コラム

なぜ女性でもひげは生えるのか?その原因と4つのNG行動を徹底解説

2021年2月26日

鼻の下にちょろちょろと生えてくるひげ。

産毛なので、正面だけでは見ずらいですが、横を向いたときに光に反射してひげがバレてしまうことも。

「女なのになんで生えるの?」と、疑問に思われた人もいるのではないでしょうか。

今回は、女性であってもひげが生える原因、してはいけないNG行為を解説していきます。

気になる男性に会う前に、要チェックです。

この記事で解決できる悩み

  • 女性であってもひげが生えてくる原因がわかる
  • ひげが生えたときにしてはいけないNG行為がわかる
  • ひげの適切なケア方法がわかる

女性であってもひげが生える人は多い

ひげの生えている女性

女性であっても、鼻の下にひげが生えていることは珍しくありません。

しかし、人によっては「あまり生えていないひと」「産毛よりも少し濃い毛が生えてきてしまう」といったように、目立ちにくさは異なります。

特に濃い人は、毎日のひげの自己処理が欠かせないという人も少なくないでしょう。

しかし、ひげは過度な処理・誤ったケア方法をしていると、黒ずみや傷跡として顔に残ってしまう可能性があります。

適切なケア方法を知り、ひげを退治していきましょう。

女性にひげが生える原因は「ホルモンバランスの乱れ」

ひげが生えてくる・濃くなる原因は、男性ホルモンが活性化していることを表している状態。

つまり、「ホルモンバランスの乱れ」によって症状が出ています。

この、ホルモンバランスの乱れは、男性ホルモンの増加・女性ホルモンの減少によって招かれているものです。

男性ホルモンという名前ですが、女性の体内にもあるもので、筋力がついたり統率力が取れるのは、この男性ホルモンのおかげです。

ただし、男性に比べると分泌は、1/10~1/20程と少量。

男性ホルモン・女性ホルモンともに、バランスを保つことで、ホルモンバランスが乱れることを防いでいます。

しかし、何かしらの原因でホルモンバランスが乱れて男性ホルモンが優位に働き、その結果、「ひげが生えたり」「体毛が濃く」なってしまうのです。

男性ホルモンは、皮脂の分泌を促す性質を持っているので、毛穴が詰まりやすく「ニキビができやすい」「脂性肌」になりやすいことも特徴のひとつです。

ホルモンバランスが乱れる7つの原因

ひげが生えてショックを受けている女性

女性であってもひげが生えてくる原因は、「ホルモンバランスの乱れ」とお話ししました。

では、次にどのようなことが原因で、ホルモンバランスは乱れるのかについて見ていきましょう。

濃くなる原因①ストレス

ひげが濃くなってきた人の中で、人間関係・仕事の悩みなど、過度なストレスを感じる出来事がありませんでしたか?

ひげは、ストレスが原因で生えてしまうことがあります。

脳にある「視床下部」が反応して、自律神経・ホルモンバランスの乱れを引き起こしてしまうのです。

濃くなる原因②過度な飲酒

女性ホルモンのひとつである「エストロゲン」には、アルコールを分解する働きがあります。

適度な飲酒であれば、ほとんど心配いりませんが、過度な飲酒は肝機能が弱まってしまいます。

肝機能が弱まると、アルコールを分解しずらくなり、古い女性がホルモンが体内に残ります。

その結果、女性ホルモンが残っていると判断され、新しい女性ホルモンが生成されないのです。

また、アルコールは、男女問わずホルモンバランスを乱すことも実験結果で報告されています。

長期にわたる大量の飲酒は男性ホルモン分泌を障害します。また健康な女性に3週間にわたって毎日ビール350mLを3本飲酒してもらったところ、性周期の遅れや無排卵などの異常がみられたと報告されており[7]、男女ともアルコールは性ホルモン分泌を障害することが知られています。
引用:厚生労働省

濃くなる原因③喫煙

タバコには、ニコチン・タール・一酸化炭素などの卵巣に悪影響を与える物質が多く含まれています。

タバコを吸うことで、卵巣の血行不良・血流現象を招いてしまう恐れがあります。

さらに、一酸化炭素により酸欠状態になり、「エストロゲン」を生成する働きが低下し、女性ホルモンが減少してしまうのです。

また、自身が吸っていなくても、タバコの副流煙にも有害な物質が含まれているので、受動喫煙にも注意してください。

喫煙を一気にやめるのは、ストレスにもつながるので、徐々に本数を減らしていくことを意識していきましょう。

濃くなる原因④質の悪い睡眠

ホルモンバランスを保つには、睡眠時間も大切です。

また、睡眠時間をしっかりとれていても、睡眠の質が悪ければ疲れは回復せずにホルモンバランスは乱れてしまいます。

  • 寝るときは、パジャマや睡眠に適した格好で寝る
  • 寝る1時間前から、ストレッチをしたり照明を暗くして脳をリラックスさせる
  • 最低でも就寝1時間前には、スマホやパソコンなどブルーライトを浴びない

上記のことを意識して、睡眠の質を高めていきましょう。

濃くなる原因⑤偏った食生活

女性ホルモンを正常に分泌するには、栄養バランスの取れた食事を適量に摂取しましょう。

また、太りすぎ・瘦せすぎもホルモンバランスが乱れる原因となるので、適正体重(BML)を保つことも必要です。

ホルモンバランスの乱れは、生理不順・排卵障害を招いてしまう恐れもあるので、カロリーの摂りすぎも要注意です。

濃くなる原因⑥仕事に追われる生活

仕事が忙しい、常に人と競い合ったり、など何かに追われる生活を送っていると、交感神経が優位になります。

交感神経が優位になることで、男性ホルモンの分泌量が増え、ひげが生える・体毛が濃くなってくるのです。

古くから男性は、外的から家族を守る役目があったため、交感神経を働かせていました。

男性ホルモンの分泌量が増えることで「闘争心が強くなる」「負けず嫌い」といったように、性格までも男らしくなるといわれています。

最近では「オス化」ともいわれており、特に仕事に尽力している女性に多い原因のひとつです。

濃くなる原因⑦加齢

30歳前後になると、女性ホルモンは分泌量が緩やかに減り始めます。

更年期に差し掛かると、女性ホルモンがさらに減少し、ホルモンバランスが乱れやすい状態です。

ただし、若い年代でもホルモンバランスが乱れる生活を送っていると、本来よりも早く更年期の症状としてひげが生えたり、濃くなったりする可能性もあります。

ひげが生えたときにしてはいけない4つのNG行為

ひげをケアするときのNG行為

ここからは、ひげが生えたときにしてはいけない4つのケア方法を紹介していきます。

NG行為①抜く

毛抜きやピンセットでの毛の処理は、長い毛を抜けることから、生えるのが遅くなったり、表面がツルツルになったりとメリットに感じることもあるでしょう。

しかし、ピンセットなどで抜く毛の処理は、皮膚表面の角質層に強くダメージを与え、炎症・ポツポツの原因となり、かえってひげが目立ってしまうことがあります。

毛を抜いたときに、根元のほうに白い物体がついているものを見たことはないでしょうか。

この白い物体の正体は、「毛根鞘(もうこんしょう)」という、毛根とひげを繋げる役割のある組織です。

つまり、毛根自体は残っているためひげはまた生えてきてしまいます。

ひげを抜くとき、毛穴や毛根周辺は、大きなダメージを受けるうえ、角質や皮脂が詰まりやすい状態へと陥ります。

ダメージがひどくなった場合、傷口となり雑菌や痛みを生み出す元凶となってしまうのです。

また、「埋没毛」「色素沈着」を招くことも少なくないため、毛を抜く処理はおすすめできません。

NG行為②あやまった剃り方

から剃り

から剃りとは、何も塗らずにそのままの皮膚にカミソリを当てて剃ることです。

肌を傷つけてしまいます。

逆剃り

毛の流れとは反対の方向に剃ることです。

必ずしてはいけない剃り方ではないですが、長い毛を剃るときにはよくない剃り方なので、毛の長さによって判断してください。

同じ所を何度も剃る

肌を傷つけやすい剃り方です。

なかなか剃れず、何度も同じところを剃ることで、その分肌に傷がついてしまいます。

肌にカミソリを強く押し付けて剃る

なるべく深くまで剃ろうとして、肌に強く押し付けてしまうと、肌への負担はより大きくなってしまいます。

あまり力を入れずに優しく剃りましょう。

1ヶ月以上、同じカミソリを使っている

カミソリは、刃物なので使えば使うほど切れ味も悪くなっていきます。

切れ時が悪いことで、強く押し付けて剃ったり、同じところを何度も剃ってしまいがちなので、1ヶ月以内にはカミソリの刃を変えるように意識しましょう。

お風呂場にカミソリを置いている

水分や湿気が多い場所でのカミソリの保管は、刃が錆びたり痛んでしまいます。

使ったあとは、毛を洗い流したあと乾燥させて管理しましょう。

NG行為③毎日剃る

毎日の剃ってしまうと肌への負担が大きく、黒ずみとなってさらにひげが目立ってしまう可能性があります。

2.3日に1回程度で、間隔をあけて剃ってください。

NG行為④入浴中に剃る

ついついやってしまいがちなのが、湯舟に浸かりながらや、シャワーを浴びながらの毛の処理です。

しかし、入浴中のお肌はお湯で柔らかくなっている状態です。

ふやけた肌に、電気シェーバーやカミソリをあてる表皮や角質を傷つけてしまう恐れがあります。

特に、顔はデリケートなゾーンなので、お肌も弱まりやすいです。

傷跡となって残ってしまうことも考えられるので、毛の処理は入浴中を避けておこないましょう。

ひげが生えたときの9つのケア方法

ひげがなくなった女性

ひげが生えたときの適切なケア方法を9つ紹介していきます。

自分に合った毛方法を見つけてみましょう。

ケア方法①剃る

最も簡単にできるケア方法が、シェーバー・カミソリなどで剃ることです。

中でも、電気シェーバーはほかのものよりも肌に優しく、負担を少なく済ませることができます。

ケア方法②抑毛ローションを使う

抑毛ローションは、「大豆イソフラボン」「パイナップル成分」が配合されたスキンケア用品のことです。

大豆イソフラボンは、発毛や毛の成長を抑えながら保湿をしてくれます。

パイナップル成分には、太く濃い毛の発毛を抑え、自然由来の成分がお肌を優しくケアしてくれます。

シェービング後に使いたいアイテムです♪

ケア方法③ハサミでカット

カミソリとよりも肌への負担が少なく、長い毛でもカットできます。

セーフティハサミと呼ばれる、刃の先端が丸くなったハサミであれば、初心者さんでも怪我がしにくくなるのでおすすめです♪

ケア方法④女性ホルモンを増やす

30代を超えると、徐々に卵巣機能が低下し「エストロゲン」も低下していきます。

そのため、健康的な食生活に加えて、女性ホルモンを増加・活性化させる食事を取りいれる必要があります。

「イソフラボン」「カルシウム」「ビタミンE」「ビタミンB6」女性ホルモンを分泌・保つ力をサポートしてくれる成分がおすすめです。

大豆食品に含まれるイソフラボンには、「エストロゲン」に似た構造をもっています。

イソフラボンは、更年期の症状を和らげることができるとまでいわれています。

さらに、肌の弾力を作る「コラーゲン」を増加させ、ハリを出したり、肌のターンオーバーをサポートしてくれます♪

いずれの成分も、美容・健康に嬉しい成分ですが、量が多いほどよいというわけではないので、摂りすぎに注意してくださいね。

イソフラボンの1日の摂取量の目安

食品安全委員会によると、1日のイソフラボンの摂取量の目安は、「70~75mg程」とされてます。

「70~75mg程」が、食品で例えるとどのくらいの量なのか、わかりやすいように、下記に表を作りました。

日常で取れるイソフラボンが含まれた食品は、大豆製品だけなので積極的に取り入れなければ、摂取量の目安を摂ることは難しいでしょう。

食品 大豆イソフラボン含有量
納豆1パック 35.55 mg
豆乳1パック 41.2 mg
豆腐1/2丁 42 mg

参考:食品安全委員会

参考:フジッコ

ケア方法⑤剃った後はたっぷり保湿する

ムダ毛処理をした後の肌は、傷つき荒れやすい状態です。

必ず、保湿クリームやローションを塗って肌を鎮静させてください。

もし、皮膚がかぶれやすいタイプなら、抗炎症成分が配合されたスキンケア用品を使ってみるのもよいでしょう。

炎症を抑え、肌を守ってくれます。

ケア方法⑥シェービングサロンに行く

シェービングサロンは、男性が行くものと思われがちですが、女性用のサロンもあるのです。

専門家がカウンセリングをして、正しいシェービングでムダ毛を処理してくれます。

ムダ毛処理について、話を聞いてみたいという人は、一度行って相談してみるのもおすすめです。

ケア方法⑦サロン脱毛を受ける

ひげの自己処理で、青くなってしまう・カミソリ負けしやすいという悩みがある人は、脱毛を受けることもひとつの手です。

また、脱毛と同時にフェイスケアが受けられる場合もあるので、たるみやシワを改善したい人には一石二鳥のケア方法ではないでしょうか。

ケア方法⑧医療脱毛を受ける

最も、費用が高くなってしまいますが、その分効果が高いのが、医療脱毛です。

顔全体のムダ毛を処理できるので、おでこや眉間などの産毛も一緒に脱毛ができます。

繰り返していけば、面倒なひげの自己処理も必要なくなります。

よく間違われますが医療脱毛は、「永久脱毛」ができるわけではないので注意してくださいね。

美容・医療脱毛について詳しく知りたい人は、下記の記事をチェックしてみてください。

ケア方法⑨家庭脱毛器を使う

自宅でムダ毛処理が簡単にできる、家庭用美容器が販売されています。

光を照射して脱毛するので、カミソリのように刃で切ってしまう心配もありません。

また、家庭用なので、サロン・クリニックに比べると費用を抑えた脱毛ができます。

生活が忙しくて、「毛周期に行けない」「予約が取れない」など、脱毛に通うのが難しい人におすすめです。

ただし、ひげに推奨されていない家庭美容器もあるので、よく確認してから購入しましょう。

まとめ

口元を見られても安心している女性

おさらい

  • ひげが生えてくるのは「ホルモンバランスの乱れ」が原因
  • 更年期を迎えるとひげが生えてくることがある
  • イソフラボンには女性ホルモンに似た働きがある

今回は、なぜ女性にひげが生えてしまうのかについて紹介していきました。

ひげを生やさないためには、「ホルモンバランスの乱れ」を防ぐこと。

ホルモンバランスの乱れの原因はさまざまですが、やはり普段の生活の見直しが特に重要なのではないでしょうか。

生活習慣を整えることは、すべての美容ケアに関係しています。

ニキビ・シミといった悩みも同時に解決できるかもしれません。

男性と不意に接近することがあっても、毎日ケアしておけば一安心です♪

ぜひ紹介したケア方法を実践して、適切なひげ対策をして、ツルツル美肌を目指してください。

  • この記事を書いた人

すーちゃん

化粧検定&化粧成分検定を取得した25歳のすーちゃんです。 以前からコスメや美容が大好きで、いろんなコスメを集めていました。 プチプラ~デパコスアイテム紹介や、皆さんが知りたい美容にまつわる情報をご紹介していきます。

-コラム
-,

© 2024 Pretty Woman