コスメ

爪やすりを選ぶときのコツを徹底解説!おすすめ人気ランキング10選

2021年6月22日

「二枚爪になってしまった・・・」「爪が割れやすい」などの爪トラブルに悩みを持っている人は少なくないはず。

爪が弱い・割れやすいなどの爪トラブルは、もしかしたら爪の整え方に問題があるのかもしれません。

そんな、爪トラブルが多い人におすすめなのが、爪切りではなく爪やすりを使うことです。

といっても、爪やすりにも素材から粗さなどだけでもさまざまな種類があり、どれを買えばいいか分からない人が多いでしょう。

この記事では、爪やすりの選ぶときのコツや、ネット通販で人気のおすすめランキング10選を紹介していきます。

なぜ爪やすりは爪トラブルを起こしにくいのかについてもお話しているので、爪トラブルで悩まれている人はぜひ参考にしてみてください。

この記事で解決できる悩み

  • 爪やすりが爪トラブルを招きにくいがわかる
  • 爪やすりの選び方がわかる
  • 爪やすりの人気おすすめランキングがわかる

爪やすりは爪トラブルを防げる?

爪のきれいな女性

爪を整えるときは、まず爪切りで爪を切ってからヤスリで整える人が多いのではいないでしょうか。

実は、爪切りは爪の弱い人や爪のトラブルに悩んでいる人には不向きということをご存じでしたでしょうか。

爪切りは衝撃が強く、爪を切った断面に目には見えない細かなヒビ・傷が入ってしまうことがあります。

爪切りの衝撃で出来たヒビ・傷が、二枚爪や爪割れ、深爪などの爪トラブルをも招いている可能性があるのです。

深爪は爪と皮膚を繋ぐ「ハイポキニウム」を育てるときには大敵です。

一方、爪やすりなら力加減が調節しやすく、衝撃を抑えて爪を整えることができます。

切りすぎて深爪になる心配も少なく、ハイポキニウムを傷つけずに済みます。

また、ツヤ感のある表面に仕上げることができるものもあるため、見た目も美しく仕上げれるというメリットも。

そのため、爪トラブルに悩んでいる人やハイポキニウム育成中の人には爪やすりでのネイルケアがおすすめです。

どうしても、爪先は乾燥してしまうので、キューティクルオイルと併用するとより美爪を保ちやすくなります。

爪やすりの選び方

疑問を抱いている女性

ここからは、上手に爪やすりを選ぶコツを紹介していきます。

素材で選ぶ

爪やすりには、大きくわけてペーパー製・金属製・ガラス製の3つの素材があります。

それぞれの特徴について見ていきましょう。

リーズナブルな価格帯のペーパー製

ペーパー製の爪やすりは、プラスチック・スポンジ・木などの土台に紙やすりを貼り付けたものです。

リーズナブルな価格帯で、手に取りやすいため、初めて購入する人におすすめです。

柔軟性があるため、衝撃を最小限に抑えて爪を整えることができます。

力が入りすぎても、程よくしなってくれるので、爪を削りすぎる心配も少なく、不器用な人でも使いやすいでしょう。

ただし、使っている内に摩擦ですり減る消耗品であること、水洗いができないため定期的な交換が必要です。

耐久性の高い金属製

ステンレスなどの金属で作られた爪やすりは、耐久性が高いことが特徴です。

金属製は、目が荒いため、素早く削ることができます。

ペーパーのような摩擦でのすり減りが少ないため、長期間使える点も嬉しいポイントです。

丈夫で持ちもよく、1本は持っておくと重宝するでしょう。

硬さがあるため、硬くなりやすい足の爪を整えるときにも適しています。

ただし、力を入れすぎると削りすぎてしまうこともあるので、注意しておきましょう。

また、水洗いはできますが、金属であるためサビないようにしっかりと水分をふき取って管理する必要があります。

清潔に保ちやすいガラス製

ガラス製の爪やすりは、目が細かいので、表面がフラットな爪に仕上げることができます。

爪の凹凸やギザギザも均一にしてくれるので、特に二枚爪に悩んでいる人におすすめです。

摩擦による消耗が少ないため、半永久的に使えるため、コスパ面も優秀です。

また、手持ち部分にイラストや模様などがついているものもあり、デザイン性が高いことも魅力のひとつ。

水洗いができるので、衛生面を気にせずに使えます。

デメリットとしては、ガラス製であるため、割れたり欠けたりしやすく取り扱いには注意が必要という点が挙げられます。

爪に合わせた種類で選ぶ

同じ爪やすりでも、種類によって名称が異なります。

ここでは、一般的に使われている4つの種類の特徴について紹介していきます。

爪への負担を最小限に抑えたいならエメリーボード

エメリーボードと呼ばれる爪やすりは、主に爪の長さを整えるのに適しています。

薄い木に紙やすりを張り付けたペーパー製のものがほとんどで、爪への負担がかかりにくいようになっています。

厚みが少なく、しなりやすいため、削りすぎてしまう心配もありません。

爪やすりの中でも衝撃が少ないので、爪が割れやすい人や弱った爪への使用におすすめです。

ただし、木製であるため、水や湿気に弱く、保管状態によっては膨張したり使用ができなくなる可能性があります。

人工爪を整えるならアクリルファイル(ゼブラファイル)

アクリルファイル(ゼブラファイル)は、人口爪用の爪やすりです。

ジェルネイルやスカルプチュアをオフするときに多く使われています。

エメリーボードよりも厚みがあり、力が入れやすい分削る力も強くなっています。

自爪に直接使えないため、間違えないように注意しておきましょう。

爪の断面や表面に使うならスポンジファイル(バッファー)

スポンジバッファー(バッファー)は、スポンジの土台に紙やすりがついたペーパー製の爪やすりです。

クッション性があり、柔かい使用感で、凹凸のある爪の断面や、爪の表面を整えるのに適しています。

基本的には、ジェルネイルをするときに使われることがほとんどですが、爪の表面の凸凹が気になる人にもおすすめです。

表面を仕上げるならシャイナー

シャイナーは、爪の表面をフラットにできる目の細かい爪やすりです。

トップコートを塗った後のような、ツヤ感や光沢を出すことができます。

他の爪やすりで爪の長さや断面を整えた後に、仕上げとして使うことが多いです。

きれいなすっぴん爪になるので、女性だけでなく、男性にも人気があります。

形で選ぶ

爪やすりには、ストレート・カーブ・ダイヤの3つの形があります。

使いたい部分や、爪の形によって使いやすさが異なるためチェックしておきましょう。

初心者にも扱いやすいストレート型

最もオーソドックスであるのが、真っ直ぐのストレート型です。

商品の種類が多く、厚さのバリエーションも豊富なので好みの厚さを選べます。

手に馴染みやすく、安定感があるため、初心者や不器用な人におすすめです。

爪の曲線にフィットしやすいカーブ型

名前のとおり、バナナのようにカーブしている爪やすりです。

カーブは、ボードの片方だけや半円形などさまざまな種類があります。

爪の曲線にフィットしやすいため、爪を短く整えたい、丸く整えたいときにおすすめです。

微調整がしやすいダイヤ型

ダイヤ型は、セルフジェルネイルをする人におすすめです。

中央が太く先端になるにつれて細くなっているダイヤ型は、爪先や根元まで広範囲の爪のケアができます。

あまりない形なので、慣れは必要ですが、中央で表面を広く削ったり、先端で細かい部分ができるので、使い勝手はよい爪やすりです。

グリッド数で選ぶ

主に、ペーパー製の爪やすりには、目の粗さを表す「グリッド数」が記載されています。

「100/180G」のように本体に数字表記があり、数字が小さい程目が粗く、数字が大きいほど目が細かくなります。

そして、目が粗い程削る力が強く、目が細かい程微細な削りになるので、チェックしておきましょう。

大きく削りたいときは100~150G

長くなった爪を素早く削りたい場合は、目が粗めの100~150Gを選びましょう。

主に、長い爪先やジェルネイルをオフするときに使うものです。

自爪の表面に使うと、削りすぎてしまうので、使わないようにしましょう。

細かく削りたいときは180~240G

最もオーソドックスなのが、180~240Gです。

自爪の長さ、表面の凹凸を整えるのに適しています。

ネイルをする前に表面をサンディングすることで、密着力を高めモチを良くする効果もあります。

ツヤを出したいときは300G以上

爪の表面をピカピカに仕上げたいときは、300G~以上がおすすめです。

片面ごとに異なる粗さの爪やすりであれば、さらにツルツルでツヤ感のある爪に仕上げることができます。

ネイルをしない人でも、ツヤを出せるのでキレイに見せてくれます。

時短したいときは電動タイプ

素早く爪の長さを短くしたい、セルフでジェルネイルをする人は、電動タイプも便利でしょう。

ヘッドを付け替えることで、爪先・爪の表面・甘皮などさまざまな部分に対応してくれます。

特に、セルフでジェルネイルをするときに大変なのが、オフの作業です。

手動だとオフするだけで一苦労ですが、電動タイプであれば楽にジェルを削ることができます。

素早く仕上げられる反面、慣れていないと怪我や爪が薄くなってしまうこともあるので注意しておきましょう。

爪やすりの人気おすすめランキング10選

ここからは、ネット通販で人気の爪ヤスリをランキング形式で紹介していきます。

1位「Kanavi 爪やすり」

 

ピカピカと輝く鏡のようなツヤが、たったの5秒で出せるガラス製のシャイナーです。

高品質ナノガラスと、特殊構造のガラスによって、プロも驚く仕上がりに。

0.01mmの細かいガラスが、表面の凹凸や断面のガタツキを均一に整えられます。

長さや形を整え、表面を磨けるので、コレ1本で爪のトータルのお手入れが可能です。

水洗いOKなので、清潔な状態を保ちながら管理ができます。

さらに、オリジナルケース付きで持ち運びにも便利です。

参考価格 1,533円(税込)
素材 ガラス製
種類 シャイナー
形状 ストレート型
グリッド数 -

 

2位「MITHOS スポンジファイル」

 

プロのネイリストが使っているスポンジファイルを再現した爪やすりです。

軽いスポンジが、柔らかく手に優しくフィット。

爪の断面、爪の表面や凹凸を均一に整えられます。

エメリーボードやアクリルファイルで爪先を整えた後、仕上げとして磨くときにぴったりです。

ネイル前のサンディングにもおすすめです。

参考価格 280円(税込)
素材 -
種類 スポンジファイル
形状 ダイヤ型
グリッド数 180~240G

3位「Folica ネイルマシーン ビット付」

 

プロ仕様の電動タイプの爪やすりです。

6種類を付け替えることで、甘皮の処理・サンディング・長さ調節・ジェルネイルのオフなどが1本で可能に。

スピード調節が無段階で調整できるので、セルフネイルにもぴったりです。

右回転と左回転はスイッチで切り替えられるので操作も楽ちん。

接続がUSB式なのも嬉しいポイントです。

ボディカラーは、セミマットグレーとピンクの2色展開から選べます。

参考価格 6,578円(税込)
素材 -
種類 電動タイプ
形状 -
グリッド数 -

 

4位「コモライフ ガラス製 爪ヤスリ(ターコイズ)」

 

ボヘミアンガラスで有名なチェコの職人が、ひとつひとつ手作りしたシャイナーです。

特殊加工されたやすりは目が細かく、爪にぴったりと密着します。

力を入れずに爪をシャリシャリと削れ、表面をフラットに仕上げられます。

爪への負担が少なく、二枚爪に悩んでいる人にもおすすめです。

スカーレット・バイオレット・ターコイズの3つから選べる、かわいい花柄デザインの持ち手が魅力的です。

参考価格 600円(税込)
素材 ガラス製
種類 シャイナー
形状 ストレート型
グリッド数 -

5位「Teenitor ネイルファイルセット」

 

グリッド数がそれぞれ違う、6セットのファイルです。

エメリーボード・アクリルファイル・スポンジファイル・シャイナーが入っているので、幅広い用途に使えます。

ジェルネイル・スカルプチュアなどのあらゆるネイルに対応できます。

爪の状態に合わせて爪やすりを選びたいときに便利です。

6本セットで899円とお手頃価格なので、一気に爪やすりを揃えたい人にもおすすめです。

参考価格 899円(税込)
素材 ペーパー製
種類 エメリーボード・スポンジファイル・アクリルファイル
形状 ダイヤ型
グリッド数 80~4000G

6位「アクシオン サファイア爪ヤスリ」

 

やすり部分のコーティングには、人口サファイアの粒子が施された爪やすりです。

ドイツの刃物メーカが密集している地域で製造されており、強度や削る力が優れています。

片面は粗め、もう片面は細かい両面仕様なので、微調整もしやすいです。

どちらも削れやすいので、表面ではなく素早く長さを整えたいときや硬い爪に使いたいときにおすすめです。

参考価格 704円(税込)
素材 金属製
種類 -
形状 -
グリッド数 -

7位「La SACHI 爪やすり ガラス製」

 

セルフで簡単に、サロン級の輝きに仕上げられるシャイナーです。

2回目以降は、半分以下の時間で磨き終わるので、お手入れの時短もできます。。

日本製特殊強化ガラスを採用し、仕上がりや持続力がアップ。

個人差がありますが、平均2週~3週間持続するので、月数回のお手入れでピカピカの爪をキープできます。

表面の凹凸や縦筋もなめらかに仕上げ、ツルツルとした手触りになれます。

参考価格 799円(税込)
素材 ガラス製
種類 シャイナー
形状 ストレート型
グリッド数 -

8位「eDOGU (イードグ)爪やすり」

 

内側は粗め、外側は細かい両面仕様のカーブが付いた金属製の爪ヤスリです。

先端が約20度に湾曲されており、巻き爪にも使いやすい形です。

ハンドルは、手に馴染みやすいソフトグリップを採用。

滑りにくいので、力の入れにくい足元の爪を整えるときにも便利です。

参考価格 1,067円(税込)
素材 金属製
種類 -
形状 カーブ型
グリッド数 -

9位「 More Couture(モアクチュール) エメリーボード」

 

ホワイトとピンクのかわいいデザインのエメリーボードです。

力がかかりすぎないようにしなってくれるので、自爪が薄い人や弱っている人でも使いやすいです。

水洗いはできませんが、価格帯も105円と激安なので、ストックに数本持っておくのも良いでしょう。

参考価格 105円(税込)
素材 ペーパー製
種類 エメリーボード
形状 ストレート型
グリッド数 120~240G

10位「ブラジェク ガラス爪やすり」

 

ボヘミアンガラスの老舗メーカが制製造した、ガラス製のシャイナーです。

一般的なガラスの約4倍の硬さがある強化耐熱ガラスで、優れた耐久性を持っています。

水洗いはもちろん、洗剤・薬品・熱湯消毒も可能なのも魅力ポイントです。

ミクロン単位のやすり面が、なめらかできめ細かな爪に仕上げます。

参考価格 1,089円(税込)
素材 ガラス製
種類 シャイナー
形状 ストレート
グリッド数 -

爪やすりを使ってすっぴん美爪に仕上げよう!

肌がうるおっている女性

おさらい

  • エメリーボードは爪への負担がすくない
  • 金属は丈夫で耐久性が高い
  • ガラス製は水洗いができ清潔に保ちやすい

今回は、二枚爪や爪割れを防げる爪やすりについて紹介してきました。

爪切りでのお手入れは楽ですが、衝撃によって爪トラブルを招いてしまう恐れがあります。

ハイポニキウムも育ちにくくなる可能性が高いため、爪をキレイに伸ばしたい人には爪やすりがおすすめです。

シャイナーを使えば、ネイルをしなくてもトップコートを塗ったような、輝きのある爪に仕上げるきれいなすっぴん爪になれます。

爪の強度で悩んでいる人やハイポニキウムを育てたい人は、爪やすりでネイルケアしてみてはいかがでしょうか♪

  • この記事を書いた人

すーちゃん

化粧検定&化粧成分検定を取得した25歳のすーちゃんです。 以前からコスメや美容が大好きで、いろんなコスメを集めていました。 プチプラ~デパコスアイテム紹介や、皆さんが知りたい美容にまつわる情報をご紹介していきます。

-コスメ
-,

© 2024 Pretty Woman