モテ術 恋愛

マザコン男性の特徴や心理的な原因とは?見分け方や対処法を徹底解説

2021年4月6日

マザコンは、多くの人が耳にしたことがあるでしょう。

母親を大事にする男性は魅力的ではありますが、マザコンと聞くとネガティブなイメージを持っている人は少なくないはず。

特に、男性はマザコン要素を必ず持っているという説も噂されます。

一体、彼らはどのような心理状態にあるのでしょうか。

そこで今回は、マザコンの男性に多い特徴や心理的な原因、『彼氏』『夫(旦那)』別の対処法について詳しく解説していきます。

この記事で解決できる悩み

  • マザコンになる心理がわかる
  • マザコンに多い特徴がわかる
  • マザコンであるかを見分けるポイントがわかる
  • マザコンの彼氏、夫(旦那)と上手く付き合っていける方法がわかる

マザコンの意味

マザコンの成人男性

マザコンとは、『マザーコンプレックス』という和製英語を省略した言葉です。

コンプレックスとは、『劣等感』のほか『嫌悪感・憎しみ』など、いろいろな感情のことを指します。

一般的には、子どもが母親に必要以上の執着心や、独占欲を抱くことを表すときに使われます。

男性に使うものというイメージが多いですが、男女問わず使われている言葉です。

また、対象が父親の場合は『ファザーコンプレックス』を省略して『ファザコン』と呼ばれており、兄弟に場合は『ブラコン』『シスコン』と呼びます。

母親思いとの違いは『自立』できているかどうか

マザコンによく似た意味を持つ『母親思い』という言葉。

『違いは何?』と疑問に持っている人もいるでしょう。

これらを見分けるカギは、『自立』しているかどうかです。

自分の意志で判断・行動ができているうえで親孝行をしている場合は、母親思いの範疇にしてよいでしょう。

一方、マザコンの場合は、就職先や住処、はては彼女を選ぶときまでも、常に母親の意見がなければ行動することができません。

自立できていないため、自分の意見を持てずに、信頼できる母親を頼ってしまうのです。

マザコンになる3つの心理的な原因

息子を可愛がる母親

マザコンの要素が増えるの主な原因は、幼少期の家庭環境が大きく関わっています。

ここからは、3つの心理的な原因について解説していきます。

心理的な原因①母親の十分な愛情をもらえていない

母親からの愛情を十分にもらえないまま幼少期を過ごした男性は、愛情を受けたいという欲求が満たされていません。

そうして背景があり、母親に対する執着・愛情がどんどん強くなっていくのです。

たとえば、母親が放任気味であったり、シングルマザーで仕事の都合で留守が多い家庭などが挙げられます。

また、幼少期の愛情不足の場合は、かまってちゃんに育ちやすい家庭環境でもあります。

心理的な原因②母親が過保護

母親の愛情不足と同時に、過保護や過干渉である場合も、マザコンになりやすい原因のひとつです。

何から何まで母親がやってしまうと、息子は大人になっても離れることができなくなってしまうのです。

また、母親自身が息子に依存しており、息子にも同じように求めてしまう1種の共依存状態の可能性も考えられます。

心理的な原因③父親との関わりが希薄

父親が、厳格だった場合や、関係性が希薄であるとマザコンになりやすい傾向があります。

父親に厳しくしつけられた子どもは、母親を頼るようになってしまいます。

厳格な父親に対し、母親が穏やかで優しい場合は、行き場を失い安心感や愛情を求めて、特に依存しやすくなります。

その結果、成人してからも母親にしか頼ることができなくなるのです。

マザコンの男性に多い特徴

彼女よりも母親を優先するマザコンの男性

ここからは、マザコンの男性に多く見られる特徴をお話していきます。

自分の気になる彼が、いくつ当てはまっているかチェックしてみましょう。

特徴①優柔不断で自分で決められない

『ママの考えていることが正しい』と信じてやまないマザコンには、幼い頃から学校・部活などを『ママが決めてくれた』という特徴が多く見られます。

本来であれば、自我が芽生えれば徐々に自分で考える力が備わってくるものです。

しかし、彼らは母親の意見を優先して行動していたため、自分の意見を考える機会がほとんどなかったのです。

そういった経験不足から、自分の意志で行動・判断する能力が極めて低くなっています。

その結果、その日の晩御飯や髪型など、どんな小さなことでも母親の意見を求めてしまうのです。

自分の意思をあまり主張しない人には優しい人も多いですが、度が過ぎるほどの優柔不断な性格の男性は、マザコンである可能性大です。

特徴②母親とほぼ毎日に連絡をとっている

マザコンに多い習慣的な特徴のひとつが、母親とはほぼ毎日、連絡をとっていることです。

一般的には、ある程度の年齢になると、子どもの頃に比べると母親に頻繫に連絡することもないでしょう。

一方、マザコンは、自立できていないため、友達といるときや彼女といるときも、母親と連絡を取りたがります。

ほぼ毎日、LINEや電話で連絡をとりあっている男性もいるのだとか。

特徴③母親の話題を話すことが多い

デートで出かけるたびに、彼氏が『ママも連れてきてあげたいな』といっていたり、母親と行ったことある思い出の場所をデート先にチョイスする彼氏は、マザコンの可能性が高いかもしれません。

常に連絡を取り合っているからこそ、母親が『行きたがっていた場所』『好み』などの最新情報を把握しているのです。

特徴④家族間での呼び方が幼い

過剰に甘やかしてた母親の場合に多いのが、家族間での呼び方が子どものまま止まっていることです。

母親のことを『ママ』と呼び、その母親も息子のことを『○○くん』と呼んでいたりなどなど。

一般的には、思春期を迎えるとともに、自我が確立すると母親とは一定の距離を保とうとします。

ところが、マザコンの場合は、子どもの心が残った状態であり、思春期を迎えても母親との距離は変わることはありません。

その結果、年齢を重ねても、幼い名前の呼び方に違和感を抱かないのです。

また、外では呼び方を変え、家族といるときや電話で話すときは『ママ』と呼んでいる『隠れマザコン』も存在します。

特徴⑤食べ物の好き嫌いが多い

食べ物の好き嫌いが多い男性は、幼少期から母親に『好きなものだけ食べていいよ』と甘やかされた可能性大!

大人になると味覚も変わるため、食わず嫌いを克服できる機会が多くなります。

しかし、いつまでも自立できないマザコンは、好きなものだけを食べ続けるため、好き嫌いが多いままなのです。

特徴⑥服は母親が選んだものを着ている

マザコンは、小さなことでも自分で判断せずに、母親の意見を求めています。

彼らの中には、成人を迎えてからも母親が買った洋服を着ているという特徴があります。

自立できていないため、子どもの時からの習慣が抜けきれず、自分で洋服を選びことすらできないのです。

マザコンの男性の恋愛傾向

マザコンの男性に呆れている彼女

恋愛傾向①彼女と母親を比べたがる

マザコンの彼らにとっては、女性の理想像は『母親』です。

そのため、彼らは彼女や奥さんには、自分の母親のようになってほしいと考えています。

同棲中や結婚生活の中で、『ママはこうなのに君は違うの?』『ママだったらできたのに』と、彼女や奥さんに要求してしまうのです。

恋愛傾向②甘えん坊

自我が確立できていない彼は、精神年齢が低く子どものように甘えん坊になっています。

また、彼女や奥さんに対して、母親のような包容力を求めています。

甘える専門であるため、彼女を甘やかすことは好みではありません。

恋愛傾向③優しいけど頼りない

基本的には優しい性格ですが、なよなよしていて頼りない部分が目立ちやすいです。

自分で物事を決めたり、判断する能力が著しく低いので、あまり頼りにはできないでしょう。

しかし、母親が関わらない限り、優しさはピカイチな点は長所ともいえます。

恋愛傾向④喧嘩をしたときに母親が割り込んでくる

母親も息子離れができていない場合、息子とその彼女の喧嘩や夫婦喧嘩に割り込んでくることがあります。

そして、彼に非があっても叱らずに、息子をかばうのです。

一番信頼できる味方ができた彼は、弱気になっている状態から一転し、急に強気な態度になります。

マザコンの男性を見分けるポイント

マザコンの要素がある男性

、母親ばかりを優先する彼とは付き合っていくにも一苦労。

『実際に付き合った彼氏が、極度のマザコンだったことが後から発覚した・・・』なんていう経験がある人もいるでしょう。

そこで、ここらは事前に彼がマザコンであるかどうかを、見分けるためのポイントを紹介していきます。

見分けるポイント①彼の母親を褒めてみる

彼から母親の話題が出たときは、ひたすら褒めましょう。

『○○くんのお母さんすごい!』と、どんな些細なことでもかまいません。

そうして、褒めたあとは、彼の表情や言動に要注目。

マザコンであれば、大好きな母親のことを褒められたことで、口元もゆるみ、『そうでしょ?』と同調してくれたことに喜びを感じます。

反対に、『いやいやそんなことないよ』と謙遜したり、照れくさくなって別の話題に変えようとする場合は、マザコンの可能性は低いでしょう。

見分けるポイント②さりげなく母親の話を出してみる

隠れマザコンには、自ら母親の話題を話す人は少ない傾向があります。

自分の本性がばれないように、あえて家族の話も出さないようにし、怪しい行動をとりません。

それでも、大好きな母親の話を振られると、ついペラペラと話してしまうのです。

学生時代や出身地の話になったときに、さりげなく母親の話を切り出し、相手の出方をうかがってみましょう。

話にあまり食いつかない場合は、マザコンである確率は、低くいといえます。

このとき、マザコンを同調するような発言をしておくと、さらにの彼の本心が出やすくなります。

見分けるポイント③料理に対するコメントをチェック

意外とボロが出やすいのが、女性が作ってくれた手料理を食べたときや、外食しているときの料理に対するコメントです。

『ママの料理の方がおいしい』などをマザコンの彼は、悪い気なく、無意識に使ってきます。

また、こじらせすぎている場合、『ママのところで料理の勉強したら?』と上から目線でいってくるときも。

このような特徴のある彼は、『モラハラ』をしてくる可能性もあるので要注意です!

実家の味やおふくろの味とはいいますが、どんなときでも母親の料理と比べる人間だとわかったら、関係を考えなおす方がよいでしょう。

マザコンの男性の対処法

彼氏の母親と仲の良い彼女

後々になって『彼氏(夫)が、マザコンだった!』と発覚するケースもあるでしょう。

幼少期の家庭環境により形成されているため、治す苦労は並大抵ではありません。

そのため、治すことに力を使うよりも、上手く対処していくことをおすすめします。

ここからはよい関係を続けていくために、マザコンの彼氏・夫(旦那)別の、対処法についてお話ししていきます。

彼氏がマザコンのケース

まずは、彼氏がマザコンだったケースの対処法から見ていきましょう。

母親を褒める

彼氏がマザコンの場合、母親の話題になったときは、とにかく彼の母親を褒めましょう。

『きれいなお母さんだね』『優しいお母さんだね』などなど。

決して、彼氏の前では母親を否定するような発言は控えましょう。

彼らにとっては、理想の女性は『母親』なのです。

今後も付き合っていきたいと考えているなら、彼氏と母親の距離感を受け止めてあげることが不可欠です。

彼の考えに理解を示すことで、彼も『母親の良さを理解できる人だ!』と結婚も視野に入れやすいでしょう。

夫(旦那)がマザコンのケース

長く付き合っている夫でも、『隠れマザコン』である可能性があります。

結婚生活で課題となる嫁・姑問題をくぐり抜けていくためにも、対処法をマスターしておきましょう。

夫よりも母親に好かれるようにする

マザコン夫(旦那)は、奥さんよりも母親を1番に考えてしまいます。

女性からすると、『どうして私が1番じゃないの!?』と反発したくなるでしょう。

しかし、夫の母親に向かって対抗意識を燃やすのは得策ではありません。

息子と同時に母親からも『あなたは敵!』と判断されてしまう可能性があるためです。

円満な夫婦・嫁姑関係を築き上げたいのなら、夫よりも母親に好かれるように努力するのがおすすめ。

彼が話す母親の話をじっくり聞き、褒められるところがあれば褒め、実際に母親とあったときは上手く懐に潜り込みましょう。

必勝法は母親と仲良くなるべし!

夫の好みに合わせて食事を作る奥さん

おさらい

  • 男性には必ずマザコンの要素が含まれているとされている
  • 幼少期時代がそのあとの人格形成に影響を与える
  • 母親息子でお互いに依存しあっていることがある

男性には、必ずマザコンの要素が潜んでいるとされています。

彼の本性を知らずに結婚すると、母親を第一に優先する彼に、興ざめしてしまうでしょう。

気になる彼がいるなら、事前に見極めておく必要がありそうです。

たとえ、マザコンであっても、関係を切るか続けるかはあなた次第!

相手の母親と仲良くなることができれば、素敵な恋愛となるでしょう。

自分自身の幸せのためにも、見分けるポイントや対処法を覚えておきましょう。

  • この記事を書いた人

すーちゃん

化粧検定&化粧成分検定を取得した25歳のすーちゃんです。 以前からコスメや美容が大好きで、いろんなコスメを集めていました。 プチプラ~デパコスアイテム紹介や、皆さんが知りたい美容にまつわる情報をご紹介していきます。

-モテ術, 恋愛
-,

© 2024 Pretty Woman