が粗くなったまつげコームは、ボリュームタイプとの相性が◎

印象なハッキリとしたまつげにさせたいときにもおすすめです。

セパレート力は目が細かいものよりは劣りますが、ほどよいボリューム感を残したてまつげをきれいに整えられます。

素材で選ぶ

素材によって、使い勝手が異なります。

素材は主に、「プラスチック」「金属」「毛」の3つにわけられます。

まつげをとかす部分が、どんな素材でできているかもチェックしておきましょう。

リーズナブルな価格のプラスチック製

プラスチック製は100均で販売されていたり、数百円程度と安価なものが多いため、手軽に購入できる点が魅力です。

あまり、目が細かいものはありませんが、ブラシの先端が鋭利すぎないので、肌にあたったときの痛みは少ないです。

軽くて持ちやすいので、使い心地も◎

コスパ面が優秀なので、試し使いや初心者の人にもおすすめです。

耐久性は高いものではないので、汚れを拭き取るときは優しめに拭き取ってあげましょう。

まつげを細かく整えやすい金属製

人気が高い金属製は、目が細かいものや粗いものまで種類があることが特徴です。

ダマを丁寧に取れるので、ナチュラルなまつげに仕上げたいときにもおすすめです。

また、プラスチック製に比べて耐久性が高いので、拭き取る取りやすい点も魅力的なポイント。

こだわりの仕上がりがある人は、金属製から探すとぴったりなものが見つけやすいかもしれません。

ステンレス製であればサビにくく、長持ちしやすいので1本持っておくと便利です。

まつエクにも使える人口毛・天然毛製

人工毛・天然毛でできたまつげコームは、ブラシ特有の柔らかさが特徴です。

人工毛は天然毛よりも安価で、ナイロン製はお手入れもしやすい点がポイント。

天然毛は馴染みやすく、使い心地が良いので自まつげのケアにもおすすめです。

まつエクにも使えるので、マスカラだけでなくまつげをセットしたいときにも使えます。

利便性で選ぶ

コスメとなると、利便性の高さは見逃せないところ。

それぞれの特徴ごとに、紹介していきます。

初心者でも扱やすいストレート

手に馴染みやすいまつげコームを探している人には、ストレート型がおすすめです。

ストレートな持ち手にコームがついているシンプルなデザインで、初心者の人にも扱いやすいでしょう。

まつげの曲線に沿った扇形のタイプのものもあり、フィット感に優れています。

持ち運びに便利な折りたたみ式

外出先や旅行のときに持ち運びたいなら、折りたたみ式が便利です。

2つ折りになるので、コンパクトに収納ができます。

折りたためばブラシ部分をしまえるので、誤って手を傷つけてしまう心配もありません。

外出先でのお直しの際についた汚れも、折りたためるのでそのままポーチに入れても汚れない点も嬉しいポイントです。

まつげと眉毛に使える2WAYタイプ

まつげコームの中には、前と後ろに別々のコームやブラシがついているものがあります。

2WAYタイプは、まつげと眉毛両方に使えるので、1本でマルチに使えます。

持ち運びにはもちろん、ブラシやコームが少ない人にもおすすめです。

衛生面が気にならない使い捨てタイプ

やはり、目元に使うアイテムは、衛生面が気になるところ。

マスカラの液を拭き取ったり、管理するのがめんどうと感じる人も少なくないはず。

そんな人には、清潔に使える使い捨てタイプがおすすめです。

1度使ったあとは捨てるだけでいいので、お手入れも必要ありません。

また、重なばりにくいミニサイズのものもあり、旅行にも便利です。

まつげコームを使うときはケガやダメージに要注意!

きれいにまつげをセパレートしてくれる便利なアイテムであるまつげコーム。

しかし、目元に使うものなので、慎重に使わなければいけません。

特に、液が完全に乾いた状態に使うと、まつげがコームに引っ掛かって抜けてしまうこともあります。

まつげにダメージを与えてしまうと、弱いまつげや短いまつげになる可能性もあるので、きちんと商品に記載されている使用方法を守りましょう。

マスカラを落とした後は、まつげ美容液を使ってしっかりとまつげをケアしてあげるのも良いかもしれませんね。

まつげコームの人気おすすめランキング10選

1位「チャスティ マスカラコームメタル ナチュラル」

 

プロのヘアメイクさんも愛用している金属製のまつげコームです。

0.74mmピッチの細かい目のブラシで、スムーズにダマを除去してくれます。

重ねりのコーミングにもぴったり。

折りたたみ式で、安全に管理できるのも嬉しいポイントです。

金属製なので、お手入れもしやすく、清潔に保ちやすいです。

参考価格 770円(税込)
素材 金属
特徴 折りたたみ式

2位「志々田清心堂 マスカラコーム ブラック」

 

全長12.5cmで、折りたためば7cmになるコンパクトさが特徴です。

ステンレスの金属性で、サビないので、汚れを水やアルコールで拭き取るときも安心。

日本製の高品質なまつげコームなので、友達へのプレゼントにもおすすめです。

ブラックのシンプルなカラーで、普段使いにもぴったりです。

参考価格 515円(税込)
素材 金属製
特徴 折りたたみ式

3位「サンテックストア マスカラコーム」

 

ストレート型の持ち手が、ちょうど良い長さで手にピタッとフィットします。

つけすぎたマスカラや、ダマを除去して正面から見ても美しいまつげに。

ブラシが、目の曲線に合うようにカーブしているので、目頭から目尻までのまつげをしっかりととかせます。

折りたたみ式ではないですが、コームキャップ付きなので、持ち運びにも◎

目の細かいステンレス製で、まつげをきれいに整えてくれます。

参考価格 800円(税込)
素材 金属
特徴 カーブコーム

4位「チャスティ ソフトカーブアイラッシュブラシ」

 

カーブがついたスクリューブラシが、目の曲線にフィットしながらまつげを整えてくれます。

柔かいナイロン毛が、まつげにほどよく絡みつきます。

小ぶりなミドルサイズで、嵩張らない点も嬉しいポイント。

穂先カバーが付いているので、ブラシにゴミやホコリが巻き付くことも防げます。

参考価格 935円(税込)
素材 ナイロン
特徴 スクリュータイプ

5位「貝印 マスカラガード」

 

マスカラを塗るときに、皮膚に液が付くのを防ぐマスカラガード付きのコームです。

ダマになりづらいギザギザの扇形のガードで、まつげを広げながらマスカラを塗れます。

手元に、粗め&細かめのコームがついているので、ロング・ボリュームどちらにも対応できます。

参考価格 489円(税込)
素材 プラスチック
特徴 マスカラガード付き

6位「すわっこ まつげブラシ 使い捨て」

 

柔かいシリコンのブラシが、曲がりながらまつげ1本1本にフィットします。

使い捨てタイプで、衛生面もばっちり。

100本入りと大容量で、毎日使いもしやすいです。

毛量がたっぷりあるので、まつげの毛流れを丁寧に整えられます。

参考価格 1,722円(税込)
素材 シリコン
特徴 使い捨て

7位「永豊堂 ピンポイント用マスカラコーム」

 

業界初のピンポイント用のまつげコームです。

ダマを取りやすいステンレス製で、セパレートされたまつげに仕上げてくれます。

ブラシの幅が7mmで、目頭や目尻の短いまつげもきれいにとかせます。

参考価格 1,377円(税込)
素材 金属
特徴 折りたたみ式

8位「カネボウ 鉄舟 アイラッシュコーム」

目の細かい金属コームで、まつげを1本づつセパレートします。

コームが折りたためるので、ブラシの先端もしっかりと保護できます。

クシが引っ掛かりにくく折れにくいので、丈夫な点も魅力です。

重ね塗りをしたまつげもスッと通してくれるので、利便性が高いです。

参考価格 1,430円(税込)
素材 金属製
特徴 折りたたみ式

9位「貝印 コスメアップ 折りたたみマスカラコーム」

プラスチック製のコームで、チクチク感の少ないまつげコームです。

細かい目なので、マスカラのダマを取り逃しません。

カーブがかかっているので、1度でまつげ全体をとかせます。

眉毛の毛並みを整えたり、まつげカットにも使えます。

参考価格 550円(税込)
素材 プラスチック
特徴 折りたたみ式

10位「粧美堂 金属製マスカラコーム SPV71065」

 

1度でまつげをキャッチしてムラなく仕上げる金属性のコームです。

ブラシの先が細くなっているので、まつげの毛先まで通ります。

金属製なので、マスカラの汚れがスッっととれて折れたり欠けたりする心配もありません。

まつげエクステのセルフケアにもおすすめです。

参考価格 715円(税込)
素材 金属
特徴 折りたたみ式

まつげコームを使ってワンランク上のまつげを手に入れよう!

まつげがきれいにセパレートしている女性

おさらい

  • コームタイプは掃除がしやすい
  • スクリューブラシは眉毛にも使える
  • 折りたたみ式は持ち運びに便利

今回は、まつげコームを上手に選ぶコツと、おすすめ人気ランキングを10選紹介しました。

美しいまつげに仕上げるためには、マスカラ選びも大切ですがまつげコームを使うことも重要な工程のひとつです。

ぜひ、この記事を参考にして、使い勝手のよいまつげコームを見つけてみてください。

 

  • この記事を書いた人

すーちゃん

化粧検定&化粧成分検定を取得した25歳のすーちゃんです。 以前からコスメや美容が大好きで、いろんなコスメを集めていました。 プチプラ~デパコスアイテム紹介や、皆さんが知りたい美容にまつわる情報をご紹介していきます。

-その他, コスメ
-,

© 2024 Pretty Woman