モテ術 恋愛

辛い失恋から立ち直る方法|暇な時間が相手への未練を増幅させる!

「好きな人にフラれた」や「付き合っていた彼氏にフラれた」など、失恋をしたときはなかなかすぐに立ち直ることはできません。

恋愛をした人なら、1度は失恋したときの辛さを味わったことがあるのではないでしょうか。

もちろん、筆者も何度も失恋をして、目の前が真っ暗になるほどのショックを受けたことを覚えています。

時間が経てば解決してくれるときもありましたが、ズルズルと引きずってしまっていることもありました。

今回は、筆者の実体験を交えた、失恋をしたときの立ち直る方法や、避ける方が良い行動について解説していきます。

少しでも失恋の辛さを和らげるようなヒントが、この記事で見つかれば嬉しいです。

この記事で解決できる悩み

  • 失恋して立ち直るまでに時間がかかりやすい人の特徴がわかる
  • 失恋から立ち直る方法がわかる
  • 新しい出会いの見つけ方がわかる

失恋のショックで何もできない・・・

失恋をしてショックを受けている女性

失恋は何度経験しても慣れることはなく、辛いことには変わりありません。

「これからの人生の隣に、大好きな彼氏がいないなんて・・・」と考えるだけで涙が出てくるもの。

失恋をしたということを受け止めて立ち直るには、時間は必要となるでしょう。

しかし、辛い日々の中でも少し意識を変えるだけで、辛い気持ちを和らげることができるかもしれません。

どうしても、辛いというときは、自分で行動に移してみるのもよいでしょう。

失恋から立ち直るまでに時間がかかる人の特徴

失恋をして立ち直れない女性

失恋してから立ち直るまでの期間は、1週間でサッパリ忘れられる人もいれば、半年になっても引きずってしまう人などそれぞれ違います。

ここからは、失恋してから立ち直るのに時間がかかりやすい人に共通する特徴を紹介していきます。

彼氏に依存していた

彼氏に対して強く依存している女性は、依存心が立ち直りの障害になっていることが多いです。

彼氏に依存する女性は、恋愛気質が多くあるため、友達や仕事よりも彼氏を優先しがちに。

そんな生活の一部とも言える彼氏の存在が無くなることで、空いた時間をどう使っていいかわからずに、彼氏のことを思い出し悲しみに浸り続けてしまうのです。

喧嘩別れをした

別れの原因が喧嘩である場合は、未練が残りやすくなる原因のひとつです。

口論になったときは、つい売り言葉に買い言葉で、勢いに任せに思ってもないことを言ってしまうことがあります。

本心で会話をできていなかったことで、きちんと別れられていないと考えて不完全燃焼のまま過ごしてしまうのです。

「なぜあんなことを言ってしまったのか」と後悔したり、「喧嘩だから仲直りすればヨリが戻せるはず」と考え、いつまでも現実から抜け出せず立ち直るまでに時間がかかってしまいます。

ボ~っとする時間が多い

趣味や好きなものが少ない人は、何もせずに過ごす時間が普通の人よりも多いでしょう。

その時間こそが、失恋から立ち直る期間を伸ばしている原因である可能性があります。

やりたいことがなければ、ボ~と過ごしてしまうのは当然です。

その何もしない時間こそが、彼氏との思い出に浸ったり、彼氏のことを考えてしまう時間に変わります。

自分に自信がない

失恋をしたときには、「自分の魅力がなかった」と自分を責め続けてしまうことも少なくありません。

自信がないことで、ネガティブな思考になりやすく、悪い方向にしか物事を考えられなくなります。

自信のなさは恋愛にも関係し、次の恋愛にも悪影響を与えてしまうことがあります。

失恋した直後には避けるべき行動

カメラマンの彼氏を見つめるモデル女性

失恋をしたときに、忘れようとするあまり、突拍子もないことを思いついてしまうケースは多いでしょう。

しかし、気持ちを切り替えようと無理な行動を取ることは禁物です。

下手な行動をすると、返って辛さが増したり、立ち直るまでに時間がかかってしまうことがあるためです。

ここでは、失恋直後は控えておく方がよい行動について紹介していきます。

1人で考え込む

失恋したときは、何も手につかない程、気分が下がってしまうことがあるでしょう。

そんな辛さから、家に引きこもったり、スマホの電源を切って外部とやりとりをできなくしてみたりなど・・・。

このように、自分の殻に閉じこもってしまうと、相手のことを考える時間やネガティブ思考が増えていきます。

また、相談したり客観的な意見も知らなければ、何がいけなかったのか気づけないこともあるでしょう。

引きこもってばかりだと今回の失恋を、次の恋愛に活かすこともできなくなってしまうかもしれません。

アルコールに頼る

失恋の辛さや苦しさからついついアルコールに手が伸びることがあるでしょう。

確かに、一時的には気持ちは晴れますが、根本的な解決はできずに苦しみは長く続いてしまいます。

何よりも飲みすぎは肝臓や胃など、体の内側を傷つけることがあります。

飲みすぎると、依存症や大きな病気を伴うリスクもあるでしょう。

自暴自棄になってしまう気持ちもわかりますが、失恋を忘れるためにアルコールに頼る手段は考えないようにしましょう。

相手のSNSをこまめにチェックしている

告白して失恋した相手、別れた彼氏のSNSをフォローしたままにしてはないでしょうか。

失恋した相手のフォローをそのままにしていると、意識せずとも自然に視界に入り込んできます。

相手のSNSを見ることで、相手がそばにいるように感じ、余計離れられなくなってしまいます。

意図的に見ようとしない場合でも、ふと相手の投稿が目に入ると相手との思い出や気持ちが湧き出てきて、気持ちが切り替えづらくなるのです。

無理に忘れようとする

失恋には、悲しみや苦しみがつきまとうもの。

気持ちの切り替えるためには、行動や考えを意識して変えることは大切です。

しかし、失恋したという事実を受け入れないまま、無理に忘れようとすることはかえって逆効果です。

辛いですが、「他の人と一夜かぎりの関係で忘れる」「誰でもいいから付き合う」など、無理に忘れようとする行動は絶対にやめておきましょう。

相手に泣いてすがりつく

「どうにかしてヨリを戻したい」「思い直して欲しい」という考えから、相手にすがりついてしまう行動はNGです。

一方的に自分の気持ちばかりを強調していては、相手の気持ちも冷めてしまいます。

冷静に考えてから行動すればヨリを戻せたかもしれない、わずかなチャンスさえ無くなる可能性があるのです。

相手にマイナスな印象を与えてしまうので、すがりつきたくてもグッとこらえておきましょう。

恋愛以外で失恋から立ち直る方法

笑顔の素敵な女性

辛い失恋から早く立ち直りたいものでしょう。

そんなときには普段のちょっとした行動や意識を変えるだけで、辛い気持ちから抜け出しやすくなるかもしれません。

ここでは、恋愛以外で失恋から立ち直る方法について紹介していきます。

夢中になれるものを探す

失恋を乗り越えるためには、まずは夢中になれるものを探して、彼氏のことを考える時間を減らすことがポイントです。

スポーツや音楽など夢中になれるものがあれば、相手のことを考える時間は今よりも減るでしょう。

相手のことを考える時間が減れば、自然と相手のことを忘れることができる可能性があるのです。

なかなか趣味が見つからないというときは、資格取得を目標にするのも良いでしょう。

仕事に精を出す

失恋のショックをバネに仕事に打ち込むんでみるのもよいでしょう。

仕事に打ち込んでいるときは、相手のことを考える時間さえ惜しくなってくるはず。

仕事に集中できるようになれば、良い結果もついてきます。

どうせ辛いのなら自分の身になることに活かしてあげましょう。

誰かに話しを聞いてもらう

辛いときは誰かに話しを聞いてもらうことも大切です。

失恋の辛さや今の感情を友達に吐き出すことで、気持ちが整理され気分も晴れやすくなります。

同じように失恋した友達のアドバイスや実体験を聞くことで、失恋から早く立ち直るヒントが見つかるかもしれません。

たくさんの人に出会う

「別れがあれば出会いもある」という言葉があるように、別れの後には素敵な出会いが待っているかもしれません。

自分の殻に閉じ込もらず、人との出会いに積極的になってみましょう。

たくさんの人と出会うということは、恋愛だけでなく人間としても成長できる機会が多く巡ってきます。

自分の外見や内面を磨く

失恋で自分に自信を無くしてしまったという人は、自分の外見や内面を磨いてみるのがよいでしょう。

言葉遣いを変えたり、メイクやヘアスタイルを研究したりなど、女子力を高めてみましょう。

自分に自信がつくのはもちろん、新しい恋愛のチャンスにつながるかもしれません。

「いい女になって相手に別れたことを後悔させてやる!」ぐらいの強い意識で挑んでみましょう。

相手とのLINEやSNSの繋がりを絶つ

相手とLNEやSNSの繋がりがある状態は、ズルズルと引きずってしまう原因のひとつです。

思い切って相手のLINEやSNSはブロックしてみましょう。

相手の名前や投稿を見ないようにすれば、今よりは相手のことを考える時間は減らせるはず。

相手の投稿に「これって私のことかなぁ」「これ新しい彼女なのかな?」と気にしてしまうことも無くなります。

部屋の断捨離をする

相手との思い出が詰まったアイテムや写真などは、目に入るだけで自分の意図とは関係なく相手のことを考えてしまいます。

また、思い出の物事を捨てられないということは、「いつかヨリを戻せるかもしれない」という未練があるからです。

失恋から立ち直るときは、「過去の恋愛」であったということを理解しなければ前には進めません。

相手との思い出が手元にある人は、思い切って捨ててしまいましょう。

相手との思い出に触れる機会が少なくなれば、おのずと相手のことを考える時間が減るはずです。

アクセサリー類などの売れそうなものはお金に変えるのもよいでしょう。

気の済むまで泣く

感情がうまく吐き出せていないときは、気持ちを切る変えることが難しくなります。

思い切り、気の済むまで泣くことで、心にあったモヤモヤが晴れるはずです。

もし、辛いのに泣けないという場合があれば、感動系の映画やドラマなどを見てみてください。

涙を出すことで気持ちがスッキリして、デトックスができますよ。

新たな恋愛で失恋から立ち直る方法

重い彼氏と別れられて吹っ切れた女性

失恋から立ち直る1番のクスリは、「新たな恋」という話があります。

新たな恋愛をすることで、気持ちの切り替えができることもあるでしょう。

ここでは、新しい出会いを見つけるために、どのような方法があるのか見ていきましょう。

友達に紹介してもらう

別れた原因が「浮気」や「本命の彼女がいた」などの場合、自分の見る目がなかったと自信を無くしがちになることがあります。

そんな相手を選ぶ自信がないという人は、友達から紹介してもらうのがおすすめです。

アナタのこと性格やタイプを理解している友人なら、ぴったりな男性を紹介してくれるはず。

恋愛に盲目なりすぎないためにも、客観的な意見というのは大切です。

恋愛で悩みが出たも、友達と知り合いの相手であれば、相談しやすくなるでしょう。

合コンに参加してみる

友人や同僚に合コンに誘われたときは、新たな出会いの場として、積極的に参加してみるのもおすすめです。

もしも、まだ恋愛のスイッチがオフ状態でも、タイプの男性と出会えればスイッチがオンになる可能性があります。

恋愛に発展せずとも、交友関係が広がったり楽しい出会いが増えるかもしれません。

相席屋や街コンに参加してみる

「1対1で出会うことが億劫・・・」「タイプの人が見つからない」という人には、相席屋や街コンがおすすめです。

相席屋、街コンは手軽にたくさんの人と出会うことができます。

今まで出会ったことのない業種やタイプの相手と出会えるかもしれません。

マッチングアプリを利用する

恋愛に関する価値観や、共通の趣味を持った人と出会いたいと考える人は多いでしょう。

自分の理想の条件に合った相手と出会いたいなら、マッチングアプリの利用がおすすめです。

最近では、マッチングアプリは出会いのツールとして主流になりつつあります。

ネット上と聞くと、不安に感じる人も少なくないとは思いますが、マッチングアプリによっては身分証明書が義務付けられているものもあります。

また、婚活専用のマッチングアプリもあるので、「次の恋愛では結婚したい」と考えている人にもぴったりでしょう。

自分のペースで失恋のショックから立ち直る

カフェで1人でティータイムを楽しむ女性

おさらい

  • 喧嘩別れは未練が残りやすい
  • 無理に忘れようとするとかえって引きずってしまう
  • 失恋から立ち直る1番の方法は「相手のことを考える時間を減らすこと」

今回は、辛い失恋の期間をなるべく短くする方法について紹介してきました。

失恋をしたときは、「これからどう生きていけばいいのか」「新しい恋愛ができるのか」と不安に感じるでしょう。

失恋して立ち直る期間は人それぞれのペースがありますが、ちょっとした意識の持ち方を変えるだけで、辛さを和らげることができます。

しかし、無理に気持ちに整理をつけようとすると、彼氏への未練が増してしまうこともあります。

辛い期間が続くのは気持ち的にもしんどいですが、自分のペースで失恋に向き合い立ち直る方法を見つけましょう。

きっと失恋を乗り越えた先には、パワーアップした自分がいるはずですよ。

  • この記事を書いた人

すーちゃん

化粧検定&化粧成分検定を取得した25歳のすーちゃんです。 以前からコスメや美容が大好きで、いろんなコスメを集めていました。 プチプラ~デパコスアイテム紹介や、皆さんが知りたい美容にまつわる情報をご紹介していきます。

-モテ術, 恋愛
-,

© 2024 Pretty Woman